― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

寿司を喰う女 ⑤

a0216818_11585247.png
写真は回転寿司スシローにて撮影したものです。


   寿司を喰う女 ⑤

 俺の目の前にともこが座っている、テーブルを挟んでも近い距離だ。
 彼女は伏せ目がちで黙り込んでいる、もしかして怒っているのかな? 何か話しかけないと……気まずい空気が流れている。俺は緊張して上手く言葉がでてこなかった。
 さっき、強引に誘ったことをともこに謝ろうと思いながら、それも見苦しいからと毅然とした態度でいようと思い返す。
 店員がおしぼりと水を持ってきて、注文が決まったら呼び鈴を押してくれといったので、メニューを渡して注文を選ばせようとしていたが、ともこはざっと見てから「あなたの好きなものを頼んでください。私は好き嫌いがありません」と言ったので、刺身の盛り合わせと焼き鳥、唐揚げ、肉じゃが、サラダなど無難そうなものを五品と生中を注文した。

 やっと場の雰囲気に馴染んで、料理がくるまで軽い会話を楽しむ。
「この店は地元でも美味しいと評判の居酒屋なんですよ」
 さも、この店に何度も来ているような口ぶりで話す。
「素敵なお店ね。こういうところにくるのはずいぶん久しぶりだわ」
 店内を見回しながら、ともこが言う。
「実は俺も、こんなところに女性を誘うのは何年か振りです」
「そうなの? 私で良かったの?」
「この土地にきて、まだ一年も経たないし、あなたしか知り合いの女性がいません」
「私もこの街にきて半年くらい。知り合いはお弁当屋のおばさんと……」
 言いかけて、僕の方を見て黙ってしまった。
 その後の会話の口ぶりから、ともこは他所から流れてきて一人で暮らしているようだった。僕らはお互い孤独だということは確かなようだ――。もう結婚も女も懲り懲りだと思っていたのに……どこか自分と同じ孤独な匂いがする、ともこのことが気になって仕方ないのだ。
「あのう、あなたの名前を教えてくれませんか?」
「えっ?」
 きょとんとした顔でともこが俺を見た。
 食事に誘って置きながら、お互いの名前も知らないなんて不自然だ。
「俺は千葉聡史(ちば さとし)といいます。この近くのビルで輸入雑貨の仕事をやっています」
「……私は鈴木ともこ。平凡な名前でしょう?」
 そういうと薄く笑った。
 その時、初めて名前を知ったのだが“鈴木ともこ”というのは、目立たないようにしている彼女の印象にぴったりだと感じた。
 名前を知ったことで、二人との距離が縮まったような気がしたのは俺だけだろうか? 

「このお刺身、新鮮で美味しい」
 鰤の刺し身を箸で挟んで口に運ぶ、なんてきれいな箸使いだ。寿司屋のカウンターでは見ることのできない、ともこのしぐさが見られてなんだか嬉しい。
 そういえば、前の妻は箸の持ち方がめちゃくちゃだった。一緒に食事をしていて、それ気になった、何度も直すように注意したが、逆切れされて利かなかった。愛情が冷めてきてからは一緒に食事をするのさえ、嫌悪感を覚えたくらいだった。
 生中で乾杯した後、日本酒に替えた。
 俺のお猪口には絶妙のタイミングで酒が注がれている、サラダを取り分けてあるし、小皿には刺し身用の醤油まで入っている。気づかないうちに、俺のためにともこがやってくれていたなんて……こんな気配りの利く女性だったら、もっと幸せな結婚生活が送れたかもしれないなあ――そんな思いが湧きあがってくる。
 前の結婚で得れなかった家庭的な雰囲気を、俺はともこに求めていたのだろうか。

 瑠庵のメニューには酒の肴がいろいろと揃っている、白子ぽん酢と豆腐とえびの茶巾蒸しが食べたいと、ともこがいうので追加注文した。
「和食が好きなんですか?」
 旨そうに食べているともこにそう訊くと、一瞬、箸を止めて、茫然とした。
「……和食好きなのに、なんで選ばなかったんだろう」
 遠い目をして、意味深なことを言う。
「選ばなかったって?」
「フランス料理だったの」
「えっ?」
 その後、ともこは自分のことを少しずつ話し始めた。
 大学卒業後、調理師専門学校で料理を学び、都内のホテルの厨房に就職したという。そのホテルは誰でも知っている一流ホテルだった。寿司職人だった祖父に憧れて、本当は板前になりたかったけれど、女には無理だと祖父にいわれたので板前を諦めて、フランス料理の道を選んだというのだ。
 大学を卒業して、調理師専門学校でフランス料理を勉強して、一流ホテルに就職したような人が、なぜ、こんな地方都市の片隅の弁当屋で働いているのだろうか? 喉まで出かかった疑問を俺はグッと吞みこんだ。おそらく、それは……人には言えない複雑な事情があるかもしれない、それは容易には出すことのできない話だろうと直感したからだ。
 その後、二人は黙々とお酒を飲んだ。久々に酒の友がいて楽しい、ともこが二合、俺は三合も飲んだら、結構、酔いがまわってきた。
 店を出る直前、ともこに携帯電話の番号を聞いたら、「私はどこにも留まることのできない人間だから……誰かと繋がりを持つことは避けたいのです」そういって断られてしまったが、「何か困ったことがあれば連絡ください」自分の携帯電話を書いた紙をともこの手に握らせた。――どうにか彼女との繋がりを持ちたいと俺は必死だった。



a0216818_16512756.jpg




創作小説・詩

by utakatarennka | 2017-10-19 16:37 | 恋愛小説