― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

時代小説掌編集 桜の精

a0216818_19574556.jpg
表紙はフリー素材 [ 四季の素材 十五夜 ] 様よりお借りしました。
http://ju-goya.com/


   其の十 鹿鳴館etc.

 鹿鳴館(ろくめいかん)――日本人のダンスはここから始まった。

 明治初期、文明開化(ぶんめいかいか)の日本ではダンスは娯楽ではなく、西洋人に対して、日本が文明国であるということをアピールするためのパフォーマンスだった。明治政府にとって、近代化とは西欧化することであり、それは西洋人のモノマネから始まった。
 政府要人たちは、サムライの象徴である髷を切り落とし、燕尾服を着て、東京の日比谷に国賓や外国の外交官を接待するための社交場として『鹿鳴館』を建設、そこでは連日のように、華やかな舞踏会が繰り広げられていました。
 この鹿鳴館を中心にした外交政策を『鹿鳴館外交』といい、欧化主義が広まった明治10年代後半を『鹿鳴館時代』などと呼ばれています。
 この政策には、アメリカ帰りの大山捨松公爵夫人(おおやま すてまつ こうしゃくふじん)が中心となり関わっていましたが、それに従事した名家の子女たちには“ 血の滲む ”ような労苦だったようです。
 現代とはまったく生活様式の違う、当時の女性たちにとって、それは想像以上の苦痛でした。

 ――とある、明治政府要人の屋敷から悲痛な女性の叫び声が聴こえてきます。

「わたくしは死にます!」
「お嬢さま、どうか気を静めてください!」
「もう耐えられません! 死んでしまいたい……」
「どうか、その懐剣を収めて!」
 ふたりの女性が揉み合っているところへ、この屋敷の主人が入ってきた。
「何ごとじゃ、騒がしい!」
「これは旦那様、お嬢さまが自害なさると申されて、ばあやが止めておりました」
「まことか? なにがあった?」
 妙齢の女性が泣き腫らした眼を恥かしそうに着物の袂で隠す。

「踊りのお稽古から帰られたらお嬢さまが、突然、死にたいと申されて……ばあやはどうしたらよいものやら……」
「自害するなどけしからん!」
 ただ、ただ泣くばかりの娘である。
「おまえはもうすぐ鹿鳴館で社交界入りするのではないか、なぜ泣いておるのじゃ?」
「わたくしは仏門に帰依して尼になりとうございます」
「馬鹿者! 尼などもってのほか!」
 父の言葉に、娘は肩を震わせしゃくりをあげて泣く。
「泣いてばかりでは理由が分からぬ。どうしたというのだ?」
 ひとしきり泣いて、気が収まったのか娘は小声で話しはじめた。
「……父上様、わたしくには西洋の踊りダンスのお稽古が辛くて、痛くて、苦しゅうございます……」 
「令嬢のたしなみとして習っておるダンスのことか?」
「はい」
「ダンスは我が国の西欧化のためにはやらねばならん」
「……ですが、わたくしハイヒールという西洋の履き物が窮屈で、歩くと足元がふらふらして怖いのです。それを履いて西洋の音楽に合わせて踊るなんて……とても無理でございます」
「草履や下駄に慣れた日本人に、あんな小さな靴は不安定で転びそうじゃな」
 あの靴は履きづらいだろうと父親も思っていた。
「一緒にお稽古していた、子爵家の娘が転んで足を挫いてしまわれた」
「なんと!」
「わたくしの足も爪が剥がれて血豆だらけですわ」
「ふむ、そうか……痛々しいのう」
「夜会服を着るのに、コルセットという道具で身体を締めつけるので、もう苦しくて、苦しくて……息ができません」
「西洋人の女はあれをする慣わしだという」
「コルセットを付けて、小さな靴を履いて、くるくる舞うなど……まるで軽業師ですわ」
「西洋人との社交場に鹿鳴館が作られたが、舞踏会では妻や娘もダンスを披露せねばならぬのじゃ」
「父上様、ダンスはまるで折檻のようで……」
「これも家のためじゃ、堪えてくれ!」
 封建時代、家長である父親の命令は絶対である。
「知らない殿方と手を取り合って、人前で踊るなんて……恥かしくて……恥かしくて……」
「これもお国のためじゃ!」
「わたくしはもう死んでしまいたい」
 娘は、よよっと泣き崩れた。そして、苦渋の表情を浮かべた父親の顔がそこにあった。

