― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

カテゴリ:アニメ記録( 152 )

アニメ記録ファイル 122

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』

 ■ あらすじ ■

妖精兵器と呼ばれる少女たちと生き残った準勇者との儚くそして切ない物語。
地上を正体不明の怪物である〈獣〉たちに蹂躙され、人間を含む多くの種族が滅ぼされた後の世界。
かろうじて生き残った種族は地上を離れ、浮遊大陸群(レグル・エレ)と呼ばれる空飛ぶ群島の上に暮らしていた。
500年後の空の上で目覚めたヴィレム・クメシュは、守りたかったものを守れず、それどころか自分一人だけが生き残ってしまった絶望から世捨て人のような生活を送っていたが、思いもよらず始めた兵器管理の仕事の中で、ある少女たちと出会う。

 ■ キャスト ■

ヴィレム・クメシュ:新井良平/クトリ・ノタ・セニオリス:田所あずさ/アイセア・マイゼ・ヴァルガリス:Machico/ネフレン・ルク・インサニア:上原あかり/ラーントルク・イツリ・ヒストリア:荒浪和沙/ノフト・ケー・デスペラティオ:水瀬いのり/ティアット:水間友美/パニバル:久保ユリカ/ラキシュ:石見舞菜香/コロン:木野日菜/アルミタ:小日向茜/ナイグラート:井上喜久子/グリック・グレイクラック:千葉繁/ライムスキン:小杉十郎太/アルマリア・デュフナー:佐藤聡美/フィラコルリビア・ドリオ:井上ほの花/リーリァ・アスプレイ:佐藤利奈/スウォン・カンデル:麦人 他

 ■ スタッフ ■

原作・シリーズ構成・脚本:枯野瑛
監督:和田純一
キャラクターデザイン・総作画監督:今西亨
アニメーション制作:サテライト・C2C

 ■ ジャンル ■

SF/ファンタジー アクション/バトル

 ■ 制作年 ■

2017年

 ■ 感想 ■

このアニメ、私はとても気に入りました。
SFアクションだけど、切ない純愛物語、観終わった後に余韻が残ります。
ヴィレム・クメシュ役の新井良平って声優さん、初めて知ったけど、櫻井さん風の声でなかなかいい感じだった。
アニメの中で流れている楽曲、スカロボローフェアとかセンスが良いね。
ぜひ、この話の続きを作ってもらいたい!

 ■ 評価 ■

 ★★★★


a0216818_15220778.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-10-25 15:32 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 121

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『ツキウタ。 THE ANIMATION』

 ■ あらすじ ■

ツキノ芸能プロダクションに所属する2組のアイドルユニット、Six Gravity(シックスグラビティー/通称:グラビ)とProcellarum(プロセラルム/通称:プロセラ)はライバルにして兄弟ユニット。
彼らは都内某所のツキノ寮で共同生活を送りながら、駆け出しのアイドルとして、切磋琢磨しながら奮闘中!アイドル活動をがんばるキラキラした姿と、みんなと変わらない日常を過ごす等身大の男の子な姿をお届けします!
―――グラビとプロセラのアイドルな日常が動き出す!

 ■ キャスト ■

師走 駆:梶 裕貴/睦月 始:鳥海 浩輔/如月 恋:増田 俊樹/弥生 春:前野 智昭/卯月 新:細谷 佳正/皐月 葵:KENN/水無月 涙:蒼井 翔太/文月 海:羽多野 渉/葉月 陽:柿原 徹也/長月 夜:近藤 隆/神無月 郁:小野 賢章/霜月 隼:木村 良平/月城 奏:山中 真尋/黒月 大:間宮 康弘

 ■ スタッフ ■

原作:ふじわら(ムービック)
監督・シリーズ構成:川崎 逸朗
脚本:ハラダ サヤカ
キャラクターデザイン:番 由紀子
アニメーション制作:studioぴえろ

 ■ ジャンル ■

ドラマ/青春

 ■ 制作年 ■

2016年

 ■ 感想 ■

私はうたプリより、こっちのツキウタの方が好きかな。
作画と楽曲はこっちの方が可愛いと思うから。

 ■ 評価 ■

 ★★★


a0216818_15215269.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-10-25 15:19 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 120

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『初恋モンスター』

 ■ あらすじ ■

「で…俺、小学生だけど、どうする?」ちょっぴり小さめの女子高生(※超お金持ちのご令嬢。恐ろしいほどのネガティブ思考)が、成長期にも程がある小学5年生(※身長173センチ。ただし、精神年齢は小5以下)に恋をした!?
人を好きになるってどういうことなんだろう? 恋愛ってどうやってするんだろう?
初恋同士が織りなす、ピュアで胸キュンで、縦笛で、砂場遊びで、ヘンタイで、ドーテーで、ち○こな(?)、ノンストップ・ハイテンション・下宿ラブコメディ!(困った隣人たちの群像劇付き)。

