― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ
a0216818_13184561.png

   第99話 子どもは天使か、モンスターか?

 子どもが天使なんて嘘!
 聞きわけのないモンスター、それが子ども。
 それを人にすることが育児なのだ。

 いつも仕事で帰宅が遅い俺は、子どもの寝顔を見てから就寝する毎日だった。
 今日も子どもが寝静まった頃に帰ってくると、ダイニングのテーブルで妻が待っていた。
 手に持ったはがきを見せて、「行ってもいいかしら?」と俺に訊く――。それは同窓会のはがきだった。
「一日くらいなら俺が子どもの面倒みるから行っておいでよ」
 優しい夫の顔で俺は答え、その言葉に妻は喜んだ。

 我が家には、五歳の息子と三歳の娘がいる。
 日頃から育児は妻に任せっぱなしで休日くらいしか、子どもの相手をしていない、この俺にできるのか? 
 そのとき深く考えもせず、いつも帰りが遅い罪滅ぼしのつもりに、一日くらいなら何とかやれるだろうと安請け合いしてしまった。

 いよいよ同窓会へ出掛ける日。
 前日にママが出掛けることを子どもたちに言い聞かせておいたが、やはり朝になると三歳の娘は「ママと行く――!!」と玄関で大声で泣き喚いた。五歳の息子も機嫌が悪く、乱暴に玩具に怒りをぶつけている。
 隙をみて、妻は自分の自動車で逃げるように出掛けていった。
 スケジュールの都合で妻は実家に一泊してから帰宅する予定である。ママのいない日、育児に不慣れなパパとやんちゃな子どもたちは無事に過ごせるだろうか? なんだか前途多難な始まりだった。

 忙しなく朝食を食べさせた後、子どもたちを連れて公園にいく。
 休日なので近所のママ友たちはいない、いろいろ話しかけられても面倒なので良かった。子どもたちを遊そばせながら、スマホのゲームに興じていたら、突然、泣き声がした。
 娘が転んでひざ小僧から血を流している。娘を抱きかかえ傷の手当てをするため家に帰ろうとしたら、どこにも息子の姿が見当たらない。
 さっきまで砂場で遊んでいたはずなのに……小さな子どもはちょっとでも目を離すとどこに行くか分からない。名前を呼びながら捜し回るが息子は見つからない。困り果てた俺は泣いている娘をおんぶして、交番にいくことにした。
 背中の娘は「ママー! ママー!」と泣き叫んでいる。すれ違う通行人たちに不審な目で見られるし、まるで俺が幼女誘拐犯みたいじゃないか。一向に泣きやむ気配がない娘にこっちが泣きたくなった。
 ――こういうとき、日頃のスキンシップ不足がたたるのだと肝に命じる。

 歩いていくと、小さな公園があり、そこから賑やかな子どもたちの声が聞えた。
 なんと、その中にうちの息子の姿があった! 公園の中を追いまわし、やっと息子の首根っこを捕まえて、「どうして勝手にいなくなったんだ!?」怒鳴ったら、脅えて泣きだした。
 息子は公園に友だちがいないので、退屈して別の公園に移動したらしい。やれやれ、こっちは誘拐されたんじゃないかと心配したんだから……。
 黙っていなくなった息子も悪いが、スマホを見ていて、子どもたちから目を離した俺も父親失格だろう。

 子どもたちの機嫌をとるために、お昼はハンバーガーショップにいくことに――。
 ここなら気楽に食事ができると思ったのに……甘かった! 娘はジュースをこぼすし、息子は店内を走り回り、お客とぶつかってトレイをひっくり反し、商品を弁償する破目に……。
 娘が急に「おしっこ、おしっこ!」と慌てだすし、息子はキッズセットに付いてる玩具が欲しいと駄々を捏ねる。
 ああ、もう胃が痛くなってきた。こんなことなら、家にいれば良かったと後悔する俺だった。
 頼むから、ちょっとでもいいからじっとしてくれっ!!

 家に帰ってからは、子どもたちの好きなアニメ番組を観せて、大人しくさせるつもりだった。その内、昼寝でもしてくれるだろうとたかをくくっていたら……いつまで経っても寝ないどころか、アニメ番組のことで兄妹喧嘩を始めた。
 まるで猫の喧嘩みたいにギャーギャー騒がしい。ああ~うるさい! こんな時、いつもなら妻がいるので丸投げできたが、今日はそうもいかない。なだめて、なだめて……なんとか静かにさせる。

