― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

<   2017年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

くいもんや「柚菴 」

a0216818_14391941.jpg


寝屋川市(香里園)にある居酒屋、くいもんや「柚菴 」に、
友だちと二人で行ってきました。

ここは、たぶん4、5回目だと思うけど、いつ行っても美味しいお店です。

a0216818_14393927.jpg

じゃこサラダ、お豆腐添え


a0216818_14400936.jpg

甘酢かけ鳥の空揚げ


a0216818_14402795.jpg

牡蠣フライ、広島で食べた牡蠣より美味かった!


a0216818_14404756.jpg

サイコロステーキ


a0216818_14410824.jpg

わたしの好きな揚げ出し豆腐


a0216818_14414599.jpg

串カツの盛り合わせ


a0216818_14420366.jpg


ブログ

by utakatarennka | 2017-11-20 14:52 | 食べ歩き・グルメ

広島・宮島旅行 ⑤

a0216818_14095158.jpg


一泊二日で行ってきた、宮島旅行ですが、
いよいよ最終日、この美しい神の島ともお別れです。

残ってる写真があるので貼り付けておきましょう!

a0216818_14042728.jpg

厳島神社の大鳥居

a0216818_14103093.jpg

宮島のお土産といえばもみじ饅頭

a0216818_14104738.jpg

島中いたるところに鹿がいます

a0216818_14111157.jpg

のんびり磯遊びする人々

a0216818_14112994.jpg

広島の友人と一緒に行った、お好み焼きのお店

a0216818_14264186.jpg


日本三景・世界遺産の島、宮島は本当に素敵な島でした。
ここはアジアからの観光客より、アメリカやヨーロッパ系の白人の観光客が多い気がします。
そのせいか、マナーも良くていい感じだった。

ついにフェリーに乗って宮島を去ってゆきます。

a0216818_14100714.jpg


ブログ

by utakatarennka | 2017-11-19 14:03 | 旅・紀行文

広島・宮島旅行 ④

a0216818_13233549.jpg


宮島の秋は紅葉真っ盛りでした。

紅葉谷公園をゆったりと散策しました。
兄夫婦はロープウェーで弥山山頂まで行きましたが、
私は以前に乗ったことがあるので、今回は紅葉狩りを楽しみました。

a0216818_13250319.jpg

谷は紅葉一色だった!


a0216818_13242849.jpg

観光客の外人さんが映り込んでしまった


a0216818_13244558.jpg

木がうっそうと茂っていて暗い


a0216818_13235455.jpg

宮島の五重塔と紅葉


a0216818_13252290.jpg

どこかの旅館の前で写しました


a0216818_13255611.jpg

谷間に清流でした


a0216818_13451913.jpg


ブログ

by utakatarennka | 2017-11-18 13:21 | 旅・紀行文

広島・宮島旅行 ③

a0216818_12192907.jpg


宮島では「山一別館」という、料理旅館に泊まりました。

この旅館は古くて小さいのですが、あなご料理が美味しいと評判です。
兄があなごを食べたいと言うので、ネットから予約しました。

a0216818_12182108.jpg

夕食のお料理、これが付き出し


a0216818_12183630.jpg

新鮮なお刺身でした


a0216818_12191327.jpg

柔らかく美味しいステーキ


a0216818_12185386.jpg

野菜の炊き合わせ


a0216818_12194562.jpg

おすましにはジュンサイが入っていた


a0216818_12200633.jpg

あなごなどのお寿司


a0216818_12202340.jpg

デザートは柿でした


a0216818_12205187.jpg


これが朝食です。

サラダと玉子焼きとししゃもとフルーツなど……
わりとシンプル、けど味付けは美味しい!

a0216818_12211123.jpg

とっくりの土鍋の中身が何だったか思い出せない。湯豆腐だったかな?


a0216818_12213698.jpg


ブログ

by utakatarennka | 2017-11-17 12:17 | 旅・紀行文

広島・宮島旅行 ②

a0216818_11444210.jpg


宮島へ観光に来てるはずなのに……

なぜか、フェリー乗り場の近くにあった「ヒョウ猫の森」と「フクロウの森」という
ネコカフェへ行ってしまった。

どうしても娘が行きたいというので仕方ない。

a0216818_11450026.jpg

館内にはヒョウ柄の猫(ベンガルキャット)ばかり


a0216818_11472923.jpg

野生っぽいけど、わりと大人しい


a0216818_11550104.jpg

猫ちゃんたち7~8匹はいたかなぁ~?