 ――まあ、こんなエピソードがあったかどうか分かりませんが。

 当時の日本人の女性は、人前での立ち振る舞いにまったく慣れていなかった時代だった。
 儒教の教え『男女七歳にして席を同じくせず』育てられた彼女たちは、男性に対して非常に初心であり、異性と手を繋ぐなど淫らな行為だと教えられていたのでした。
 それが明治政府の方針とはいえ、熊みたいに大きな西洋人相手にダンスをさせられるのだから、たまったもんじゃない! 
 死ぬほどの恥辱だったかもしれない――あくまで想像としてそう思う。
 
 日本の舞いや唄いとはまったく違う、異国の楽器で奏でられたリズムや音楽は、明治の人々にとっては異文化コミュニケーションというより、未知との遭遇だったに違いない。
 先人だった明治の人たちは、このような艱難辛苦を乗り越えて、ダンスを受け入れて、日本の文化として根付かせてきたのである。
 けっして娯楽ではなく、国策として始められたダンスだったが、現代では多くの日本人がダンスを愉しみ興じるようになっている。

 ダンス発祥の地、鹿鳴館の開館日にあたる11月29日は『ダンスの日』に制定されています。





a0216818_16525653.jpg


   創作小説・詩
# by utakatarennka | 2016-12-06 09:49 | 時代小説 | Trackback

時代小説掌編集 桜の精

a0216818_19574556.jpg
表紙はフリー素材 [ 四季の素材 十五夜 ] 様よりお借りしました。
http://ju-goya.com/


   其の九 江戸時代婚活噺

皆さん、ご存知でしょうか?
江戸時代は現代よりも、ずーっと結婚難だったのです。
よく落語に出てくる、長屋暮らしの八っつぁん熊さんといった独身男性には、嫁のきてもなく、生涯独身で過ごす者がほとんどでした。
そういう男性のために繁盛したのが吉原などの遊郭だったのです。

――では、なぜ結婚難だったのか。

早い話が男性に比べて女性の絶対数が不足していたわけです。
人間の出生性比は地域、時代にかかわらず、おおむね男女が105:100前後になっています。
江戸時代は医学が進んでいないため、妊娠出産による女性の死亡率が高かった。
また江戸城にある大奥などは最盛期には、1000人とも3000人とも言われる女性が仕えていた。
それだけではない、大名や豪商などは多くの側室や妾などを囲い、一人の男性が複数の女性を独占していたのだ。
しかも貧しい家の娘たちは遊郭に身売りしてしまう。
どうしたって結婚ができない男性が一定数出るのは当然といえよう。
そういう事情で、貧乏な八つぁんや熊さんの元に嫁にくる女なんていない。
江戸っ子の「宵越しの金は持たねえ」というのは、気風の良さを謳ったのでなく、結婚できない彼らにとって、金なんか貯めてもしょうがない。使っちゃえ、使っちゃえー、という半分やけくその心理だったのである。



 勘兵衛長屋に住む、大工の熊さんと行商の八っつぁんはろくに仕事もせず、毎日ぶらぶらしていた。たまに小金が入ると吉原にくりだして、すってんてんになるまで使い果たしてしまう、自堕落な暮らしだった。
 大家の勘兵衛は日頃から、この二人には手を焼いていた。
「おめえら、いいかげん家賃を払いやがれ!」
 熊の部屋でこいこいをしていると、勘兵衛が怒鳴りこんできた。二人とも三月も溜めていたのだ。
「へえ、大家さん、あっしら宵越しの金は持たねえんだ」熊がいうと、
「江戸っ子がいちいち小銭で目くじら立てるもんじゃねーよ」八もいう。
「そんな性分だから、いい年して嫁のきてがねぇーんだ」勘兵衛が痛い所を突く。
「てやんでえ! あっしらに嫁なんかくるもんか」やけくそで二人が叫ぶ。
「わしが嫁を世話してやろうか」と、勘兵衛がいったら、
「へ? 本当ですかい」
「二人ともわしについてきな」