 夕飯は妻が作っておいたシチューを温める。
 娘は母親を恋しがって「ママいつ帰るの?」そればかり訊いてくる。明日の朝だと答えたらメソメソ泣きだした。まるで妻に逃げられた父子家庭みたいで、俺まで切なくなってきた。
 風呂を沸して親子三人で入る。賑やかな入浴だけど、こうして子どもたちの成長をみるのは親として嬉しいもんだ。そういえば、子どもを風呂に入れるのは久しぶりだった。
 午後八時、絵本を読んで娘を寝かしつけた。息子は玩具で遊んでいたがやっと寝てくれた。
 今日は朝起きて寝つくまで育児という戦争だった。
 いつも帰宅の遅い俺は子どもの寝顔を見て、平穏な一日だと思い、育児の苦労なんて想像できなかった。今まで妻にぜんぶ背負い込ませていたのだと気づいた。そんな俺はまったくイクメンではなかった。
 今日一日、慣れない育児でへとへとに疲れてしまい、いつの間にかソファーで眠ってしまったようだ――。

 翌朝、玄関の方から子どもたちのはしゃぐ声がする。
 どうやら妻が帰ってきたようだ。軽い気持ちで引受けた育児だが、たった一日で妻の苦労がよく分かった。
 やっぱり子どもはモンスターだった。――けれどママに甘える、その姿は天使のように可愛らしく見えるから、子どもは不思議だ。

 子どもは天使か、モンスターか? それは育児する者によって変化する。



a0216818_16421763.jpg



創作小説・詩

# by utakatarennka | 2017-09-17 16:35 | 夢想家のショートストーリー集
a0216818_13184561.png

   第98話  流れ星☆

ドキドキするような恋がしたかった。
海にきたら、きっとそんな恋に出会える気がしていた。

あたし、早川 瑠奈(はやかわ るな)は高三の受験生です。
高校生最後の夏休み、親友の未可子(みかこ)に誘われて一泊どまりの海水浴に参加した。
今年の春に彼氏と別れてからは、ひたすら受験勉強に打ち込んできたけれど……たまに息抜きがしたくなった。
大学に入ったら、もう何にも目標がないんだもの――。

海にきたら、新しい恋が始まる予感がする。
そして大いなる期待を胸に、いざ、海へいかん!
――が、甘かった!!
メンバーは未可子の彼氏の友人(他校の生徒)男子が五人と女子四人だった。
しかし、その内三組はカップルなのだ。行きのバスの中から、カップル組はラブラブしてて、目のやり場に困ってしまう。海に着いてもビーチパラソルの下で、やっぱりラブラブモードじゃん。クッソー! 羨ましいよ(泣)
んもぉー!! そんなにラブラブしたけりゃあ、自分たちだけで海にいけばいいのに!

シングルなのは私と男子が二人いるが、オタクの健一くんと女たらしと評判の玲人くん、この二人の中から私の相手を選ぶなんて、無理! 無理!!
だって、オタクの健一くんは「僕は二次元しか興味ない!」って、アニソン聴きながら、スマホのゲームばっかりやってるし……。ったく、なんで海水浴にきたのよ。
そして玲人くんは「俺に惚れてもいいぜぇー、付き合ってやるさ」だって! ちょっとばかしイケメンだからって、その上から目線の態度はなんなの?
超ムカついたから、こいつら絶対に相手にしない!

その後、オタクの健一くんは日差しが眩しいからと、先に宿の方へ引き上げちゃった。礼人くんはビーチの女の子たちに、手当たりしだい声を掛けまくってる。この人ってマジでナンパ師だよ。
まあ、せっかく海にきたんだし、あたしは海水浴を楽しむことにする。遠浅の海で水もきれいだし、ボッチで海と戯れることにしたよ。
浮輪でぷかぷか海に浮かんでいたら、とっても爽快な気分だった。
夕方近く、カップルのひと組がケンカを始めた。怒った彼女が家に帰ってしまったようだ。やれやれご愁傷さま。

宿に戻って、みんなで食事したけど……彼女に逃げられた、彼氏さんションボリしてて、見ていて痛々しい。ケンカの原因はしらないけれど、先に帰っちゃうなんて、彼女もあんまりだと思うね。
なんか、ああいうの見てると恋をするのに臆病になってしまう。
実は前の彼氏に新しい彼女ができて、あたしフラらちゃったんだよ。やっと心の傷が癒えてきたけど、あんな悔しい想いは二度としたくない。

