― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

カテゴリ:読書日誌( 54 )

a0216818_15545249.jpg
画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。


かつて読書家だった私ですが、
最近は創作することばかりに腐心して
本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。

面白い物語を書くためには、
私自身が読者の視点に戻るべきだと考え
『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。




 ■ 著者名 ■

『Gボーイズ冬戦争』

 ■ 著者 ■

石田衣良

 ■ 出版社 ■

文春文庫

 ■ ジャンル ■

小説

 ■ あらすじ ■

鉄の結束を誇るGボーイズ異変が生じた。ナンバー2・ヒロトの胸の中に渦巻く、キング・タカシに対するどす黒い疑念。Gボーイズが揺らげば、池袋のパワーバランスも破綻しかねない……。タカシの危機にマコトはどう動くか? 史上空前の熱き闘いを描く表題作はじめ4篇を収録した、IWGP第7弾!  解説・大矢博子

 ■ 感想 ■

ついにIWGPシリーズをクリアーしたぞ!
最初はすごい勢いで読み始めたこのシリーズも、最後の2冊はかなり時間がかかった。というのも放置していたせいだが……。
全編読んだ感想としては、キャラクターが魅力的だし、ストーリーも世相を反映していて、たいへん面白かった。
この作家は村上春樹をわかりやすい、エンターテナーにしたって感じがする。
最近、石田衣良がどんな作品を書いているかしらないが、これから頑張って欲しいと思う。

 ■ 参考になったこと ■

IWGPシリーズの洒落た会話や表現がとても勉強になった!

 ■ 評価 ■

 ★★★★☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Gボーイズ冬戦争 [ 石田衣良 ]
価格:572円(税込、送料無料) (2017/4/19時点)



      ブログ
by utakatarennka | 2017-04-17 14:05 | 読書日誌
a0216818_15545249.jpg
画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。


かつて読書家だった私ですが、
最近は創作することばかりに腐心して
本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。

面白い物語を書くためには、
私自身が読者の視点に戻るべきだと考え
『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。




 ■ 著者名 ■

『灰色のピーターパン』

 ■ 著者 ■

石田衣良

 ■ 出版社 ■

文春文庫

 ■ ジャンル ■

小説

 ■ あらすじ ■

池袋が安全で清潔なネバーランドってわけじゃない。盗撮画像を売りさばく小学5年生が、マコトにSOSを発してきた。“まだ人を殺していない人殺し”マッドドック相手にマコトの打つ手は? 街のトラブルシューターの面目躍如たる表題作など4篇を収録したIWPシリーズ第6弾。着実に、忍耐強く、賢くあれ!  解説・吉田伸子

 ■ 感想 ■

石田衣良の小説を6冊目も読み続けている。
さすがのもう飽きてきたが、一応、IWPシリーズクリアーということで頑張っている!
主人公のマコトにもすっかり馴染んで、池袋の街を体感できるのが楽しい。
やはり石田衣良は読ませるのが上手い作家だと感心させられた。

 ■ 参考になったこと ■

魅力のあるキャラクターとストーリーのマンネリ化は裏表一体ですかね?

 ■ 評価 ■

 ★★★★☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

灰色のピーターパン [ 石田衣良 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2017/4/19時点)



      ブログ
by utakatarennka | 2017-02-12 22:26 | 読書日誌
a0216818_15545249.jpg
画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。


かつて読書家だった私ですが、
最近は創作することばかりに腐心して
本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。

面白い物語を書くためには、
私自身が読者の視点に戻るべきだと考え
『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。




 ■ 著者名 ■
 
『反自殺クラブ』

 ■ 著者 ■

石田衣良

 ■ 出版社 ■

文春文庫

 ■ ジャンル ■

小説
 
 ■ あらすじ ■

今日も池袋には事件が香る。風俗スカウト事務所の罠にはまったサンシャイン60階通りのウエイトレス。伝説のスターが設立を夢見るロックミュージアムの真実。集団自殺をプロディースするインターネットの〝クモ男〟――。ストリートの「今」を鮮やかに描くIWGPシリーズ、切れ味がさらに増した第5弾! 解説・朱川湊人

 ■ 感想 ■

石田衣良の小説も5冊目になると、さすがにちょっと飽きてきたが、まだ2冊残っている。
まあ、読んでいて安定のクオリティーなので、どれも結構面白いが、やはり表題作になってる「反自殺クラブ」が話題性があると思う。

 ■ 参考になったこと ■

飽きても読み続けられるのは、キャラクターに魅力があるせいだろうか。

 ■ 評価 ■

 ★★★★☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

反自殺クラブ [ 石田衣良 ]
価格:604円(税込、送料無料) (2017/2/9時点)


