― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

<   2017年 09月 ( 43 )   > この月の画像一覧

a0216818_13184561.png

   第100話 お・や・く・そ・く

映画やアニメを観ていると、あるセリフを登場人物がいうと必ず発動する展開というものがあります。
画面を観ていて、「あっ! 言っちゃった!!」と思ったら、その後は予想通りに話が進んでいって……ああ、言わんこっちゃない! たいてい最悪の結果となる。
――だが、そうなってしまうのは、何者も抗うことのできない。【 お・や・く・そ・く 】という謎の法則のせいなのだ。
特にホラーやサスペンスものなどで多く発動する【 お・や・く・そ・く 】は、それを見つけること自体が、楽しみになってしまうことだってある。
今から私の知る限り、思い浮かんだ【 お・や・く・そ・く 】について、ここに記述してみようと思う。
たぶん、この中には、みなさんがすでにご存じなものも多いことでしょう。


【 お・や・く・そ・く 其の1 】

「この戦争が終わったら、故郷に帰って結婚するんだ!」
ああ、もうダメだ! 戦闘アニメでこのセリフをいったキャラは、次かその次の週の作品で爆死するという運命が決まっている。
いつも思うんですが、先に結婚してから戦場にいった方が生存率が上がるんじゃないでしょうか?
 未来に希望を持っているというキャラは戦争の悲惨さを訴えるため、もしくが主人公たちの士気を高めるための『捨て石』とされる。
そんな無慈悲な、お・や・く・そ・く。


【 お・や・く・そ・く 其の2 】

「重要な秘密を知った。おまえだけに伝えたい、12時に○○の前で待っていてくれ」
サスペンスものでよくある展開です。こういう約束をして、その場所に行ってみると必ずと言っていいほど密告者はすでに殺されている。
そして、「ああ遅かったか……」と嘆く主人公なのだ。
だいいち密告者の方も、待ち合わせなんて廻りくどい方法を取らずに、さっさっと打ち明けてしまえばいいものを……勿体つけて、自分に値打ちつけてる内に仏様にされちゃう。
死人に口無し、お・や・く・そ・く。


【 お・や・く・そ・く 其の3 】

「ここは俺に任せて、先にいってろ。すぐに追いつく」
このセリフを言ったら、もう永遠に追いつかない。ホラーものなど絶体絶命のピンチ(敵に取り囲まれて逃げられない状況)に仲間を逃がすため、リーダーなどが男気をみせるセリフだが、たいてい敵の餌食になってしまう。
ただし、この法則を回避するセリフがあるらしい「必ず来いよ。待ってるから!」そう主人公が返事をしたならば、もう死んだと諦めた頃にヒョッコリ現れるという。
起死回生の、お・や・く・そ・く。


【 お・や・く・そ・く 其の4 】

「この中に犯人がいるかもしれないんだぞ。こんなところに一緒に居られるか!」
人里離れた洋館に数人のグループが閉じ込められて、次々と仲間が殺されていく――。
そういうホラーやサスペンスの場合では、仲間がひとり、またひとりと殺される展開の中で発狂して、「この中に犯人がいるかもしれないんだぞ。こんなところに一緒に居られるか!」そう叫ぶキャラが必ずいる。
そして自分の部屋に閉じこもるが、結局、翌朝には死体となって発見される。
むしろ危険な状況ほど仲間たちと一緒に居た方が安全だと思うのだが……なんで? いっつも決まって別行動するキャラがいるのか不思議なくらい。
ボッチは狙われやすいということを学習すべきだろう。
ちなみに、ホラー映画では「モンスターなんかいない」といったキャラが最初に死ぬ。
そしてその死体を見て、パニックになったキャラがその次に死ぬという法則があるようだ。
パニクったら死ぬぞ、お・や・く・そ・く。


【 お・や・く・そ・く 其の5 】

「おおっ! 殺ったか!?」
強い敵を倒して得意になっていると……案外、死んでなくて逆襲される。
敵は甘くないんだ。ちゃんとトドメを刺してから喜ぼうね。
油断大敵だよ、お・や・く・そ・く。


【 お・や・く・そ・く 其の6 】

「金ならやる。命だけは助けてくれい!」
悪党が追い詰められて、札束を見せびらかして命乞いをするシーンはドラマなどでよく観られるが、あっけなく殺られてしまうのがオチなのだ。
よく考えてみれば、その金は殺してから奪っても同じなのだから、札束を見せびらかしても命乞いの道具には使えない。
悪党のくせに人の善意にすがるのはみっともないぞっ!
往生際の悪さを見せる、お・や・く・そ・く。


