― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

詩集 瑠璃色の翅 ⑤

a0216818_20091105.png


 【 DREAMER 】

夢想家のわたしは
月に見惚れて
昼間の太陽に
手を翳し目を瞑る

いろんな型の
夢に囚われて
現実の厳しさに
夢が砕けてしまった

禍々しい月日が
粉々に砕いていった
わたしの夢たち

アスファルトの上に落ちていた
水たまりに沈んでいた
誰かのポケットで
小さく固まっていた

そんな夢たちを
今日も集めて歩く

わたしは――DREAMER

  夢追い人



 【 夜の雫 】

天に向かって 翳した掌
ちっちゃな指の隙間から
見える夜空

月と星 天上を照らす
蒼白く磨ぎ澄まされた星々は
夜の静間に息ずいて
光年の刻(とき)を数える
彗星のように 駆け抜けて 
やがて消えていく運命(さだめ)
きっと この星の光は
あなたには届いていない

朧げなる月よ
何故 わたしの心を見ない
もどかしさに身悶えて
星屑がひとつ消えていった

水面に広がる水紋
白く尖った新月のナイフが
心に突き刺さる

今宵の月は哀しくて
翳した掌も 指の隙間も
夜の雫に濡れている

a0216818_15153019.jpg

 【 針金の未来 】

針金の先端の尖った針が
心に突き刺さって血を流す
薄い膜に覆われた半透明の未来
触れると壊れそうで怖い

漠然と広がる未来は
わたしをいつも不安にさせる

指先に沁み込んだ漂白剤のにおい
こんなもので何も消せやしない
やじろ兵衛のバランスは
微妙な沈黙で保たれている

心はゆらゆら揺れながら
心地よいバランスを探している

進むのが未来なら止まっている
今も未来の断片なんだろうか
誰も知らない未知のステージ
未来は針金のように曲げられる

『 針金の未来 』 まだ構築されていない
その隙間を夢で埋めていくんだ

I demand it!
The future to hope sometime is made

いつか 希望する未来が創られる



 【 三日月ナイフ 】

三日月ナイフで
心臓に小さな穴をあける
そこから噴きでた
真っ赤な血で朝焼けを染めたい

滔々と流れる雲も
燦々と輝く星も
形容詞ばかりで
ツマンナイ

刺激が欲しい
パッションが欲しい
三日月ナイフで斬り裂け
ハラワタを抉り出せ

きっと
きっと
きーっと、

待っていれば、
天からミューズが舞いおりて
ストンと、
「霊感」が落ちてくる

――ああ、こんなものかと、

次は、
頸動脈で
ナイフの切れ味を試すのです



 【 夢の中へ…… 】

不条理な夢で目覚めた朝
もの憂い倦怠感で
頭の芯がズキズキ痛む

夢とか希望とかそんな言葉で
ちっぽけな人生を飾ってみても
掴めるものといえば
ほんのひと握りの砂だけ

現実をみろ
誰かの声が聴こえた
だから現実って な・に・さ

ここには必要なカードがない
湿った部屋はカビ臭くて
カーテンの色もくすんで見える
無風状態に慣れて心が荒んでい

ヘッドフォンを着けて
現実をシャットアウトする
もう誰の声も聴こえない

甘い砂糖菓子をひとつ
浅い眠りに誘われていく
いつか見た あのシャガールの
蒼い絵の中に溶けこんでしまいたい


a0216818_15160965.jpg



創作小説・詩

# by utakatarennka | 2017-06-25 23:56 | 詩集 瑠璃色の翅

詩集 愛の言霊 ⑨

a0216818_16005961.png


 【 金木犀 】

夕暮れの街 自転車で走っていく
     わたしの頬を 少し冷たい秋の風が撫でていく

金木犀の甘い香りが 風に運ばれて来た
     不意にあなたの面影が 心に浮かんだ

思い出すのが辛くて 忘れられない想い出
     憎むことで あなたに執着し続けた

『 もう 許してあげなよ 』 心の声が聞こえた
     あなたがわたし以外の人を 選んだ事実に変わりはない

夕暮れの街 零れ落ちた涙の雫を
     金木犀の風が 空高く舞い上げる

もう あなたのことを忘れよう そして……
     明日から 新しい自分の一歩を踏み出そう



 【 Final Answer? 】

恋をして 詩人は詩がかけなくなった
悲しみを語る言葉は 無尽に存在(ある)のに
喜びを表す言葉は あまりに少ない

不幸は共感できても 幸せには無関心
どうやって この感じ伝えようかな
詩人は 途方に暮れた

65億の人の海から
いくつかの切欠と たくさんの偶然が
重なり合って めぐり逢ったふたりは

 『 偶然と言う名の運命 運命と言う名の奇跡 』

そんな陳腐な言葉で 飾りたくなるほど
惹かれ合って 恋に落ちた

悔しくて泣いた夜も 
怒りに携帯 ベッドに投げつけたことも
全部 この恋のプロローグに
思えてくるから不思議  笑っちゃうよ

あんなに苦しめたかつての恋は
わたしに強さと たしかな眼を与えてくれた
  『 優しさには 優しさを
    真心には 真心を
    愛には 愛を!!    』

