― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

心詠(しんえい) ⑰

a0216818_21375348.png


 【 セルリアンブルーの空 】

鉛色の 雲の切れ間から 
セルリアンブルーの空が見えた
あの空は あなたの心を映すように
凛と 澄み渡っていた

あなたに逢えない 寂しさに
自分を見失ってしまい 
ほんの少し 心が揺れた
あなたの代りを 誰かに求めていた

手を延ばせば 届きそうな
あのセルリアンブルーの空に
優しく抱かれて 眠りたい 
あなたの傍で ずっと夢見ていたい



 【 漣 】

いにしえの人は
水鏡という
一枚岩をくり抜いた
大きな水盤に月を映して
それを愛でたという

わたしなら
水盤の水面に息を吹きかけ
漣を起こして
揺れる月を掌で掬って
呑んでしまいたい

a0216818_16493709.jpg


 【 コスモ 】

わたしの宇宙へ
いらっしゃい
ブラックホールは
異次元の扉
すべてを呑み込み
包み込んでしまうから
もう ここからは出られない
わたしのコスモは
あなたへの愛で溢れている



        【 ジ・エンド 】

     私の言葉で世界を塗り変えよう
     真っ白なスケッチブックに
     いろんな色を塗り籠めた

     赤 青 緑 黄 紺 橙 桃 

     私のスケッチブックは賑やかになった
     色が踊っている 私の心も騒ぎだす
     溢れだした色が暴れだした

     黒 灰 黒 灰 黒 灰 黒

     私の頭の中で色が混じり合い
     グチャグチャなった なんて汚い色だ
     消さなきゃ! 白い色で存在を隠せ!

     白 白 白 白 白 白 死



 【 金糸雀 】

遠い空を籠の中から見上げる
―――…金糸雀は唄を忘れた

遠い空に輝く太陽に嫉妬する、
「私はあなたのようにはなれない」
と溜息を吐いた

この翼が剥がれ
この身が砕け潰れ
例え丸くカタチを変えたとしても
金糸雀は太陽のようにはなれない

金糸雀は輝き方を知らないから
遠い遠いと 忘れたのは唄ではなく
唄を忘れたわけではなく
太陽は金糸雀の唄を知らない
余りに遠くて 聞こえないから

しかし
羽搏く事を忘れた金糸雀は
唄を忘れたと偽った


a0216818_16495425.jpg



創作小説・詩

by utakatarennka | 2017-07-29 16:39 | 心詠(しんえい)