【 お・や・く・そ・く 其の7 】

「くじで決めよう!」
なぜか、くじを持っている者が引く。
「なんだ猫か? 脅かすなよ」
次のシーンで侵入者によって、あえなく殺されている。
「実は、わたしが真犯人でした」
断崖絶壁で犯行を自供した犯人は、直後に崖から飛びおりて死ぬ。
目の前で犯人に死なれるなんて警察の怠慢だよ。そんな自殺の名所みたいなところで事情徴集やってんじゃない。
小ネタですが、何度もみたことある、 お・や・く・そ・く 。

ワンパターン化したセオリーが発動するため、引き金となるセリフを言うことを『フラグが立った』といい、そうなってしまう法則のことを『お約束』と申します。

はてさて、この他にいくつ【 お・や・く・そ・く 】を、みなさんはご存じですか?



a0216818_13123149.png



創作小説・詩

by utakatarennka | 2017-09-30 12:12 | 夢想家のショートストーリー集

アニメ記録ファイル 102

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『バチカン奇跡調査官』

 ■ あらすじ ■

涙を流すマリア像、信徒の肉体に浮かび上がる聖痕――。
世界中から寄せられる“奇跡”をめぐる様々な現象は、真実なのか、まやかしなのか……?
その真偽を調査し、判別するのがバチカンに所属する「奇跡調査官」の務めだ。
天才的な頭脳を持つ平賀と、古文書・暗号解読のエキスパートであるロベルト。 強い信頼関係で結ばれた二人は、調査のために訪れた先で奇怪な事件に巻き込まれながらも、奇跡の真偽を見定めていく。
天才神父コンビの行く手に待ち受けるのは、神の導きか、悪魔の囁きか――!?

 ■ キャスト ■

平賀・ヨゼフ・庚:岡本信彦 /ロベルト・ニコラス:諏訪部順一 /サウロ大司教:江原正士/ローレン・ディルーカ:斉藤壮馬/ビル・サスキンス:安元洋貴/ジュリア司祭:遊佐浩二/平賀良太:代永翼

 ■ スタッフ ■

原作:藤木稟(角川ホラー文庫刊)
監督:米たにヨシトモ
シリーズ構成:水上清資
キャラクタ―デザイン:岩倉和憲
アニメーション制作:J.C.STAFF

 ■ ジャンル ■

ホラー/サスペンス/推理

 ■ 制作年 ■

2017年

 ■ 感想 ■

今季、このアニメもなかなか面白かった。
バチカン、神父ものというのも新鮮だったし、謎解き風の奇跡の証明も興味深い。
まだまだストーリーは続きそうなので、二期が楽しみです!

  ■ 評価 ■

 ★★★


a0216818_13592063.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-09-28 15:05 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 101

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『交響詩篇エウレカセブン』

 ■ あらすじ ■

「広がる世界で出会った君は、きっと失くした、もう一人の俺なんだ。例え、ここで世界が消滅しても。おめでとう、自分。おめでとう、俺。」
少女=運命と出会った少年は、「世界」を知るため旅立つ。新世代のための叙事詩が今、始まる。

 ■ キャスト ■

レントン:三瓶由布子/エウレカ:名塚佳織/ホランド:藤原啓治/ハップ:山口太郎/タルホ:根谷美智子/ムーンドギー:宮野真守/ギジェット:水沢史絵/ジョブス&ウォズ:志村和幸/長島雄一/ストナー:松本保典/ケンゴウ:大木民夫/ゴンジイ:石森達幸/マシュー:中村彰男/ヒルダ:浅野まゆみ/サーストン:青野 武/ドミニク:山崎樹範/デューイ:辻谷耕史

 ■ スタッフ ■

原作:BONES
監督:京田知己
シリーズ構成:佐藤 大
キャラクターデザイン:吉田健一
製作:Project EUREKA+ボンズ

 ■ ジャンル ■

SF/ファンタジー ロボット/メカ アクション/バトル

 ■ 制作年 ■

2005年

 ■ 感想 ■

長編の有名なアニメですが、わたしにはそれほどささらなかった。
主人公のレントンの声が女性声優さんなので、あんまり萌えない。
やっぱり男性声優がやってるアニメの方が断然好きなのだ!
このアニメのファンのみなさん(o_ _)o))ゴメン

  ■ 評価 ■

 ★★★★


a0216818_13585586.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-09-28 14:40 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 100

