― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

カテゴリ:詩集 愛の言霊( 4 )

詩集 愛の言霊 ④

a0216818_16005961.png


 【 ロマンティック 】

君がいたら 何もいらないと
あなたが言う
あなたがいれば 何もいらないと
わたしは言う

この想い
強く強く抱きしめたなら
儚い泡沫に愛を重ねて
そのまま時を消していく

ふたりで過ごす この時は
愛に溢れた 至福のひととき

君がいたら 何もいらないと
あなたが言う
あなたがいれば 何もいらないと
わたしは言う

たとえ
許されない恋でも
求め合う心に嘘はつけない
心の中にいつもあなたがいる

あなたの心に寄り添って
わたしは生きていきます


 【 lonely heart 】

『 寂しい 』とあなたがいう
こんなに傍にいるのに
なにがそんなに寂しいの

君に逢えないと寂しい
君を待っている時が寂しい
君の心が見えなくて寂しい
そう言って子供みたいに拗ねた

愛されていても
愛されていなくても
人は寂しいんだね

ひとりは寂しいくて
誰かの心に寄り添うけれど
寂しくないと思えたのは錯覚で
すべてを独占できるわけではない

好きなのに寂しい
好きになればなるほど寂しい
心はいつもひとりぼっち

――寂しいと言われて
そう分かった瞬間が一番寂しい
私たち愛し合ったんじゃなくて
孤独を舐め合っていただけなのだろうか



 【 柿 】

ねぇ あなたは柿好き?

わたしは嫌いだったんだよ
むかし 田舎から送られてきた
柿を ひとりで食べ過ぎて…
おなか壊して 三日寝込んだ

たかが柿って あなどれないよ

それ以来 柿が怖くなった
こっちの 牡蠣じゃなくて
それが久しぶりに食べたら
めっちゃ美味しくて 感動した!

この柿 むいてあげようか?

半分こにして 一緒に食べよう
大きいほう あなたにあげるから
ねぇ とっても甘いでしょう?

この甘さは 幸せの味なんだよ♪

a0216818_21492340.jpg


 【 メッセージ 】

わたしが語った夢が
あなたの夢に似ているのに驚いた
わたしの大好きな湖が
あなたの住んでいる街にある

そんな偶然さえ 運命を感じてしまう

いつも 優しいあなたに感謝
逢わせてくれた 神さまにも感謝
ふたりの未来は 何も見えないけれど
あなたを想う気持ちが わたしを揺り動かす

あなたにだけ届く メッセージを創るよ

いま確かなものは 繋ぎあった心の絆
幾つかの偶然と 幾重もの出会いの中で
運命が呼び合って 巡り逢ったふたりだから
これから先ずっと あなたの傍で

夢を夢みながら 一緒に生きていこう



 【 無限地獄 】

愛する人よ

わたしを覆いつくすほどの
言葉で 奪って 奪って――
迷いも ためらいも
すべて消し去るほどに
あなたの言葉で 雁字搦めに
この身を 縛って 縛って――

愛はInfinity
果てしなく遠く
限りなく深い
あなたの声しか聴こえない

奪っても 奪っても 奪っても――

狂うほどに人を愛したい
瞬きをするような 煌めきに
わたしの血は赤く滾り
心も身体も燃やしつくした

激しく 激しく 激しく――

一片の後悔も残さずに
燃えつきた心は 灰になっても 
愛という幻想を追い求めて
自分の存在すら見えなくなった
現実と妄想が入り混じっていく
愛憎のchaos

掴んで 掴んで 掴んで――

男の心を掴み取りたい
愛という名の修羅場
底なしの呪縛に身悶えながら
女はひとりで 無限地獄に
堕ちていく



 【 スクラッチ 】

つらい恋の終わりを
美しい想い出と言えるほど
わたしの心は広くない

割り切れない想いで
飲み込んだカプセル
口の中に残る イヤな味

笑おうとしたら 心の中に
溜まってた 涙が溢れてきた
もう わたし限界なんだ

スクラッチをコインで削って
幸せを探そうか 同じマークが
ふたつ合わさったら ハッピー

削って 削って スクラッチ
きっと見付つけるよ ピッタリ合う
わたしだけのハートマーク



 【 いちご 】

頬をなでる風が なま温くなって
何処からか 春の香りを運んできた

ガラス皿に盛った いちごは 
はち切れんばかりの 真っ赤!