 勘兵衛についてきた二人は浅草寺の参道にある、茶店の前に立っていた。
「大家さん、お目当ての娘はここに居るんですか?」
 昼時なのでは若い娘たちが忙しそうに膳を運んでいた。
「紫のたすきを掛けたあの娘じゃ」
 小柄で色白の可愛い娘が紫のたすきを掛けていた。熊も八も大家が世話してくれる嫁が想像以上に可愛いのに驚いていた。
「あの娘はお清というて、今年十八、働き者でなかなかの別嬪じゃろ。わしの遠縁にあたる娘だが、おめえらが真面目に働くっていうなら嫁にやってもいいぞ」
「ほ、本当ですかい? 真面目に働きまーす!」二人共、色めき立つ。
「そうか。ひと月働いて稼ぎ多い方にお清を嫁にやろう」
「がってん! 承知でさあー」
 そして嫁取りを巡って熊と八は勝負になった。
 怠け者だった二人が必死で働くようになろうとは、熊は大工道具を背負って、どんな遠い現場でも休まずに毎日通っていた。行商の八は朝早くから夕暮れまで、魚の干物を売り歩いていた。
 ひと月後に稼いだお金を比べたら、棟上げの祝儀を貰った分だけ熊の方がほんのわずか多かったので、お清は熊の嫁に決まった。勘兵衛が仲人になって二人は祝言を挙げて夫婦になったのである。
 めでたし、めでたし。

 しかし数日後、熊は血相変えて勘兵衛の家にやってきた。
「お清はべらぼうな大飯喰らいだあー!」
 貧乏暮らしの熊は大飯喰らいの嫁は養えないから離縁したいと言いだした。その言葉に勘兵衛は一喝した。
「てやんでえ、わしが世話した嫁が気に入らないだとこの野郎!」
「だって……並みの女の三人分は飯を食うんでさあー」
「お清みていな気立てのいい娘が何も欠点がなくて、おめえなんぞの嫁にくるもんか。あの娘は働き者だけど大飯喰らいで奉公先から暇を出されてきたんだ。一度抱いて夫婦になった女は死ぬまで面倒みるのが江戸っ子ってもんだ!」
 決してお清が嫌いなわけではない、勘兵衛の言葉に熊は腹を括った。
「大家さんすまねえー。あっしが間違ってた。お清のために一生懸命働くぜい」
 その誓い通り、嫁を貰って人が変わったように真面目に働くようになった。そんな熊のためにお清も精いっぱい尽くす。やがて熊は大工の棟梁と呼ばれ、夫婦には子どもが生まれて、一軒家で仲睦ましくに暮らすのであった。
 だが、しかし働き過ぎが原因で熊は厄年の前に、あっけなくこの世を去ってしまう。
 かたや嫁を貰えなかった八っつぁんの方は、相変わらず吉原通いの自堕落な日々を送っていたが、それでも生気溌剌と白寿(九十九歳)まで天命を全うする。

 はてさて、熊さんと八っつぁんどっちが幸せだったのやら。

 江戸時代婚活噺でした――。
 めでたし、めでたし。




a0216818_16422973.png


   創作小説・詩
# by utakatarennka | 2016-12-05 16:43 | 時代小説 | Trackback

時代小説掌編集 桜の精

a0216818_19574556.jpg
表紙はフリー素材 [ 四季の素材 十五夜 ] 様よりお借りしました。
http://ju-goya.com/


   其の八 花かんざし

 お鈴は数えで十二歳のときに廓に売られた。 
 商いに失敗した親の借金の形に、器量良しのお鈴が家族の犠牲となった。
 吉原に売られたお鈴は、禿(かむろ)から始まり、振袖新造になった。姉女郎の元で三味線や舞いの稽古を積んで、芸事でも一目置かれるようになり、初見世のお開帳で破瓜の血を流し十六で女となり、今年十九で座敷持ちの鈴音太夫(すずねだゆう)と呼ばれ、吉原でも売れっこの花魁である。
 美しい花魁道中には多くの人たちが吉原へ見物客に訪れた。 
 
 今宵は山城屋の旦那が客を連れてくるので、もてなすように頼まれている。
 鈴音ほどの花魁になると初顔の客とは寝ないが、上客の旦那の頼みなので断れない。
 山城屋が連れてきた客は若い男だった。廓の雰囲気に慣れてないせいか、俯いて小さくなっている。山城屋の旦那は鈴音と杯を交わし、新造たちの舞いを見て上機嫌だった。
 今から野暮用があるからと立ち上がり、後は頼んだよと鈴音に目配せをして、男を残して先に帰ってしまった。