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『異世界食堂』

 ■ あらすじ ■

オフィス街に程近い商店街の一角、雑居ビルの地下一階にある、猫の絵が描かれた看板が目印の「洋食のねこや」。
どこにでもありそうなこの洋食屋の扉は、週に一度“特別営業”の土曜日にだけ「異世界」とつながる。
向こうの世界の様々な場所に現れる扉を通じてやってくる、文化も、種族すらもバラバラな「向こうの世界」の客たちが舌鼓を打ってしまう、不思議な“魅力”を持った料理がここ「異世界食堂」にはある。
この店で生まれる異世界と現代、食堂に集う人々と店主、そして料理との一期一会を描く、温かい出会いの物語。

 ■ キャスト ■

店主:諏訪部順一/アレッタ:上坂すみれ/クロ:大西沙織/赤の女王:伊藤 静/アルトリウス:清川元夢/タツゴロウ:大塚芳忠/アルフォンス:立木文彦/サラ:安野希世乃/ハインリヒ:杉田智和

 ■ スタッフ ■

原作:犬塚惇平(ヒーロー文庫/主婦の友社 刊)
監督・シリーズ構成:神保昌登
キャラクターデザイン:佐野隆雄・佐野恵一
アニメーション制作:SILVER LINK.

 ■ ジャンル ■

SF/ファンタジー

 ■ 制作年 ■

2017年

 ■ 感想 ■

今季の夏アニメの中で一番面白かったのが、「異世界食堂」でした。
毎回、安心して楽しめたのがこのアニメで、美味しそうな料理も観ていて楽しい!
事件もロマンもない、こういうアニメもいいもんだね。

  ■ 評価 ■

 ★★★★


a0216818_13583434.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-09-27 14:12 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 99

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『ようこそ実力至上主義の教室へ』

 ■ あらすじ ■

進学率・就職率100%と言われる進学校・東京都高度育成高等学校に入学した綾小路清隆。
しかし彼が所属する1年Dクラスは、進学校とは思えないような問題児ばかりだった。
さらに学校は、生徒に現金と同価値のポイントを月10万円分も与え、授業に関しては私語・居眠り・サボタージュをも黙認する放任主義。
自堕落な生活を送る生徒たちだったが、違和感を抱く者もいた——他人との交流を徹底的に避け、孤独を貫く美少女・堀北鈴音だ。
彼女は、生徒に大金が与えられているはずなのに、校内に『お金を持たない者への救済』が多く用意されていることに気づく。やがて1ヶ月後、綾小路、堀北、Dクラスの面々は学校のシステムの真実を知る……。

 ■ キャスト ■

■Dクラス 綾小路清隆:千葉翔也/堀北鈴音:鬼頭明里/櫛田桔梗:久保ユリカ/佐倉愛里:M・A・O/軽井沢恵:竹達彩奈/平田洋介:逢坂良太/高円寺六助:岩澤俊樹/須藤健:竹内栄治/池寛治:阿部大樹/山内春樹:岩中睦樹/幸村輝彦:郷田翼/■Aクラス 坂柳有栖:日高里菜/葛城康平:日野聡/■Bクラス 一之瀬帆波:東山奈央/神崎隆二:若山晃久/■Cクラス 龍園翔:水中雅章/伊吹澪:小松未可子/■生徒会 堀北学:梅原裕一郎/橘茜:小原好美/■先生 茶柱佐枝:佐藤利奈/星之宮知恵:金元寿子

 ■ スタッフ ■

原作:衣笠彰梧 (MF文庫J「ようこそ実力至上主義の教室へ」/KADOKAWA刊)
監督:岸誠二×橋本裕之
シリーズ構成:朱白あおい(ミームミーム)
キャラクターデザイン:森田和明
アニメーション制作:Lerche

 ■ ジャンル ■

ドラマ/青春

 ■ 制作年 ■

2017年

 ■ 感想 ■

発想がユニークで面白いと思った。
これから面白くなりそうなところで、終わってしまったが、二期が楽しみだ。

  ■ 評価 ■

 ★★★


a0216818_13581518.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-09-27 13:49 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 98

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『異世界はスマートフォンとともに。』

 ■ あらすじ ■

神様の手違いで死んでしまった主人公は、異世界で第2の人生をスタートさせる。
彼にあるのは神様から底上げしてもらった身体と、異世界でも使用可能にしてもらったスマートフォン。
様々な人達と出会い、大切な仲間を得ていく中で、いつしか主人公はこの世界の秘密を知る。
古代文明の遺産を受け継ぎ、お気楽な世界の王たちと力を合わせながら、個性豊かな女の子たちと共に彼はのほほんと世界を巡っていく―――