夜になって、女子の部屋にいるのはあたし独りだけ、他の女の子たちは彼氏と一緒に姿をくらました。ああ、リア充がうらやましい!
ボッチじゃあ、つまんないから宿の近くの海岸を散歩することにした。
月と夜空に瞬く星々、白い砂浜が幻想的な美しさ、潮騒の音と蒼い海――。ああ、ロマンティック! こんなとき、隣に彼氏がいたらなあーとつくづく思う。
しばらく歩いていくと砂浜で寝転んでいる人がいた。
地元のヤンキーだったら、絡まれたら怖いし引き返そうとしたら、その人に「星がきれいだね」と声を掛けられた。
振り返って見たら、一緒に海にきていたメンバーの人だった。とにかくカップル同士がラブラブしてて、自分たち以外とは話もしないという不思議なツアーだったけど、顔くらいは覚えてる。
そう。その人こそ、彼女に逃げられた彼氏さんだった。ショックのあまり、海に飛び込まないか心配だったので……あたしは黙って、彼の隣に座った。
「今日はみっともないところを見られた」
「いえ、まあ、いろいろありますから……」
「僕、落ち込んでるように見える?」
その質問には答えられない。スルーしよう。
「……実はそうでもないんだ」
「えっ! そうなんですか?」
意外な返答に驚く。
「うん。心が軽くなった」
「あのう、彼女さん追いかけなくてよかったの?」
「薄情だと思われるかもしれないけど、彼女に未練はないんだ」
「付き合って長いの?」
「もうすぐ一年だった。けど心は離れていた」
「ラブラブに見えたけど……」
あたしの質問に彼は笑ってスルーした。
「大学も別々だし、この海を最後に受験勉強に打ち込むために、彼女とは別れようと思ってたんだ」
そう話すと、砂浜の貝殻を拾って海へ投げた。放物線を描いて、それは海中に呑み込まれていった。
その様子を彼は静かに見つめていたが、心の中で何かと決別したのだろうか?
「でも、二人で同じ大学を目指せは一緒に頑張れるのに……」
「無理なんだ。彼女は勉強が苦手で遊ぶことばかり考えてる。この旅行も無理やり連れて来られたし……」
そういえば派手な感じの彼女だった。価値観が合わなかったのかしら? 恋愛って難しい。
「私たち受験生だし、これから勉強頑張らないとね」
「うん。同じゴールを目指せる子がいい」
「大学はどこ受けるんですか?」
「一応、K大に決めてる」
「えっ! あたしもK大の文系だよ」
不意に起き上がって、彼氏さんが訊ねた。
「君、名前は?」
「あ、あたし早川 瑠奈です」
「僕、濱田 駿(はまだ しゅん)。よろしく」
夕闇の中で、あたしたちはお互い見つめ合った。駿くんって割とイケメンだわ。結構タイプだったりして……。

その時、夜空に一条の光の矢が落ちていった――。
「今、流れ星が……」
「うん。僕、流れ星を見たのは初めて」
「実はあたしも……」
今はあたしも駿くんもボッチ。そんな二人が一緒に流れ星を見るなんて……運命感じちゃう。
あたしたち志望校も同じだし、急に身近に感じてきたよ。
「願い事した?」
「ううん。流れるのが早くて、願い事が言えなかった」
実は嘘。“彼氏が欲しい”と三回唱えた。
「同じ大学に合格できたらいいな」
「ハイ。合格してみせます!」
心地よい潮風が頬を撫でていく――。
「合格できたら、来年は二人で海にいこう」
手を握って誓い合った。
駿くんの手の温もりに、あたしの胸がドキドキした。

翌日のバスの中で、もうひと組カップルが壊れていた。
彼女がナンパ師の玲人とカップリングしていたのだ。未可子のカップルは安泰だったようだ。
そして新しいカップルが誕生した! 
あたしと駿くんは意気投合して仲よくなった。今はバスのシートにラブラブで座っているのだ。
やったー! ドキドキする恋を海で見つけたよん。



a0216818_16322214.jpg



創作小説・詩

# by utakatarennka | 2017-09-16 16:07 | 夢想家のショートストーリー集

アニメ記録ファイル 86

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『ながされて藍蘭島』

 ■ あらすじ ■

ある日、東方院行人は、父親とのケンカをキッカケに、勢いで家出をしてしまった。
船に乗り込んだまでは良かったが、うっかり船から転落。100年に一度級の大嵐に遭い、数日間の漂流の末、ここ"藍蘭島"に辿り着いた。
でも、この島、ちょっとヘン。・・・というのも、この藍蘭島は、女の子だけの島だった!!行人を待ち受けていた、うらやましすぎる(?)運命。―これは、島で唯一の少年のハプニングだらけの記録である。

 ■ キャスト ■

すず:堀江由衣 /まち:高橋美佳子 /あやね:千葉紗子 /りん:白石涼子 /ちかげ:伊藤 静 /ゆきの:長谷川静香/ 東方院行人:下野 紘

 ■ スタッフ ■

原作:藤代 健/掲載:月刊「少年ガンガン」 (スクウェア・エニックス刊)
監督:岡本英樹
シリーズ構成:池田眞美子
キャラクターデザイン:細田直人
アニメーション制作:feel.

 ■ ジャンル ■

恋愛/ラブコメ

 ■ 制作年 ■

2007年

 ■ 感想 ■

わたしの好きなサバイバルものかと思って観たら、ラブラブハーレムものだった!
まず、この作画が大嫌い、胸デカ、ロリキャラはキモチワルイ。
声優は超豪華なのに……あんまりにもクダラナイお話にうんざり、26話までよく続いたと不思議でしょうがない。
下野 紘が出てなかったら、絶対に観たくないアニメ!

  ■ 評価 ■

 ★★


a0216818_12420238.png


ブログ
# by utakatarennka | 2017-09-15 14:09 | アニメ記録