a0216818_11594648.jpg


ネコカフェの二階にある「フクロウの森」も見てきました。

ここのフクロウたちも触ることができますが、フクロウはとても繊細だと聞いたことがあるので、
写真の撮影だけさせてもらいました。

フクロウさんたち、近くで見るととても可愛いです。

a0216818_12002837.jpg

いろんな種類のフクロウがいました


a0216818_12005658.jpg

こんなところに繋がれて何を考えているんだろうか


a0216818_12085201.jpg


珍しいフクロウカフェにまさか宮島で行けるとは思わなかった。

けっこう、お客さん入ってたし……でも、観光シーズンじゃない時はどうしてるんだろう?
ここはフェリーでしかいけないから。

a0216818_12052116.jpg


ブログ

by utakatarennka | 2017-11-16 11:43 | 旅・紀行文

広島・宮島旅行 ①

a0216818_11222329.jpg


兄夫婦と娘と四人で広島の宮島へ行ってきました。
義理の姉と娘は宮島が初めてですが、私は友人も住んでいるので今回で3回目です。

日本三景・世界遺産の島、宮島はいつ行っても良い所でした。

a0216818_11152990.jpg

有名な厳島神社の海上の大鳥居


a0216818_11114614.jpg

お天気も良かったせいで、すごい数の観光客たち


a0216818_11192043.jpg

厳島神社の御祭神と由緒


a0216818_11234182.jpg

水中回廊が干潮なので干上がっています


a0216818_11272641.jpg


宮島といえば、やっぱり鹿さんでしょう。

観光客に慣れてるせいか、ここの鹿さんはのんびりしています。

a0216818_11311941.jpg


ブログ

by utakatarennka | 2017-11-15 11:08 | 旅・紀行文

心詠(しんえい) 32

a0216818_21375348.png


 【 モノクローム 】

白と黒が交差する
モノクロームの心象風景
孤独が雨音のように
わたしを空間に閉じ込める
どうして、こんなに寂しいの
ため息も闇に消えていく
そんな、夜

黒と白が交差する
チェッカーのリノリューム
あなたの足跡辿ってみても
心は充たされない
お願い、声を聴かせて
携帯が繋がらない
そんな、夜

黒と白が交差する
オセロ盤が黒になっていく
愛されてると信じたいの
だから、わたしに嘘をついてよ
ホントの心なんかいらない
零れる涙もぬぐえず
そんな、夜

a0216818_21082060.jpg


 【 アナタノタメヲオモッテ 】

あなたのためを思って
優しさがこもっているようで
どこか胡散臭い その言葉だ

あなたのことを呪って
他人の不幸は蜜の味なのか
心の奥に隠した その言葉は

アナタノタメヲオモッテ
アナタノコトヲノロッテ

恩きせがましい 言葉と
憎しみのこもった 言葉と
このふたつは 実は混在している

人の善意か 悪意か
言葉を選別しなければならない
それは心を削る 作業である


 【 帰ってきたアイツ 】

三月になったらアイツが帰ってきた
どんなにこっそりと帰ってきても
私の鼻はおまえを嗅ぎつける

ハークション!

うわっ 花粉が飛んでる
しかもPM2.5と黄砂という
チャイナの友達まで連れて帰ってきた

マスク怪人に変身して私は戦う!


 【 山の神様 】

お前らなあー
山がいつも大人しく
鎮座してると思ったら
大間違いだ!

俺様のハラワタは
いつだって煮え滾ってる
怒らせたら
熱いのをぶちまけるぞっ!

よーく聴け人間ども
山を甘く見るんじゃない
俺様を征服したいのなら
命がけで登ってこい!