ブログ

by utakatarennka | 2017-02-11 21:43 | 読書日誌

石田衣良 「電子の星」

a0216818_15545249.jpg
画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。


かつて読書家だった私ですが、
最近は創作することばかりに腐心して
本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。

面白い物語を書くためには、
私自身が読者の視点に戻るべきだと考え
『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。




 ■ 著者名 ■
 

『電子の星』

 ■ 著者 ■

石田衣良

 ■ 出版社 ■

文春文庫

 ■ ジャンル ■

小説
 
 ■ あらすじ ■

アングラDVDの人体損壊映像と池袋の秘密クラブの関係は? マコトはネットおたくと失踪した親友の行方を追うが……。通り魔にギャングの息子を殺されたジャズタクシー運転手に告知された悲惨な真実とは? 「今」をシャープに描く、ストリートミステリー第4弾。切れ味、スピード、さらに快調。解説・千住 明

 ■ 感想 ■

石田衣良の小説にハマって、ここんところこの作家のばかり読んでいる。
キャラものの強みとして、主人公や脇役たちに愛着がでてくると、少々マンネリ化してても、連続して読み続けたいと思う。
凝り性の私の性格にも困ったもんだ。

 ■ 参考になったこと ■

やはりストーリーよりもキャラの魅力が大事なのだろう。

 ■ 評価 ■

 ★★★★☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

電子の星 [ 石田衣良 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2017/2/9時点)


ブログ

by utakatarennka | 2017-02-10 20:46 | 読書日誌

八重子のハミング

a0216818_15545249.jpg
画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。


かつて読書家だった私ですが、
最近は創作することばかりに腐心して
本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。

面白い物語を書くためには、
私自身が読者の視点に戻るべきだと考え
『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。





 ■ 著者名 ■

『八重子のハミング』

 ■ 著者 ■

陽 信孝

 ■ 出版社 ■

小学館文庫

 ■ ジャンル ■

ドキメンタリー風
 
 ■ あらすじ ■

思いもよらなかった夫婦の同時発病。夫は胃がんが発見され摘出手術。
その直後、妻にアルツハイマー病の兆候が見え始めた――
その後、夫は三度のがん手術から生還する一方で、妻の病状には改善の兆しが見えなかった。自らも迫り来る死の影に怯むことなく闘病、そして献身的に妻の介護を重ねる日々……。“三十一文字のラブレター”短歌約八十首を詠み、綴った、四千日余に及んだ老老介護の軌跡。「現代の知恵子抄」とも評された話題の単行本、待望の文庫化。
二〇〇二年末に他界した愛妻を偲んだ「終章」を補記。 解説╱落合恵子

 ■ 感想 ■

知り合いのおばさんに無理やり渡された本で、仕方なく読み終えた。
正直、こういう病気自慢みたいな話は心底大嫌い、読んでいて作者の偽善者ぶりが鼻に突いた。
出てくる人たちがみんないい人ばかり、病気にも負けず、いつもにこにこ介護してまーす。
~んなっ、わけないだろう! キモチワルイ。
病気の妻を人前に晒して見世物にして、講演したり、本にしたり、それで金儲けして、それが美談か?
だけど、こういう感動話が年寄りにはマジ受けるんだろう(笑)

 ■ 参考になったこと ■

こういうジャンルは好きじゃない。

 ■ 評価 ■

 ★★☆☆☆

   ブログ
by utakatarennka | 2016-12-17 19:33 | 読書日誌

石田衣良 「骨音」

a0216818_15545249.jpg
画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。


かつて読書家だった私ですが、
最近は創作することばかりに腐心して
本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。

面白い物語を書くためには、
私自身が読者の視点に戻るべきだと考え
『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。





 ■ 著者名 ■

『骨音』

 ■ 著者 ■

石田衣良

 ■ 出版社 ■

文春文庫

 ■ ジャンル ■

小説
 
 ■ あらすじ ■

世界一速い音と続発するホームレス襲撃事件の関係は? 池袋ゲリラレイヴで大放出された最強のドラッグ「スネークバイト」の謎とマコトの恋のゆくえは…。現代のストリートの青春を生きいきと描き、日本のミステリーシーンに新しい世界を切り拓いた、ご存知IWGP第3弾! ますます快調のTV化話題作。解説・宮藤官九郎

 ■ 感想 ■
「西口ミッドサマー狂乱(レイヴ)」で私の知らない、ドラッグについていろいろ知識をもらった。
こういう話は、非合法なことでもなんでも作家は知識がないと書けないものだと感心した。