    Q : Final Answer?
    A : それは あ・な・た



 【 螺旋階段 】

螺旋階段 転がりながら
あなたの影を追っていく
底なしの不安に 脚がすくむ

独り占め出来ない男は
わたしの心を蝕んでいく
あなたが優しいから
いっそう 悔しくて憎らしい

伝わらない想いがループ
優しいはずの男が
わたしの心を掻き乱す
あなたは気づいてくれない

螺旋階段 駆け降りる
あなたの影を追いかけて
恋という奈落へ堕ちていく

a0216818_14325645.jpg


 【 花びら 】

春、春、春、桜吹雪
ひらりと花びら
僕の掌に 舞い落ちた
そっと 握りしめて
指の隙間に閉じ込める

―― 縛ることが愛だと思っていた
   見守ることが愛だと君はいう ――

指の隙間からするりと
飛んでいった花びら
今はどこの空を舞っているのか
知るすべもない
春、春、春、桜散る



 【 season 】

まだ冷たい 春風が吹くころ
   充たされない想いを 抱いて生きる毎日
      そんな季節に ふたりは出会った

天を焦がす 灼熱の太陽のように
   惹かれ合うまま お互いを求め合った
      熱風の季節に ふたりは燃えあがった

     愛は輝いていた 心は自由だと思っていた
     この愛ですべてを乗り越えていけると
     そんな幻想を ふたりは信じていた

秋風は容赦なく ふたりを翻弄する
   愛すれば愛するほど 壁は高くなっていく
      感傷の季節に ふたりの隙間は深まる

ガラス窓の外で 冷たい雨が降る
   瞼が震えだす 心が泣いている
      悲しみの季節に 冬の足音が聴こえる

     乗り越えられない 壁の前で
     ふたりは成す術もなく 佇んでいた
     そして愛は 静かな終息を向かえていく


a0216818_14280476.jpg




創作小説・詩

# by utakatarennka | 2017-06-24 23:27 | 詩集 愛の言霊

詩集 瑠璃色の翅 ④

a0216818_20091105.png


 【 月詠み 】
   
   赤い月

男の背中ニ 爪ヲ立て
傷口から滴ル血で
夜の月ヲ 赤く染めル
背徳の赤い月ヲ見てはイケナイ
月の狂気が わたしヲ惑わス

『 愛は全てを奪うこと 』

熱く滾ル 生命の水ヲ
この身ニ注ぎ込ンデおくレ


   青い月

青白き月の夜
交ざり合えない『 コトバ 』は
ため息になって消えていく
封印された『 コトバ 』が
月の雫に融けていく

哀しみの月姫
玲瓏(れいろう)なる青き月の光よ
その冷たい横顔は
千の夜の孤独を越え
ひとり天上を目指し昇りゆく


   黒い月

自然破壊 環境汚染 
そして核戦争
望み過ぎた人類は 
自ら墓穴に墜ちた
科学の力で 
神に近づこうとする人類を
嘲り嗤うかのように 
神が罰を与えた

草木は枯れ 水は干上がり 
空気は黒い毒ガスに
青い惑星は
生き物が死に絶え 
死の星になった
人類の累々たる屍が 
未来を呪って横たわる
地から這い出た蟲(むし)どもと 
貪欲な鴉が死肉に群がる

太陽は昇らない 
星々は瞬かない 
そこは常闇の世界
荒野を渡る風が 
引き裂くように啼いた
まるで地球の
断末魔の叫びのように 
人類の傲慢さに 
神は怒りの鉄槌を打った

人類の末路を
黒い月が見下ろしていた


   蒼い月

漆黒の闇の中
蒼い月が出ましたら
魔女の化身 
黒猫は月に嗤う
今宵 愛しい男に
呪いをかけませう
あなたを誰にも渡さない 
逃さない
どんなに足掻いても 
後戻りはさせないわ
月夜の接吻は 
何故か血の味がした

星屑も消え 
蒼い月は水面に揺れる
魔女の化身 
黒猫は月に啼く
今宵 
疵つけ合うように求めあう
あなたを恋い慕う 
この熱情は狂気となり
闇を引き裂き 
無限地獄へ堕ちていく
愛の刻印 
背中に深い爪痕を遺(のこ)します



 【 母胎回帰 】

ザアー ザアーッと
出しっぱなしのシャワーの音
激しい雨が 大地を撃ち付ける
街も木も人々も
礫のような雨の洗礼を受けている

この雨がどこまで続くのか分からないが
雨の空間に閉じ込められた街は
静かな不安に沈んでいく
水没した低地では
『 希望 』という 
藁をさがして
人々が縋りつく

激しく流れ込んだ水は
濁流となって すべてを呑み込み
潔く 呆気なく 押し流してしまう
小さな 『 優しさ 』なんか
あ という間に消えてなくなる

私は孤独だった
雨の音しか聴こえない
そんな部屋で猫を相手に暮らしている
一日に一度 温かいダージリンティを飲むことだけが
ささやかな生きる喜び

そんな中で
亡くなった母のことを考えていた
言いたい コトバがいっぱいあったのに……
何もいえずに見送った
おかあさん! 
思い出をギュッと抱きしめたら
いっそう 孤独な自分と対峙してしまった