 ■ キャスト ■

望月 冬夜:福原かつみ/エルゼ・シルエスカ:内田真礼/リンゼ・シルエスカ:福緒 唯/九重 八重:赤﨑千夏/ユミナ・エルネア・ベルファスト:高野麻里佳/スゥシィ・エルネア・オルトリンデ:山下七海/リーン:上坂すみれ

 ■ スタッフ ■

原作:冬原パトラ(HJ NOVELS / ホビージャパン刊)
監督:柳瀬雄之
シリーズ構成・脚本:高橋ナツコ
キャラクター原案:兎塚エイジ
アニメーション制作:プロダクション リード

 ■ ジャンル ■

SF/ファンタジー アクション/バトル

 ■ 制作年 ■

2017年

 ■ 感想 ■

最初の方はサクサク話が進んで面白いかもと思っていたが、最後の方になるほど・・・
どんどんつまらなくなっていく、最終話あたりではネットでも叩かれるほどのグダグダな展開でした。
まあ、こんな糞アニメでは二期は絶対に望めないよねぇ~

  ■ 評価 ■

 ★★


a0216818_12323546.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-09-26 12:54 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 97

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『中二病でも恋がしたい!』シリーズ

 ■ あらすじ ■

残念だが告白しよう。俺こと、富樫勇太は中学の時――中二病だった。
だが、そんな黒歴史も中学と共に卒業して、順風満帆な高校ライフを満喫中というわけだ。このまま黒歴史も忘れていけるはず…。そう、はずだったんだ。
しかし、事件は起きてしまった。いや、起こるべくして起きたというべきか…。
そして、その事件をきっかけに現在進行形で中二病感染者の小鳥遊六花と強制的に契約を結ばれてしまった!
俺の日常はぶち壊し――って六花!これ以上、俺の中二病心を刺激するのはやめてくれ! 中二病を軸として、コミカルかつ切なく描く青春学園ラブコメディ! 
ここに爆誕!! 第1回京都アニメーション大賞<奨励賞>受賞作のアニメ化!

 ■ キャスト ■

富樫勇太:福山潤/小鳥遊六花:内田真礼/丹生谷森夏:赤﨑千夏/五月七日くみん:浅倉杏美/凸守早苗:上坂すみれ

 ■ スタッフ ■

原作:虎虎(KAエスマ文庫/京都アニメーション)
監督:石原立也
シリーズ構成:花田十輝
キャラクターデザイン・総作画監督:池田和美
アニメーション制作:京都アニメーション

 ■ ジャンル ■

ドラマ/青春 恋愛/ラブコメ

 ■ 制作年 ■

2012年

 ■ 感想 ■

京都アニメーションの作画は実に丁寧でキレイだ!
中二病がネタのこのアニメは面白過ぎる! 福山潤が中二病になった時の声がコードギアスのルルーシュになっていて、カッコイイ!

  ■ 評価 ■

 ★★★★


a0216818_12321544.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-09-26 12:27 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 96

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『迷宮物語』

 ■ あらすじ ■

完成から二年、そのクオリティの高さゆえに幻となっていた「迷宮物語」。
第一話「ラビリンス・ラビリントス」では夕暮れの淡い幻想の中の少女の夢を、第二話「走る男」では近未来を舞台に走ることに取りつかれた男の狂気を、第三話「工事中止命令」ではメカニズムに囲まれて追い詰められていくたった一人の男の恐怖を、三人の監督がそれぞれ個性的に表現している。
最新のSFXですら表現不可能な超現実の世界での、冒険を、ロマンを、悪夢を、そして快感を、アニメならではの技術とアイディアを駆使し、観る者に疑似体験させるほどダイナミックな映像に仕上げられている。

 ■ キャスト ■

「走る男」ボブ=ストーン:津嘉山正種/「走る男」ザック=ヒュー:銀河万丈/「ラビリンス・ラビリントス」少女さち:吉田日出子/「工事中止命令」杉本 勉:水島 裕/「工事中止命令」ロボット444ビ1号:大竹 宏/「工事中止命令」部長:家弓家正