なんていうか、石田衣良の小説にはリズム感があって、そのせいでテンポよく読めるんだと思った。

 ■ 参考になったこと ■

作家にとって、知識という抽斗はできるだけ多いほうがいいよね。

 ■ 評価 ■

 ★★★★☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

骨音 [ 石田衣良 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2016/12/2時点)




   ブログ
by utakatarennka | 2016-12-02 11:42 | 読書日誌
a0216818_15545249.jpg
画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。


かつて読書家だった私ですが、
最近は創作することばかりに腐心して
本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。

面白い物語を書くためには、
私自身が読者の視点に戻るべきだと考え
『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。





 ■ 著者名 ■

『少年計数機』

 ■ 著者 ■

石田衣良

 ■ 出版社 ■

文春文庫

 ■ ジャンル ■

小説
 
 ■ あらすじ ■

自分が誰なのか確認するために、まわりのすべてを数え続ける少年・ヒロキ。その笑顔が十歳にして一切の他者を拒絶していた! マコトは複雑に絡んだ誘拐事件に巻き込まれていくが…。池袋の街を疾走する若く、鋭く、危険な青春。爽快なリズム感あふれる新世代ストーリーミステリー、絶好調第2弾! 解説・北上次郎


 ■ 感想 ■

「池袋ウェストゲートパーク」を読んでから、すっかり石田衣良のファンになってしまった!
旦那がシリーズの続きをいっぱい持っていたので借りて読んでいる。

「少年計数機」表題作であるが、不思議な少年とマコトの話だが、暗号のトリックなどがあって上級のミステリーに仕上がっている。

「池袋ウェストゲートパーク」のシリーズは面白い、読みだすとクセになるよ。

 ■ 参考になったこと ■

やっぱり小説はネタの新鮮さと斬新さでしょうか。

 ■ 評価 ■

 ★★★★☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

少年計数機 [ 石田衣良 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2016/12/2時点)




   ブログ
by utakatarennka | 2016-12-01 10:58 | 読書日誌

嶋恵子 「光景」

a0216818_15545249.jpg
画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。


かつて読書家だった私ですが、
最近は創作することばかりに腐心して
本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。

面白い物語を書くためには、
私自身が読者の視点に戻るべきだと考え
『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。





 ■ 著者名 ■

嶋恵子詩集 『光景』

 ■ 著者 ■

嶋恵子

 ■ 出版社 ■

新怪魚の会(私家版)

 ■ ジャンル ■

詩集
 
 ■ 説明 ■

私が所属する、同人誌『新怪魚』から、メンバーの嶋恵子さんが詩集を出されたということで、謹呈というかたちで
代表者のくるすたきじ様より、一冊贈っていただきました。

 ■ 感想 ■

看護師をされておられた嶋恵子さんの人の死を鋭くとらえた詩集です。
「光景」というタイトルは、ほとんどが患者などの臨終に立ち会った、看護師という職業でないと体験できない作品でした。
人の死を客観的に見て、感情を殺して冷静に観察して、そこから見えてくる死者の生き様や本質を鋭く描写しておられると思いました。

ずっしりと命の重みを感じる詩で、いずれは誰しも辿っていく道なのだと痛感させられた。

他に、「化粧」という詩は女性をどこか醒めた目で観察していらっしゃる。
私が以前に化粧をテーマに描いたものとはぜんぜんスタンスが違っていて、ものごとに対して達観しておられる方だと思った。とても知的な捉え方でした。

面白いと感じたのは「夢(旅)」の不条理な夢の世界なのに、とても懐かしく、デジャヴのように感じる。
切符をパチンと入れている音がなぜか耳元で聴こえるような錯覚がする。
こういう詩がわたし大好きです。

他の詩もとてもレベルが高くて、ものごとを俯瞰しているようなスケールの大きい詩だと思いました。

 ■ 参考になったこと ■

読ませていただくだけでとても勉強になりましたO┓ペコリ

 ■ 評価 ■

 ★★★★☆

   ブログ
by utakatarennka | 2016-11-17 13:31 | 読書日誌
a0216818_15545249.jpg
画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。


かつて読書家だった私ですが、
最近は創作することばかりに腐心して
本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。

面白い物語を書くためには、
私自身が読者の視点に戻るべきだと考え
『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。