嬉しくなって お口に放り込んだら
いちご酸っぱくて 切なくなった

  『 声が聞きたくて 携帯にぎって
       眠った夜もある
   伝わらない想いに 灯り消して
       泣いた夜もある     』

愛してくれない人を 想いつづけるのは
苦しいくて 惨めなだけなのに

どうして わたしじゃダメなんだろう?
口の中でいちご 涙の味に変わっていく

弱い自分を叱りつけ 無理やり笑った
わたしの恋はいちご味 甘くて酸っぱい


a0216818_21594403.jpg




創作小説・詩

by utakatarennka | 2017-06-20 21:37 | 詩集 愛の言霊

詩集 愛の言霊 ③

a0216818_16005961.png


 【 風葬 】

白い砂浜から そよそよ吹いてくる
こんな静かな風が 吹く日に
わたしが死んでいくのは相応しい

何も告げずに消えます
今なら 少しは泣いてくれますか?
愛し過ぎた男は 身体だけでは縛れない

風よ わたしの魂魄
愛しい人の元に運んでおくれ


あぁ 優しい風が頬なでる
穏やかな午後 ひとりで逝く
わたしを哀れと想ってくれますか?

いつか 終わる愛の終焉を見たくない
あなたに捨てられる わたしを見たくない
断てない未練で 苦しむのに耐えられない

小さなプライド守るために
小さな命を捨てるのは間違いですか?


かすれいく 意識の中で
あなたの声を想い出そうしていた
ふたりの夜 肌のぬくもり忘れない

砂は風紋を描きさらさらと流れる
わたしの朽ち果てた肉体も やがて
砂塵となり風と共に地上を舞う

風よ この想い魂魄となり
愛しいあの人の心に宿りますように



 【 無人島 】

無人島 あったらいいな
無人島 行けたらいいな
小さい頃から 憧れてた無人島 
あなたとふたり探しにいこうか

ある朝 目が覚めたら
小さな島に流されていた
青い海 白い珊瑚礁
ここは南の孤島

あなたとふたり
今日から無人島暮らし
ここはふたりだけの楽園
誰にも邪魔されないわ

朝日とともに起きて
甘いトロピカルフルーツで
喉を潤すの
白い珊瑚礁の海で
きれいな魚たちと戯れて

満天の星空の下
波の音を聴きながら
愛をたしかめ合おう
ここはふたりの楽園
アダムとイヴになろうよ

無人島 何処にあるんだろう
無人島 見えないけれど

大人になった今も
わたしの無人島
心のどこかで探してる

a0216818_21524653.jpg


 【 雨宿り 】

降り止まない雨に
舌打ちして 空を睨む
思い通りにいかないことばかり
心がざらついて
軋んだ音が鳴りだす

苛立てば
心の瘡蓋はがれていく

『 いつも君を想ってる 』

あなたの声が降ってきた
疲れた心に灯りが燈る

泣きたい時は
あなたの胸で雨宿り
小さな傘でも寄り添えば
濡れなくて済むんだ
もうひとりで生きられない



 【 ロマンティック 】

君がいたら 何もいらないと
あなたが言う
あなたがいれば 何もいらないと
わたしは言う

この想い
強く強く抱きしめたなら
儚い泡沫に愛を重ねて
そのまま時を消していく

ふたりで過ごす この時は
愛に溢れた 至福のひととき

君がいたら 何もいらないと
あなたが言う
あなたがいれば 何もいらないと
わたしは言う

たとえ
許されない恋でも
求め合う心に嘘はつけない
心の中にいつもあなたがいる

あなたの心に寄り添って
わたしは生きていきます



 【 lonely heart 】

『 寂しい 』とあなたがいう
こんなに傍にいるのに
なにがそんなに寂しいの

君に逢えないと寂しい
君を待っている時が寂しい
君の心が見えなくて寂しい
そう言って子供みたいに拗ねた
愛されていても
愛されていなくても
人は寂しいんだね

ひとりは寂しいくて
誰かの心に寄り添うけれど
寂しくないと思えたのは錯覚で
すべてを独占できるわけではない

好きなのに寂しい
好きになればなるほど寂しい
心はいつもひとりぼっち

――寂しいと言われて
そう分かった瞬間が一番寂しい
私たち愛し合ったんじゃなくて
孤独を舐め合っていただけなのだろうか



 【 野良猫 Ⅰ 】

猫のような男に恋をした
自由で気まぐれ屋さん
ぷいと何処かにいなくなって
いつもわたしを心配させる
まるで 野良猫みたいな男なんだ

ふいに帰って来て 泣いてるわたしに
『 君がいないと 呼吸が出来ないんだ 』 なんて
ころし文句で わたしをメロメロにさせる

『 俺は優しくないよ 』って言ったよね
優しくなんかなくていい
わたしの元に帰って来てくれるなら

暖かいミルクと寝床を用意して
いつも待ってるから
わたしが愛することを止めれば
それだけで終わってしまいそうな
儚い恋だけど
あなたがわたしに贈ってくれた
詩だけは宝物だよ