 ■ キャスト ■

高橋 奏:櫻井 孝宏/二階堂 夏歩:堀江 由衣/三宮 銀次郎:杉田 智和/金子 十六:森久保 祥太郎/野口 一男:村瀬 歩/篠原 耕太:岡本 信彦/多賀 敦史:石川 界人/長澤 嵐:津田 健次郎/高橋 譲二:鈴村 健一/二階堂 大谷:緑川 光/枕崎 宗光:江口 拓也/レンレン:蒼井 翔太/横内 千秋:和井 みずき/林 真冬:茅野 愛衣/高橋 修吾:武内 駿輔/深谷 雪:野水 伊織/ナレーション:大塚 明夫

 ■ スタッフ ■

原作:日吉丸 晃(講談社「ARIA」連載)
監督:稲垣 隆行
シリーズ構成:金杉 弘子
キャラクターデザイン:岡 真里子
アニメーション制作:スタジオディーン

 ■ ジャンル ■

恋愛/ラブコメ コメディ/ギャグ

 ■ 制作年 ■

2016年

 ■ 感想 ■

ハチャメチャなラブコメでした。
ベテラン声優陣が小学生役というのに驚いた。やっぱり芸幅広いよね(笑)
きもちわるいと笑えるの境界線ギャグだった。

 ■ 評価 ■

 ★★★


a0216818_16162763.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-10-16 16:01 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 119

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『緋弾のアリア』

 ■ あらすじ ■

凶悪化する犯罪に対抗するため、武力で問題の解決にあたる探偵、通称「武偵」。
遠山キンジは、武偵の育成施設である武偵高校の生徒だったが、とある事件が元で、武偵高をやめて一般の学校に移るつもりでいた。
そんなある日、なぜかキンジは登校中に爆弾魔に命をねらわれてしまう。だが追い詰められたキンジの前に、突然空から美少女が舞い降りてきた。
彼女の名は神崎・H・アリア。小柄で可憐な外見からは想像のつかないような優秀な凄腕武偵で……狂暴で攻撃的な女の子だった。
この出会いが、キンジとアリア、2人の今後を大きく変えていく。

 ■ キャスト ■

遠山キンジ:間島淳司/神崎・H・アリア:釘宮理恵/星伽白雪:高橋美佳子/峰 理子:伊瀬茉莉也/レキ:石原夏織/ジャンヌ・ダルク:川澄綾子/武藤剛気:近藤孝行/不知火亮:江口拓也/小夜鳴徹:野島健児

 ■ スタッフ ■

原作:赤松中学(MF文庫J「緋弾のアリア」 メディアファクトリー刊)
監督:渡部高志
シリーズ構成:白根秀樹
キャラクターデザイン:岩倉和憲
アニメーション制作:J.C.STAFF

 ■ ジャンル ■

恋愛/ラブコメ ドラマ/青春

 ■ 制作年 ■

2011年

 ■ 感想 ■

ハッキリいって、暴力と暴言を吐きまくる、我がままキャラをツンデレとして、萌えキャラ設定してるアニメは大嫌い!
ギャグとしてみるべきなのか? 名声優の釘宮理恵の声だって・・・わたしには耐えられないし、観てられない。
作画の方も暑苦しくて、ぜんぜん好きじゃない。

 ■ 評価 ■

 


a0216818_14510541.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-10-16 15:36 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 118

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『七つの大罪』シリーズ

 ■ あらすじ ■

いまだ人と、人ならざるものの世界が、分かれてはいなかった時代。
絶大なる魔力を有し、人々から敬われ、時に恐れられる存在<聖騎士>に守られた『リオネス王国』。
王国の王女エリザベスは、たった一人国を離れ、ある者たちを探す旅に出ていた。それは最強最悪の騎士団として恐れられ、国を裏切り、全聖騎士を敵に回した罪人たち──<七つの大罪>。
たどり着いた一軒の酒場で、エリザベスは店主を名乗る少年・メリオダスに出会う。それは、彼女と<七つの大罪>たち、そして世界の命運を一変させるとびきりの冒険の始まりであった――!