「おひとつ、どうぞ」
 新造に酌をされて、杯をあけると男の顔はみるみる真っ赤になった、酒に弱いのだろう。鈴音が長煙管を勧めると一服吸って、激しく咳き込んだ……。
 なんて初心な客なんだろう、可笑しくて、緋色の仕掛けの袖に隠れて笑ってしまった。よく見ると、男は歌舞伎役者のように端正な面差しをしていた。
 酔いがまわったせいか、自分のことを話し始めた。

 自分は京の蒔絵職人だが江戸に呼ばれてやってきた。江戸城の大奥に献上する蒔絵の化粧道具箱を作るために三月(みつき)の約束で山城屋の元で働いていた。
 丁度、三月経って仕事が終わったので、明日には京に帰る。
 最後に江戸の女を抱いていけと吉原に連れて来られたが……自分は国元にいいなづけがいるので、ここには来たくなかった――。
 と、そんな話を男は京訛りでぽつりぽつりと喋る。
 ふん、なんて野暮な客なんだ。
 上客の山城屋の連れてきた男なので、すげなく扱うわけにもいかない……。夜も更けて新造や禿も座敷を下がった、花魁といえど、しょせん女郎なのだ。

「……床にまいりましょう」

 男を誘った。
 奥の間には緋色の寝具が敷き詰められ、ぼんやりと行燈が灯っている。
 寝所にはいると鈴音は仕掛けを脱いで、帯を解いた、襦袢ひとつになると男の肩にしなだれた。初めは身を固くしていた男だが……。
 艶めかしい花魁の姿態に、震える手でその白い肌に触れた。
「きれいな肌やな、まるで観音さまみたいや」
 そのまま、二人は寝具の上に身を横たえた。
「おまえ、本当の名前はなんていうんや」
 腕枕の鈴音に男が訊いた。
「お鈴でありんす」
 その名で呼ばれていたのは、遠い昔のような気がする。
「おっかさんが鈴の音色が好きで、ここに売られるときも鈴を持たせてくれて、寂しくなったらこれを鳴らしてお聴きって……」
 ふいに鈴音の胸におっかさんの面影が浮かんで恋しくなった。自分は女郎だが、こんな豪勢な暮らしをさせて貰っている、おっかさんは達者だろうか――。
「おまえほどの花魁でも、やはり家が恋しいんだろうね」
「……あい」
「親にも会えないのはさぞ辛かろう」
 優しい言葉に思わず涙ぐんだ。
「これをあげよう」
 男は懐中から布佐に包んだものを取り出し鈴音に渡した。それは花かんざしだった。
 まるで町娘が挿すような可愛らしい簪(かんざし)で、花魁が挿すようなものではない。
「あちきは貰えません……」
 鈴音は断った。
 たぶん国元で待つ、いいなづけへのお土産なのだろう。
 代わりに鈴音が手箱の中から鈴を一つ取り出し、よい音がしますと男の耳元でちりんと鳴らしてみせた。くすっと笑い男は鈴を受け取った。
「おまえの鈴を鳴らせたい……」
 そういって男は鈴音を抱き寄せて口づけをした、二人は夜が明けるまで情を交わした。

「鈴音姉さん、お掃除にまいりました」
 禿の娘が起こしにきた。
 朝帰るお客を見送るのが女郎の務めだが、それも忘れて寝込んでしまった。あの客は早朝に立ったらしい、花魁を起こさないでくれというので新造が送り出したという。
「あらっ、きれい」
 禿が素っ頓狂な声をだした。
 枕元に花かんざしが置かれていた、昨夜の客が置いていったのだろう。
 要らないといったのに……。
「それはおまえにやるよ」
 鈴音がいうと、禿は大喜びでおかっぱ頭に花かんざしを挿して、はしゃいでいる。
 女郎に思い出の品なんか要らない、もう逢えない男の物なんか持っていても仕方がない――。