こんな寂しい想いはしたくないから
今度 野良猫が帰ってきたら
首に赤いリボンをつけて
銀のゲージに閉じ込めて
鍵を掛けてしまおう

その鍵はわたしの胸の奥に
そっとしまっておくよ



 【 野良猫 Ⅱ 】

猫を飼う夢をみた
その猫は黒い毛並みで 眼はブルー
艶やかな野生の猫だった

恋に積極的なあたしは
いつもフライング 膝小僧から血を流し
その度に 天を仰いで涙をぬぐった

ねぇ あなたのこと聞かせて
何でも知りたいの 声・言葉・癖
ぜんぶ飲み込んで わたしの細胞にする

もう一度 猫を捕まえたくなった
あたしはハンター 今度は逃がさないから
あなたとなら また響きあえるよね

時が来れば 『 あなたの元に行きます 』
メールの文字が嬉しくて 心が弾んだ
冷たい北風の中 ほんの少し春の匂いがした


a0216818_21533760.jpg




創作小説・詩

by utakatarennka | 2017-06-12 21:34 | 詩集 愛の言霊

詩集 愛の言霊 ②

a0216818_16005961.png


 【 Infinity 】

『愛してる』 あなたの囁きが わたしの耳をくすぐる
   幸せな想いに包まれた 午後の窓辺

『愛してる』 その言葉は わたしの心に纏わりついて
   甘美な陶酔へと誘う 眩しい日差しの中で

たとえ ふたりの進むべき道の 先になにもなく
   行き止まりの 暗闇の道だとしても

ふたり強く握り合った その手のぬくもりと
   心の絆は 決して離れない
『愛してる』 あなたがかけた 魔法の呪文は
   現実世界(リアル)から わたしを奪っていく

『愛してる』 もう止め処なく 恋焦がれるこの想い
   その言霊は 今日を生きるわたしの力となる



 【 恋獄 】

あなたに逢えない寂しさに 心が崩れていく
瞳をきつく瞑り暗闇の中で あなたという光りを探す
どうしてあなたは わたしを置いて行ってしまったの?