            ― 大山津見神より―

    ※ 大山津見神(おおやまつみのかみ)は山の神々を統べる大いなる山の神


 【 テレビ 】

映らないテレビがある

『使わないなら、捨ててしまえばいい』
と、あなたが言う

だけど いっぱい思い出詰まっている
どうしても捨てられないテレビなんだ

『だったら、そのテレビを映してやれ』
と、あなたが言う

だけど そのテレビには砂嵐が舞っている
つらくて……とても観れないんだよ

映らないテレビそのまま放置してたら

『自分の部屋のテレビ観ないで……
 隣の部屋のテレビを観てるのはズルイ!』
と、あなたに言われた

ハイ 確かにその通りです
どうしてよいか途方に暮れる

『映らないテレビのどうしようか?』
と、誰かに聴いてみる

『そのテレビはあなたのだから、
あなたが決めればいいでしょう』
と、そう誰かが答えた

もう訳が分からなくなってきた

みんなの思い出の詰まった
このテレビを
わたしの独断で捨ていいものだろうか?

どうすればいいのか?
ますます 分からなくなってきた

映らないテレビ捨てられない!
映らないテレビ動かせない!
映らないテレビ放置もいけない!

テレビのある部屋から
アタシが出て行こうか?
誰にも見つからないように そっと……
もう それしか方法が見つからないんだ


a0216818_21244748.jpg



創作小説・詩

by utakatarennka | 2017-11-14 21:02 | 心詠(しんえい)

心詠(しんえい) 31

a0216818_21375348.png


 【 憂鬱 三詩 】

『空虚』

何もしたくない日
ただ息を吸う

溢れそうな時間の水槽で

死んだ魚のように
空虚に浮かんでいる


『伝染』

あなたの憂鬱で
        わたしを憂鬱に
させないで!


『スイッチ』

善い顔と
悪い顔と
使い別けていたら
両方とも心の
スイッチが
壊れてしまった


 【 アルマジロ 】

アルマジロは
丸まって弱い部分を
固い甲羅で守っている

いろんな感情に触れて
わたしは疲れてしまった
叫びだしたい 衝動を抑えて
かろうじて ここに留まっている

『 もう 嫌になった 』
堪らなくなって 弱音を吐いた
結局 わたしの思考はそこで途切れて……
そこで終わった

そうやって 諦めてきたんだ

ああ なぜ人に生まれた?
花でもよかった
鳥でもよかった
風なら なおよかった

アルマジロは
丸まって弱い部分を
固い甲羅で守っている

今日のわたし
アルマジロになりたい人

a0216818_14535899.jpg


 【 鴉 ― crow ― 】

市街地の道路の隅に
転がる猫の死体
それに群がる鴉たち
餌に有りつけたとばかりに
黒い嘴でひき裂き
死体をむさぼり喰らう

死肉は鴉の胃の腑で
甘美な果実に変わる
狡猾な脳 強靭な生命力
邪悪な黒い魔物
血に染まった嘴で
一羽の鴉が天を仰いで鳴いた

カアァァァーーー

蒼穹の空を舞う
黒い翼の支配者たちよ
その眼に映るのは
累々たる人類の屍なのか
滅びの運命カタストロフ
警鐘は打ち鳴らされたり


 【 メデューサ 】

美しい髪の少女メデューサ
わたしの髪が一番きれい

   ……と言ったばかりに
     言ったばかりに……

女神アテーナーの逆鱗に触れて
その髪を無数の毒蛇に変えられて
見るもおぞましい怪物になった

その姿を見た者を
一瞬にして石に変える魔力
もう誰もメデューサを見ない 見ない
生きながらに その存在は死んでいる

やがて 醜さゆえに悪しき魔女とされ
英雄ペルセウスに首を掻き切られ
退治されてしまった

メデューサの生首から したたる血は
海に落ちて 赤い珊瑚になった
砂漠に落ちて 猛毒の蠍になった
そして 天馬ペガサスが生まれた

嘆きのメデューサ
おまえにどんな罪があったのだ?
女神アテーナーの嫉妬の生贄に

美しい髪の少女メデューサ
わたしの髪が一番きれい

   ……と言ったばかりに
      言ったばかりに……


 【 師走に咲いたタンポポさん 】

今日は12月も暮れです
道端で小さな花を見つけました

師走の空の下で
コンクリートの割れ目から
ひょっこりとタンポポさんが
顔を覗かしています

こんな寒い季節にどうしたの?
あわてん坊のタンポポさん
まだまだ 春には早すぎる

冷たい北風に向かって
黄色い花を咲かせた
けな気なタンポポさんを

愛おしいと思ったのです


       【 孤独 】

     生きていく 寂しさと
     死んでいく 儚さは

     「孤独」というラベルを貼って
     人生の書庫に並べられたが……

     しかし 誰もその本を
     手に取ってまで 読もうとしない


a0216818_14543466.jpg



創作小説・詩

by utakatarennka | 2017-11-13 19:34 | 心詠(しんえい)
a0216818_16514768.png

ネットでスマホ依存症かどうかをチェックしよう
という記事を見たので
チェックしてみましょう!