 外を見ると格子窓から、賽の目に切られた空は明るく輝いていた。
 あの男は何処まで行っただろうか、ふと旅路の男のことが心によぎった。
 一夜のかりそめの恋……か。
「湯屋へいくよ」
 鈴音は布団の中で伸びをして、あくび交じりに布団から這いだした。




a0216818_16344052.jpg


   創作小説・詩
# by utakatarennka | 2016-12-04 16:31 | 時代小説 | Trackback

時代小説掌編集 桜の精

a0216818_19574556.jpg
表紙はフリー素材 [ 四季の素材 十五夜 ] 様よりお借りしました。
http://ju-goya.com/


   其の七 【 天孫降臨 】御一行

 これは昔々の神話の世界、登場するのは日本の神々です。

 高天原(たかまがはら)というところに神様たちが暮らしておりました。一番偉いのは太陽神の天照大御神(あまてらすおおみかみ)という女神です。弟は須佐之男命(すさのおのみこと)といいますが、ひどい暴れん坊で乱暴狼藉の限りを尽くします。そのせいで姉のアマテラスは天岩戸(あまのいわと)に隠れてしまいました。太陽神を失い世界は真っ暗闇になり、邪悪な神たちがのさばり出して、困った神々が何とかアマテラスを天岩戸を引っ張り出そうと作戦を練ります。
 怒って岩戸に引き籠ったアマテラスに対して、いかに素晴らしい存在か、どれほど美しいかなど賛辞の言葉を並べて、機嫌を取ったのが天児屋命(あまのこやねのみこと)という神で祝詞(のりと)の起源といわれています。
 布刀玉命(ふとだまのみこと)は、アマテラスが気に入るように、祭壇を美しく飾り、占いをして岩戸から出てくれるように神事をおこなった。
 極めつけは何といっても、天宇受売命(あまのうずめのみこと)という女神の活躍だろう。彼女は岩戸からアマテラスが顔を覗かすように、妖艶な舞を見せて気を引こうとした女神である。
 その踊りは足でリズムを取りながら乳房を露わにして、挙句、陰部まで見せてしまった。まさに「ストリップ」の元祖で、周りで見ていた男の神たちがヤンヤヤンヤの大歓声で盛り上がり、その騒ぎ声に《いったい、なにやってるの?》と、岩戸を開けてチラッと覗いたところ、手を掴んで引っ張り出されたのだ。
 やっと世界は光を取り戻し、弟のスサノウは高天原から永久に追放されてしまった。

 時は流れて、アマテラスは息子の天之忍穂耳命(あめのおしほみみのみこと)に「葦原中津国を平定したので、天降って治めなさい」と命令した。すると、「準備を進めている間に、息子が生まれたので、この子を降すべきでしょう」と、その任務を譲った。
 こうして、天照大御神の孫である邇邇藝命(ににぎのみこと)が高天原から地上に降りることになった。
 ――古事記の【 天孫降臨 】である。

 随行者として、天児屋命、天宇受売命、布刀玉命、玉祖命、伊斯許理度売命の五伴緒神(いつとものおのかみ)が従え、「三種の神器」八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)、八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつるぎ)を持って、【 天孫降臨 】御一行は、たなびく雲を押しのけ、道をかき分け進み、天の浮橋から浮島に立ち、筑紫の日向の高千穂の久士布流多気(くじふるたけ)に天降った。
 その時、天と地の境界線辺りに光を発して待っていたのが猿田毘古神(さるたひこのかみ)である。サルタヒコは異様なまでに長い鼻をもつ異形の男である。
 ニニギ命は、側にいた超セクシー女神アマノウズメに、何者か訊いてくるように命じた。アマノウズメは自慢の乳房を晒し男に近づいて「アンタだぁれ?」というと、その色香に脳殺されてしまった男は、真っ赤な顔で「お、俺は【 天孫降臨 】御一行さまを道案内するサルタヒコだぁ~」と答えた。
 この出会いを切欠にサルタヒコとアマノウズメは後に夫婦となった。

 笠沙の岬でニニギ命は美しい娘を見染めた。大山津見神(おおやまつみのかみ)の娘で木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)という。
 さっそく求婚したが父に聞いてくださいとのそっけない返事。父の神にいうと大変喜んで結婚を認めたが、その際に姉の石長比売(いしながひめ)も一緒に嫁がせた。
 だが、顔を見た途端「お姉さんはお断りします!」と送り返してきた。岩のようなゴツゴツした醜い娘だった。
「私が娘二人を一緒に差し上げたのは、姉のイシナガを妻にすれば岩のように永遠の命となり、妹のサクヤを妻にすれば木の花が咲くように繁栄します。けれどサクヤとだけ結婚されたので、ニニギ命とその子孫は短命になってしまった」とオオヤマツミ神はおおいに嘆いた。