 ■ キャスト ■

メリオダス:梶 裕貴/エリザベス:雨宮 天/ホーク:久野美咲/ディアンヌ:悠木 碧/バン:鈴木達央/キング:福山 潤/ゴウセル:髙木裕平/ギルサンダー:宮野 真守

 ■ スタッフ ■

原作:鈴木 央 (講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:岡村天斎
シリーズ構成:菅 正太郎
キャラクターデザイン:佐々木啓悟
アニメーション制作:A-1 Pictures

 ■ ジャンル ■

SF/ファンタジー アクション/バトル

 ■ 制作年 ■

2014年~

 ■ 感想 ■

心躍る冒険ファンタジー、これぞアニメの王道!
だがこのアニメを観て「ドラゴンボール」をイメージしたのは、わたしだけだろうか?
上手いけれど梶 裕貴の声と演技が、悟空役の野沢雅子によく似ていると思う。
近々「七つの大罪」の二期ができるらしい、楽しみだ。

  ■ 評価 ■

 ★★★★


a0216818_14140274.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-10-15 15:18 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 117

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『屍姫』

 ■ あらすじ ■

幼い頃に光言宗の僧侶・田神景世に拾われ、児童福祉施設・大麟館で育てられた少年・花神旺里(オーリ)。
彼はある夜、景世が住職を務める世空寺で、美しい少女に出会う。
少女の身体は冷たく、生きている人のそれとは違う。少女の名は星村眞姫那(マキナ)。彼女は、景世の下で屍狩りをしている屍姫だった…。

 ■ キャスト ■

星村眞姫那:秋山奈々/花神旺里:羽染達也/田神景世:藤原啓治/荒神莉花:千葉紗子/天瀬早季:菊地美香/送儀嵩柾:川島得愛/山神異月:中村知世/高峰宗現:中村秀利/轟旗神佳・黒猫:堀江由衣/伊佐木修二:杉田智和/瑠翁水薙生:平田裕香/壬生貞比呂:諏訪部順一/遠岡アキラ:悠木碧/梅原鉦近:てらそままさき/フレッシュ・バックボーン:遠藤綾

 ■ スタッフ ■

原作:赤人義一『屍姫』/掲載:月刊「少年ガンガン」
監督:むらた雅彦
ストーリー・脚本:會川 昇
キャラクターデザイン:久保田 誓・貞方希久子
アニメーション制作:GAINAX・feel.

 ■ ジャンル ■

アクション/バトル ホラー/サスペンス/推理 ドラマ/青春

 ■ 制作年 ■

2008年

 ■ 感想 ■

主人公とヒロイン役の二人の声優? 超下手糞!
かつ舌が悪くて聴き取り難いし、棒読みなので観ていて感情移入できません。
なんで、こんな素人にやらせたのか分かりませんが、アニメ作品を台無しにしていることは確か、ただし、脇を固める声優さんたちがベテランばかりで安心した。
いい加減、アニメにアイドルやタレント使うのはやめて欲しい! ネットで検索しても「屍姫」の吹き替えに関しては、辛らつな意見ばかりだった。
それでもヒロインの女の子は終わりの方ではだいぶマシになってきてたけど、主人公役は最後までまったく進歩しなかった。マジ才能ないわぁ~

  ■ 評価 ■

 ★★★


a0216818_14130386.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-10-15 14:50 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 116

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『僧侶と交わる色欲の夜に…(地上波版)』

 ■ あらすじ ■

同窓会で再会した初恋相手は、「僧侶」で「野獣」でした!?――実家のお寺を継いで僧侶になっていた初恋相手の九条君。
昔のままの紳士な彼に油断していると「僧侶の前に、俺だって男だよ」と迫られて…。一夜をともにした翌日から、婚約者のフリをさせられ、ゴーインに始まったお寺での同棲生活。
僧侶なのに野獣な彼に迫られて、24時間ドキドキが止まらない…!

 ■ キャスト ■

九条隆秀:鈴城葉/深谷美桜:原舞香/九条雪隆:恋津田蓮也/九条清隆:狂々パーマ/九条栞:秋山ねりね

 ■ スタッフ ■

原作:真臣レオン
監督:荒木英樹
シリーズ構成・脚本:たかだ誠
キャラクターデザイン:あおばみずき
アニメーション制作:セブン

 ■ ジャンル ■

恋愛/ラブコメ

 ■ 制作年 ■

2017年

 ■ 感想 ■

タイトルの隠避さに惹かれて観てしまった。
地上波版のせいか、想像してたよりソフトなエロだった。
「九条くんの煩悩を見守る会」この制作テロップに笑ったよ。

  ■ 評価 ■

 ★★


a0216818_14124201.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-10-14 14:34 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 115

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『終わりのセラフ』

 ■ あらすじ ■

【第1話~第12話】ある日突然、未知のウイルスにより世界は滅びた。
生き残ったのは子供だけ。そして、その子供たちは地の底より現れた、吸血鬼たちに支配された。
百夜優一郎は、家族同然の絆を持つ百夜ミカエラら孤児たちと、吸血鬼に血を捧げることで生きていた。家畜同然の扱いに耐えかねた優一郎は、ミカエラや幼い孤児たちと共に、外の世界へと脱出を図るが……。
時は4年後。百夜優一郎は日本帝鬼軍の吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」に入隊。恐るべき吸血鬼たちとの戦いに、その身を投じていく…!!