 ■ 著者名 ■

『池袋ウェストゲートパーク』

 ■ 著者 ■

石田衣良

 ■ 出版社 ■

文春文庫

 ■ ジャンル ■

小説
 
 ■ あらすじ ■

ミステリーの今を読みたければ、池袋を読め。刺す少年、消えた少女、潰しあうギャング団……命がけのストリートを軽やかに疾走する若者たちの現在を、クールに鮮烈に描く大人気シリーズ第一作。青春小説の爽快さとクライムノヴェルの危険さをハイブリッドした連続ドラマ化話題作にして、日本ミステリー連作の傑作。解説・池上冬樹

 ■ 感想 ■

石田衣良という作家の名前はずいぶん前から知っていた。
ただ知っていたというだけで今回初めて小説を読んだ。

自分という人間はどうも偏見が強い傾向がある、名前が売れた作家の作品に対して、どうも読む前から敬遠してしまうきらいがある。
石田衣良の場合もそんな感じで、なかなか読む気がしなかったが、読んでみたら面白かった! 非常に楽しめた。

キャラクターが生き生きと描けていて、文章も上手いし、読みやすい。あっちこっちに気の利いたセンスのいい表現があって、なるほど、これなら人気があるはずだと納得させられた。

 ■ 参考になったこと ■

食べず嫌いと読まず嫌いは人生最大の損ですよ(`・ω・´)ハイ!

 ■ 評価 ■

 ★★★★☆

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

池袋ウエストゲートパーク [ 石田衣良 ]
価格:637円(税込、送料無料) (2016/11/16時点)




   ブログ
by utakatarennka | 2016-11-16 15:13 | 読書日誌
a0216818_15545249.jpg
画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。


かつて読書家だった私ですが、
最近は創作することばかりに腐心して
本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。

面白い物語を書くためには、
私自身が読者の視点に戻るべきだと考え
『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。





 ■ 著者名 ■

『囮物語(オトリモノガタリ』

 ■ 著者 ■

西尾維新

 ■ 出版社 ■

講談社BOX

 ■ ジャンル ■

ライトノベル
 
 ■ あらすじ ■

“――嘘つき。神様の癖に” かつて蛇に巻き憑かれた少女・千石撫子(せんごく なでこ)。
阿良々木暦(あららぎ こよみ)に想いを寄せつづける彼女の前に現れた、真っ白な“使者”の正体とは……?
<物語>は最終章へと、うねり、絡まり、進化する――これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!
かみついて、君を感じる 罠の中。
アニメ、『物語(モノガタリ)』シリーズ作品!

 ■ 感想 ■

初めてラノベという若者向きの軽めの小説を読みました。
西尾維新原作のアニメーション『物語(モノガタリ)』シリーズのファンで、DVDでほとんど全部観ました。
そこで、この面白いアニメの原作はどういう文体で書かれているのか興味を持って買ったのですが、
どうも、私らの世代には受け入れがたい部分がありました。

ハッキリいってアニメは断然面白い! 声優の神谷浩史や花澤香菜のCVが素晴らしい!
この本を読む時も、撫子のセリフを頭の中で花澤香菜の声に置き替えて読んでいましたが、
延々と長い一人語りを文章で読むのは退屈だった。

やたら、「…………」という無言セリフを使っていましたが、こういうのは描写として描けないものかと思った。
たとえば、彼女は黙りこんだとか、返答に困ってだんまりを決め込むとか、そういう表現が欲しい。
すべて、「…………」で片づけるのは安易過ぎるでしょう? 
それと、「」の頭に?から、「? 千石、まさかお前」、こういうのは文体として違和感をもった。
この著者は早書きで有名らしいが、何となくそれも頷ける。
まあ、とはいっても難しい漢字は知ってるし、古臭い慣用句にも詳しい、言葉遊びも秀逸でした。
あとがきが一番上手い文章だった。

――とはいえ、売れてる人気作家なのだから、私ごときがとやかくいっても仕方ない。負け犬の遠吠えか?
要するに売れてる作家が勝者だし、正義なのだから(`・ω・´)ハイ!

 ■ 参考になったこと ■

二段取りの書籍ですが改行が多く、もし二段取りでなければ下部が真っ白で詩集みたいだったと思う。
風景描写はほとんどないし、セリフのやりとりか、心の中のセリフでいかにもマンガチックである。
ああ、こういうのがラノベというのか、たいへん勉強になりました( ,,-` 。´-)ホォーォ 
実際、ラノベってマンガのコミックスのコーナーに置かれてるしね。

 ■ 評価 ■

 ★★★☆☆

囮物語/西尾維新【2500円以上送料無料】
価格:1404円(税込、送料別)




   ブログ
by utakatarennka | 2016-06-24 14:42 | 読書日誌