 ■ スタッフ ■

「走る男」監督・脚本・キャラクターデザイン:川尻善昭/作画監督:川尻善昭/美術監督:青木勝志
「ラビリンス・ラビリントス」監督・脚本:りんたろう/キャラクターデザイン・作画監督:福島敦子/美術監督:石川山子
「工事中止命令」監督・脚本・キャラクターデザイン:大友克洋/作画監督:なかむらたかし/美術監督:椋尾 コウ(「コウ」は竹かんむりに皇)

 ■ ジャンル ■

SF/ファンタジー

 ■ 制作年 ■

1986年

 ■ 感想 ■

映画なので映像なんかはすごいけど・・・シュールで意味がさっぱり分からない。
たいそうな割にあんまり内容がツマラナイのです。制作陣は層々たるメンバーなんですが・・・。

  ■ 評価 ■

 ★★


a0216818_11441191.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-09-25 12:03 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 95

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『トリニティセブン』

 ■ あらすじ ■

「傲慢(ごうまん)」「嫉妬(しっと)」「憤怒(ふんど)」「怠惰(たいだ)」「強欲(ごうよく)」「暴食(ぼうしょく)」「色欲(しきよく)」それは、王立ビブリア学園に君臨する、7人の少女にかせられた罪(テーマ)。
世界を取り戻すため、少年はこの罪(テーマ)を支配することを決断した—-その少年、春日アラタの知る日常は、「崩壊現象」と呼ばれる不可思議な事件によって、従姉妹の聖ごと異空間に消えてしまった。
崩壊現象を解明し、聖を取り戻すため、王立ビブリア学園に入学したアラタ。そこに待っていたのは、テーマにより魔道を操る7人の少女たちだった。

 ■ キャスト ■

浅見リリス:原 由実/神無月アリン:内田 彩/風間レヴィ:佐倉綾音/山奈ミラ:日笠陽子/不動アキオ:柚木涼香/倉田ユイ:村川梨衣/リーゼロッテ・シャルロック:東山奈央/春日アラタ:松岡禎丞/春日 聖:諏訪彩花/セリナ・シャルロック:洲崎 綾 ほか

 ■ スタッフ ■

原作:サイトウケンジ・奈央晃徳(株式会社KADOKAWA 富士見書房 月刊ドラゴンエイジ連載)
監督:錦織 博
シリーズ構成:吉野弘幸
キャラクターデザイン:友岡新平
アニメーション制作:セブン・アークス・ピクチャーズ

 ■ ジャンル ■

SF/ファンタジー アクション/バトル 恋愛/ラブコメ

 ■ 制作年 ■

2014年

 ■ 感想 ■

すぐに女の子が裸になる、ストーリーの流れを無視したエロさ、男子の喜ぶハーレム展開!
陳腐過ぎてツマラナイ、何度も観たようなステレオタイプのアニメだった。
こんなの松岡禎丞の才能の無駄使いですね

  ■ 評価 ■

 ★★


a0216818_11432183.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-09-25 11:30 | アニメ記録

アニメ記録ファイル 94

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『喰霊-零-』

 ■ あらすじ ■

憎しみに揺れる魂を目覚めさせたのは誰?
それは――闇の街を彷徨う、哀しみに暮れる迷い人。運命の絆で繋がれた二人は――――宿命の鎖を断ち切り、悪霊を討つ

 ■ キャスト ■

諌山黄泉:水原薫/土宮神楽:茅原実里/飯綱紀之:高橋伸也/神宮寺菖蒲:相沢舞/二階堂桐:土谷麻貴/桜庭一騎:白石稔/岩端晃司:稲田徹/ナブー(兄):若本規夫/ナブー(弟):若本規夫/マイケル小原:平松広和/三途河カズヒロ:松元惠/土宮雅楽:小村哲生/諫山奈落:麦人/諫山幽:石森達幸/諫山冥:田中涼子/飯綱紀定:城山堅/真鍋美紅:升望/柳瀬千鶴:堀川千華

 ■ スタッフ ■

原作:瀬川はじめ(月刊「少年エース」連載、角川コミックス・エース刊)
監督:あおきえい
シリーズ構成:高山カツヒコ
キャラクターデザイン:堀内修
アニメーション制作:アスリード&AICスピリッツ

 ■ ジャンル ■

アクション/バトル ホラー/サスペンス/推理

 ■ 制作年 ■

2008年

 ■ 感想 ■

ストーリーは面白いのですが、わたし的に土宮神楽の声を当てている声優さんの妙に甘ったるい声が好きになれない。
男性声優が好きなので、女性声優のブリっこ声がどうも苦手です。

  ■ 評価 ■

 ★★★


a0216818_10502084.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-09-24 11:02 | アニメ記録