通称スマホ依存症(スマートフォン依存症)
身近でもよく見ます
電車に乗っても、飲食店でも
特に若い人はスマホを手から離せない。

実はうちの娘もそうです。
先日、旅行中にスマホの充電が切れたら・・・
ものすごく機嫌が悪くなったりして困った。

このように、最近ではスマホ依存症による
弊害が深刻化されていることは間違いないようです。

スマホ依存症の現象とは以下項目のことでしょうか?


 ■学校や仕事中でもスマホがないと落ち着かない
 ■誰かと会話中でもスマホを見てしまう
 ■車や自転車の運転中にもスマホをいじってしまう
 ■歩きスマホで人によくぶつかってしまう
 ■入浴中もスマホが手放せない
 ■夜遅くまでスマホをいじって睡眠不足に陥る
 ■スマホの見過ぎで人体に影響を及ぼしている
 ■数分おき数秒おきにスマホ(主にSNS)が気になってチェックする
 ■通知も何もきていないのに通知が着たと錯覚してしまう
 ■もしスマホが故障もしくは紛失したらパニックになってしまう


もしも、このような項目に1つでも当てはまるとしたら、
それは「スマホ依存症」かもしれない。

てか、その可能性は大だと思う。
現代社会において、スマホは大人のおもちゃであり、
他人とのコミュニケーションには欠かせないアイテムですが、
それに頼り過ぎて、現実世界から逸脱しないように!

やり過ぎは他人に迷惑、健康にも悪い!
スマホ依存症には注意しましょう!!


a0216818_16521887.jpg


ブログ
by utakatarennka | 2017-11-11 16:23 | ブログ

アニメ記録ファイル 214

a0216818_14155368.jpg

画像はおしゃれでかっこいい壁紙サイズの画像集【PC Wallpaper】からおかりしました。
https://matome.naver.jp/odai/2130176743667455101?&page=5


今までに鑑賞してきたアニメについて
やや声優さん寄りの視点にて、
腐女婆の独断と偏見によるアニメ感想なのだ。

作品資料などは私が登録している
有料アニメ見放題サイト
からお借りしております。


 ■ 作品名 ■

『カブキブ!』

 ■ あらすじ ■

歌舞伎大好きな高校1年生、来栖黒悟の夢は、部活で歌舞伎をすること。
けれど、入学した高校にそんな部は存在しない。「それなら、自分たちで作っちゃえばいいんじゃない?」親友のトンボと一緒に、まずはメンバー集めに奔走するけれど……!?
青春歌舞伎物語、開幕!

 ■ キャスト ■

来栖黒悟:市川太一/村瀬とんぼ:梅原裕一郎/阿久津 新:逢坂良太/蛯原 仁:河西健吾 /丹羽花満:島﨑信長/浅葱 芳:甲斐田裕子/蛇ノ目丸子:内山夕実/三輪山梨里:朝井彩加/数馬克己:山本和臣/遠見 連:前野智昭

 ■ スタッフ ■

原作:榎田ユウリ (角川文庫刊)
監督:米田和弘
シリーズ構成:中村能子
アニメキャラクターデザイン:まじろ
アニメーション制作:スタジオディーン 

 ■ ジャンル ■

ドラマ/青春

 ■ 制作年 ■

2017年

 ■ 感想 ■

『人狼ゲーム』でみた、市川太一が気になって観てみたアニメです。
それにしても、歌舞伎の演技までしなくちゃいけない声優さんっていう、
お仕事はタイヘンだと、つくづく思った。

 ■ 評価 ■

 ★★★


a0216818_15514767.png


ブログ
by utakatarennka | 2017-11-10 15:59 | アニメ記録