あなたに逢いたい 逢いたい 逢いたい!
狂おしいほどに あなたを恋うこの苦しみは
紅蓮の炎となって この身を燃やしつくす

永遠の愛の妄執から 逃れられないのなら
いっそ この身を引き裂いて 狂気の呪印を刻み
あなたの名を叫びながら わたしは恋獄へ堕ちていく



 【 ムーンライトイリュージョン 】

今宵の月は 星に霞んで見えませぬ
ムーンライトイリュージョン  月の光に幻惑されて
浮かんでは消える 愛しい人の面影よ

嗚呼 今宵こそは ほうき星の舟に乗って
天の川まで あなたを捜しに参ります
星影に隠れて 姿をみせぬ悪戯な人を

きっと その冷たい手を 捕まえてみせましょう
ムーンライトイリュージョン 月の光は幻想へ誘う
美しき月は魔物 わたしの心を惑わせる

a0216818_20411448.jpg


 【 エフェメラ ― 儚いもの ― 】

いつか聴いた ジャズのフレーズが
ふと 心に浮かびあがる
― エフェメラ ― 切ないギターの旋律

ふたりの心が響き合い
共に奏でる想いは 刹那の煌き
壊れていくから儚い
儚くても美しい それはリズム

たぶん あなたのことを
忘れられないと思っていた
愛するように憎んだ
憎み続けることで 執着した

そんな記憶に支配されて 生きていた
もう 忘れてしまってもいい記憶なんだ
― エフェメラ ― 巻き戻せないあの日々



 【 月見草 】

月見草
月を慕いて
其の掌を
天に延ばす

切ない想い
蒼き月の雫
哀しみに
花びら濡らす

月見草
闇に恋して
朝日に萎れる
黄檗色で嗤う人
  
   ※ 黄檗色(きはだいろ) ― 薄い黄色



 【 ホタル 】

伝わらない想い
叶わなかった夢
切なさが心に溜まって
蒼き閃光を放つ ホタル

月にもなれない
星にもなれない
小さな光を抱いたまま
夏の夜空を舞う ホタル

どうかあなたの掌で 捕まえて
ホタルは あなたを照らす
光に きっとなるから


a0216818_20404418.jpg




創作小説・詩

by utakatarennka | 2017-06-11 20:37 | 詩集 愛の言霊

詩集 愛の言霊 ①

a0216818_16005961.png


 【 春のワルツ 】

窓辺の日差しに
まどろむ人よ
カーテンの隙間から
春の風が吹き込んできた


起きて 起きて
眠っていては もったいない
ドアの向こうでは
新しい季節が始まってる

さぁ 春の息吹を
深呼吸して
優しい想いが満ちて
心がフワリとしたでしょう

紅潮する頬 胸の心拍
ドキドキが止まらない!
その心拍数は三拍子
春の序曲が聴こえてきた

さぁ 愛する人の名前を
そっと囁いて……

『     』

その名を呼べば
胸が熱くしめつけられる
そう この感じ
あぁ 恋におちた!

春に心を躍らせて
ふたり手を取りあって
クルリ クルクル
ワルツを踊りだす

あなたの胸の中
素敵な三拍子のリズム
フワリ フワフワ
夢見心地のステップ

 ― 身も心も溶け合って
   ふたりのワルツは終らない ―



 【 adagio ― アダージョ ― 】

伝わらない気持ちに 心が震えた
充たさぬ想いが 身に沁みて凍えていた
そんな 悲しい季節を乗り越えて 
めぐり逢った ふたりだから
『思いやり』の 意味も分かるよね

ゆっくりと満ちていく この想い
ふたりの五線譜に リズムを奏でていこう
アダージョ ゆるやかに……
優しい想いが 伝わってくるから
やがて 暖かな季節を迎えるように

心はいつも あなたの傍に



 【 ピアス 】

ピアスの片方を失くしてしまった
お気に入りのピアスだったのに
あの日 あなたとふたりで
ショーケースを覗き込んで選んだ
高価だからと遠慮する わたしに
いつも着けてくれるならと
あなたが贈ってくれた ピアス
それは深い青で 永遠の幸福を讃える
わたしの誕生石だった

ピアスの片方を失くしてしまった
いつも耳元で輝いていたピアス
あの日 あなたがわたしに告げた
他に好きな人がいるんだと
驚きと怒りで 目の前が真っ暗になった
わたしが 泣きながら投げつけた
言葉が あなたを深く傷つけた
ピアスはあの時失くなったの
絆が壊れたその瞬間に

ピアスの片方を失くしてしまった
あのピアスは身体の一部だった
あの日 わたしの元からふいに消えた
残ったピアスの 片方を握りしめて
喪失感に 涙が止まらない
戻らない日々 戻らない愛
あなたの面影を 胸に抱いたまま
片方のピアスを探し求める
そんな生き方しかできない

a0216818_16034167.png


 【 your Voice 】

ねぇ あなたは……
いっぱいの人に愛されるのと 
ひとりの人に深く愛されるのと
どっちが幸せですか?

もし あなたが
わたしだけを愛してくれるなら
目なんか見えなくもていい 
口なんか喋れなくてもいい 
願うのは ひとつだけ

わたしは耳だけあればいい
耳を澄ませて声を聴いている
愛するあなたの声だけ聴いている



 【 夢一夜 】

わたしを 深い土の中に葬ってください
黒い土をかぶせて 小石を置いて それが墓標
暗い森の中で わたしは土に還っていく
朽果てた肉体が 小さな骨になった頃

黄色い蝶々に わたしは生まれ変わる
春の風に運ばれて あなたの肩にそっと止まろう
愛しい人の温もりに しばしの逢瀬を夢みる
やがて強い風に 蝶々は吹き飛ばされ消えてしまう

輪廻転生 わたしは生まれ変わる
夕暮れの街の雑踏 小さな仔猫が捨てられていた
道行く人混み中に 歩くあなたを見つけて
仔猫は鳴いた 叫んだ なのにあなたには届かない

また春が訪れ 公園の片隅に可憐なスミレが咲いた
いつもあなたと遊んだ この公園でわたしは待っている
友人とボール遊びを楽しむ 転がったボールさがして
あなたの靴に スミレは踏まれてしまった……

幾度 生まれ変わったとしても
あなたとわたしは 一緒になれない運命

そんな 悲しい夢をみた


   ※ この詩は夏目漱石の「夢十夜」からインスパイアされて書いた詩です。

a0216818_16043133.jpg





創作小説・詩

by utakatarennka | 2017-06-10 15:01 | 詩集 愛の言霊