【第13話~第24話】新宿攻防戦にて、優一郎はミカエラと再会を果たした。しかし、ミカエラはその身を吸血鬼へと変貌させていた…。
「家族」を救うため、仲間を守るため、知識と力を求める優一郎は、吸血鬼を人間に戻す方法を模索すると同時に、鬼呪装備の訓練に邁進する。
一方、グレンは暮人に呼び出しを受け、衝撃の事実を告げられる。「1か月後、吸血鬼の本隊が東京に攻めてくる」。暮人は吸血鬼に対し先手を打つため、グレンに名古屋へ赴くことを命令。
貴族殲滅作戦の火蓋が切って落とされる!!

 ■ キャスト ■

百夜優一郎:入野自由/百夜ミカエラ:小野賢章/一瀬グレン:中村悠一/フェリド・バートリー:櫻井孝宏/柊 シノア:早見沙織/早乙女与一:岡本信彦/君月士方:石川界人/三宮三葉:井口裕香/クルル・ツェペシ:悠木 碧/柊 暮人:前野智昭/柊 深夜:鈴木達央/クローリー・ユースフォード:鈴村健一/柊 真昼:遠藤 綾(第13話~第24話)/鳴海真琴:細谷佳正(第13話~第24話)

 ■ スタッフ ■

原作:鏡 貴也
監督:徳土大介
シリーズ構成・脚本:瀬古浩司
キャラクターデザイン:門脇 聡

 ■ ジャンル ■

SF/ファンタジー アクション/バトル

 ■ 制作年 ■

2015年

 ■ 感想 ■

声優も豪華だし、見応えのあるアニメです!
作画もいいし、テンポもいい、ぜひ、二期を期待したい。

  ■ 評価 ■

 ★★★★


a0216818_14121399.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-10-14 14:22 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 114

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?』

 ■ あらすじ ■

ネトゲ内で女キャラに告白!→残念! ネカマでした☆ そんな悲しい黒歴史を秘めた少年・ルシアン=西村英騎。
ネトゲ内で女キャラに告白されて「結婚」することになっても「俺の嫁の中の人が女の子なわけがない」と考えていた英騎だったが、オフ会で出会うことになった「ネトゲの嫁」ことアコ=玉置亜子は――「ま、マジで? 本当にリアル女?」「ルシアンだ! 本当にルシアンですよー!」なんと本物の美少女でした!
しかも、リアルとネトゲの区別が付いてない……だと……!?
リアル世界でもネトゲ内と同じノリで急接近してくる残念美少女・アコをまともな人間へ更生させるため、英騎はギルドの仲間たちと動き出すが――残念で楽しい日常≒ネトゲライフが始まる!

 ■ キャスト ■

西村英騎 / ルシアン:豊永利行/玉置亜子 / アコ:日高里菜/瀬川 茜 / シュヴァイン:水瀬いのり/御聖院 杏 / アプリコット:M・A・O/秋山奈々子:大和田仁美/斉藤結衣:南條愛乃

 ■ スタッフ ■

原作:聴猫芝居(電撃文庫刊)
監督:柳 伸亮
シリーズ構成:髙橋龍也
キャラクターデザイン:矢野 茜
アニメーション制作:project No.9

 ■ ジャンル ■

コメディ/ギャグ 恋愛/ラブコメ

 ■ 制作年 ■

2016年

 ■ 感想 ■

オンラインゲームの世界がよく分かる楽しいアニメでした。

  ■ 評価 ■

 ★★★


a0216818_14114894.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-10-13 14:11 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 113

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『しにがみのバラッド。』

 ■ あらすじ ■

真っ白い死神“モモ”は仕え魔である黒猫“ダニエル”を携え、人間の魂を運ぶのが仕事です。
でも優しい“モモ”は人間に少しだけおせっかいを働いてしまいます。

 ■ キャスト ■

声の出演:小林晃子、清水愛

 ■ スタッフ ■

原作:原作:ハセガワケイスケ
監督:望月 智充

 ■ ジャンル ■

SF/ファンタジー ドラマ/青春

 ■ 制作年 ■

2006年

 ■ 感想 ■

正直な感想として、ぜんぜん面白味がない。
作画もパッとしない、よくあるプロトタイプのお話かな?
  ■ 評価 ■

 ★★★


a0216818_14133324.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-10-13 14:03 | アニメ記録