滑り込める隙間なんかないんだ
ラプンツェルは待っているだけ
答えなんかみつからない
考えてみたって仕方ない

湿った空気だけが
宙ぶらりんの私を包んでくれる
だから 雨は嫌いじゃないんです

ああ 雨は休むことなく振り続けて
すべてを水没させてしまう
大地を呑み込んだ水脈は
羊水のように 温かく 静かだ
エビのように身体を丸め
胎児に還って 浮かんでいたい

小さなプランクトンが 
魚になった
這いずりながら 形を変えて 
人間へと進化していった
ホモサピエンス 憂鬱な猿

遥か昔 ナイルの上流から
流れてきた 小石
それは 時の証言者
母の子宮の中で
人類誕生 数億年の夢をみる

心の中にも雨が降る
私はその中に佇んで
雨の音を聴いていた
雨粒たちが
すべての穢れを洗い流していく
カタルシス 魂の再生

傘はいらない 
悔悛の雨に鞭打たれながら
その痛みを全身で受け止めて
一歩 一歩 前へ進もう

いつか 
私も新しい生命に変るから



 【 思考する夜に…… 】

夜の静寂(しじま)が
私を思考へと誘(いざな)う
仄暗い豆球がシーツの海を照らして
波打ち際には夜光虫のように
ラメ入りマニキュアが光るから

私の思考回路は小舟に乗って
大海原へと漕ぎ出した

困惑島(こんわくじま) 躊躇島(ちゅちょじま) 懊悩島(おうのうとう)へ
悩める小島を巡って行きましょう
それらの島を遊覧船のように
行ったり来たりと堂々巡り
明快な答えが出ないままに

思考は交錯して
混沌岬(こんとんみさき)の沖で座礁しまった

岩礁からセイレーンの
美しい歌声が聴こえてきたら
意識が朦朧とし始めて
ついに深海へと
思考の小舟が沈んでゆきます

柔らかな枕が私に
こっちにおいでと誘惑するから

  ……この思考は明日また考えよう

a0216818_23251898.jpg


 【 雨粒 】

降りつづく雨のせいで
部屋の空気が重く感じる
ポツリポツリと奏でる サティのピアノはけだるい
大きめのポットにダージリンティを入れて
ゆっくりと茶葉の広がる時を待つ

雨の匂いと紅茶の香りが混ざりあって
不思議なやすらぎを覚える
そんな雨の日の午後が好きだ

一粒の雨粒が水紋となって広がっていく

あの人から手紙がきた
それは家から少し離れたポストに入っている

まるで迷路のような複雑な記号で出来た
あなたの詩は いつも徒にわたしを悩ませる
『 僕はひどく優しいからとても罪深い 』
人の痛みを知ろうとしない 
あなたは一生優しい人のままで居られる

全てのノイズを遮って祠の中に閉じこもる
少しでも触れよう伸ばした わたしの手を
あなたは冷たく払い除けた
虚しく空を掴んだその手に 一粒の種をくれた
それは創作のエナジーとか詰まった種だった

良く育つように
良く育つように
そう言って わたしのために祈ってくれた

一粒の雨粒が水紋となって広がっていく

あなたから手紙がきた
それは一言添えるだけの絵葉書

熱いダージリンティを飲み終えたら
赤い合羽を着て出掛けよう 傘はいらない
雨の中いきおいよく水たまりを踏んで 
小走りで取りに行こう
家から少し離れたポストまで

手紙はポストから取り出した瞬間
雨粒たちに掻き消されて 
文字が読めなくなってしまった……
たぶん 
それはあなたのノートの切れはしに
書かれた複雑な記号だったかも知れない



 【 短絡且つ安易な思考回路 】

僕らの脳は杏仁豆腐で出来ている 甘くて軟らかい

ねぇ 顔文字は象形文字の進化型なんだって知ってたか?
火を発見したのはネアンデルタール人? どうでもいいけど

なみなみ注がれたコップの水は運ぶより ここで飲んでしまえ
夕暮れの鬼ごっこ 忘れ去られてあの子は座敷童になっちゃった

心の中で飛び跳ねてる夢たちを 風船につめて空に飛ばそう
きっとカラスが天まで届けてくれるさ それは希望だから
太陽に向けてかざした掌で 自分にチョップ!

生きることに意味なんか無い 毎日を更新してるだけ
TVと睨めっこ 先に笑い出した方がいつも勝ちなのさ


a0216818_23243842.jpg



創作小説・詩

# by utakatarennka | 2017-06-23 22:49 | 詩集 瑠璃色の翅