 たった一夜の交わりで身籠ったサクヤに、夫のニニギ命は不信に思い「ホントに俺の子か?」と妻を疑った。
 貞操を疑われて激怒したサクヤは「天孫のあなたの子でなければ無事に生まれないでしょう」と産所に火を放った。そして火照命(ほでりのみこと)、火須勢理命(ほすてりのみこと)、火遠理命(ほおりのみこと)三兄弟を火中で見事に出産した。
 長男ホデリ命は[海幸彦]と呼ばれて、末っ子の三男のホオリ命は[山幸彦]と呼ばれる。後にこの兄弟は権力争いを起こしたが、兄との争いに勝った弟の[山幸彦]は海神の娘、豊玉毘売命(とよたまびめのみこと)との間に、初代神武天皇の父となる鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)をもうけた。
 こうして、ニニギ命の【 天孫降臨 】から、ホオリ命、ウガヤフキアエズ命へと続く家系を日向三代(ひむかさんだい)と称され、正式に皇統を伝える。

 舞い降りた天津神(あまつかみ)のルーツ、その末裔が天皇家となったのです。




a0216818_213055.png


 〔 参照 〕

邇邇藝命(ににぎのみこと) ― 天照大御神の孫にあたる神で、天孫と呼ばれている。

天児屋命(あまのこやねのみこと) ― 神と人とをつなぐ言霊を生み出した祝詞の神。

布刀玉命(ふとだまのみこと)― 天児屋命と共に祭祀を司どる神。

天宇受売命(あまのうずめのみこと)― 裸で舞い踊る芸能の女神。

玉祖命(たまのおやのみこと)― 三種の神器の1つ、八尺瓊勾玉[やさかにのまがたま]をつくった神。

伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)― 三種の神器のうちの1つ、八咫鏡[やたのかがみ]をつくった女神。

猿田毘古神(さるたひこのかみ) ― 天孫降臨と聞き道案内のため迎えに来た神。

天照大御神(あまてらすおおみかみ) ― 偉大な太陽神、八百万の頂点に立つ女神。

木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ) ― ニニギ命がひと目惚れする美しい女神。

石長比売(いしながひめ)― サクヤの姉、醜いためにニニギ命に拒絶された哀れな女神。

葦原中国(あしはらのなかつくに)― 日本神話において、高天原と黄泉の国の間にあるとされる世界、すなわち日本の国土のことである。

天津神(あまつかみ)― 日本神話の神々のうち、高天原に住まう神。

国津神(くにつかみ)― 日本神話の神々のうち、古くからの土着の神で、高天原から天津神たちがやってくる以前から日本列島に鎮座していた神々を指す。

   創作小説・詩
# by utakatarennka | 2016-12-03 08:30 | 時代小説 | Trackback

石田衣良 「骨音」

a0216818_15545249.jpg
画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。


かつて読書家だった私ですが、
最近は創作することばかりに腐心して
本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。

面白い物語を書くためには、
私自身が読者の視点に戻るべきだと考え
『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。





 ■ 著者名 ■

『骨音』

 ■ 著者 ■

石田衣良

 ■ 出版社 ■

文春文庫

 ■ ジャンル ■

小説
 
 ■ あらすじ ■

世界一速い音と続発するホームレス襲撃事件の関係は? 池袋ゲリラレイヴで大放出された最強のドラッグ「スネークバイト」の謎とマコトの恋のゆくえは…。現代のストリートの青春を生きいきと描き、日本のミステリーシーンに新しい世界を切り拓いた、ご存知IWGP第3弾! ますます快調のTV化話題作。解説・宮藤官九郎

 ■ 感想 ■
「西口ミッドサマー狂乱(レイヴ)」で私の知らない、ドラッグについていろいろ知識をもらった。
こういう話は、非合法なことでもなんでも作家は知識がないと書けないものだと感心した。

なんていうか、石田衣良の小説にはリズム感があって、そのせいでテンポよく読めるんだと思った。

 ■ 参考になったこと ■

作家にとって、知識という抽斗はできるだけ多いほうがいいよね。

 ■ 評価 ■

 ★★★★☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

骨音 [ 石田衣良 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2016/12/2時点)




   ブログ
# by utakatarennka | 2016-12-02 11:42 | 読書日誌 | Trackback