― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ
a0216818_13184561.png

   第104話 悩める乙女

 悩める乙女の相談にのってください!
 とっても迷ってるんです。実は同時に二人の男子から告白されちゃったの。まるで嘘みたい……自分で認めるのも悔しいけど、アタシってば、美人じゃないし、まあ十人並みかな? 成績だって中くらいだし、スポーツはやや苦手、ごくごくフツーの高校二年の女子なんです。
 それが急にモテ期到来! ありえない!?

 告ってきた男子、一人は野球部のエース遊佐くん、超かっこいい、女子にモテモテなのに、なんでアタシに?
 放課後、ぼんやりグランド見ていたら、遊佐くんの方から寄ってきて、いきなり「おまえ、誰かと付き合ってる?」って訊いてきたから、「いいえ」と答えた。「だったら、俺の彼女になれよ」と言われて、ビックリして目をまん丸にしてたら、「明後日、試合あるから絶対に観にこいよ!」一方的に宣言して行っちゃった。

 告ってきた、もう一人の男子は文芸部の部長の諏訪くん。学年トップの成績、眼鏡男子でイケメンだよ。
 図書室に本の返却にいったとき「君に薦めたい本があるんだ。ついてきて……」と諏訪くんに言われて、本棚の奥に入っていったら、「僕は君と付き合いたいんだ。ねえ返事を聞かせてくれる?」と言われた。突然の告白に頭がパニックって「考えさせてください」と返事しておいた。

「――で、アタシどっちと付き合えばいい?」
「しるか! 普通、男子にそんなこと相談するか?」
「だってぇ~、こんなこと相談できるのは、幼馴染のタッくんしかいないよ」
 達央くんとアタシは幼稚園からの付き合い、ドジな女の子としっかり者の幼馴染の男の子は、アニメではテンプレだから――。今、放課後の教室で恋の相談にのって貰っているのです。
「恋バナなら、女子に相談した方がいいんじゃない」
「ダメ! ダメ! 女子は口が軽いから、すぐ噂が広まっちゃう」
「おまえはどっちといると楽しい?」
「二人ともマトモに喋ったこともないし……ピンとこない」
「お試しでデートしてから決めたらいいんじゃないか」
「ええっ! デートしてもいいの?」
「勝手にしろよっ!」
 それだけいうとタッくんはプイと怒った顔で帰っちゃった。
 いくら幼馴染でもリア充の話なんか聞きたくなかったのかな? タッくんには彼女いなさそうだし……。ゴメンちゃい。

 アタシはお試しデートをすることにした。
 まず野球部のエース遊佐くんの試合を観に行くことに、するといっぱい女子が応援にきていた。何だか癪だから……。
「遊佐くんの彼女ですけど」って言ったら、他の女子も「私も彼女だよ」「わたしらみんな遊佐くんの彼女だもんね」と言い出した。「それどういうこと?」と質問したら、遊佐くんは自分のサポーター女子のことを「彼女」と呼ぶんだって、アタシは彼女に選ばれたんじゃなくて、遊佐くんのファンクラブに勧誘されただけ? 勘違いしていた自分が恥かしい! そのまま走って帰ってきたアタシ――。

 日曜日に諏訪くんとデートすることになった。今度こそ本物の男女交際だよ。
 待ち合わせ場所に行くと諏訪くんが待っていた。「今日の僕の服装どう? カジュアルな方がいい? それともビシッと決めてるのがいい?」いきなり質問された。
 諏訪くんはチェック柄のシャツに黒のダウンジャケット、濃紺のジーンズだった。いつもの制服姿しか知らないアタシにはとっても新鮮だった。「似合ってます」って言ったら、今度は「今から映画に行く、水族館に行く、ゲーセンに行く」どれにするかの質問だ。
 さっきからアタシに質問しながら、メモを取ってるのが気になる。「なぜメモってるんですか?」と訊いたら、「これは小説を書くための資料だよ。テキトーな女の子とデートして恋愛シュミレーションしているのさ」だって。
 はぁ~? テキトーな女の子って、アタシのこと? ふざけないでよ! そのまま怒って帰ってきちゃった。

「――ってことで。アタシからかわれただけだった」
 お試しデートのことをタッくんに話ながら、悔し涙で顔がクシャクシャになった。
「そっか、ひどい奴らだな。泣くなよ。俺がいるじゃん」
「ありがとう。みっともないアタシを見せられるのはタッくんだけだよ」
「みっともなくない。おまえは可愛いから」
「えっ?」
「おまえが告られたって聞いて……俺、スゲー落ち込んだんだぞ」
「どうして?」
「幼稚園からずっと好きだったから」
「マジで? からかってるんじゃなくて……」
「ちげーよ! いつか、ちゃんと気持ちを伝えたいと思っていたんだ」
 「アタシなんかで本当にいいの?」
「俺は昔から迷ったことなんかない。おまえ一択だったから」
「その言葉を信じてもいいの?」
「正直な気持ちだ!」
 アタシはタッくんの気持ちを言葉で伝えて欲しかった。
「タッくんの気持嬉しい。でもちゃんと告白してよ」
「彼女になってください! 返事は?」
「は~い」
「今度、男子に告られたら、彼氏いますって断わるんだぞ!」
「了解!」
 なぁ~んだ。アタシの本命はこんな近くにいたのね。もう迷わない、アタシもタッくん一択でいきます。二人は彼氏と彼女になりました。
 悩める乙女から、アタシ幸せな乙女にヘンシーン!!



a0216818_14223410.jpg



創作小説・詩

# by utakatarennka | 2017-12-04 14:08 | 夢想家のショートストーリー集
a0216818_07362710.jpg


【 ギャングにゃんこ 2 】

さて、話は戻って――。

そんなことがあってから、
猫カフェ『にゃんこの館』のスタッフたちは
サイトーを避けるようになりました。

イワンはサイトーを見かけたら
こそこそ隠れるようになり、
 クーは恐怖で固まってしまいます。

あの気の強い蘭子でさえ側に寄りません。

だけど、サイトーは
まったく意に介さずマイペースです。
けれど、にゃんこスタッフたちには……
ストレスの日々でした――。


そんな――ある日の午後のことです。

猫カフェ『にゃんこの館』では
お客さまの入店もなく暇でした。
にゃんこたちも昼寝をしたりして
ノンビリと過ごしていました。

オーナーの美耶さんも
お店を開けたままで、来客があれば
呼び鈴を鳴らして貰うようにして、
3階の自室に戻っていました。

お店の中はにゃんこたちだけ――。


そこに思わぬ闖入者がありました。

こっそり扉を開けて、
お店に誰もいないことを確かめてから、
勝手に中に入ってきたのです。

小学校5年生くらい、やんちゃそうな男の子が一人――。

『うわっ! 猫がいっぱいいるぞぉー』

その子は土足のままで店内を歩き回り、
カゴの中で寝ていたにゃんこの
カゴをひっくり返したり、猫タワーを揺らしたり、
嫌がるにゃんこを無理やりダッコしようとします。


a0216818_14250372.jpg


猫たちにとっては、迷惑なイタズラっ子です!

※ 猫カフェでは履物を脱いで、スリッパなどに履き替えます。


『おっ! ちっこい猫がいる』

猫カフェ『にゃんこの館』のアイドル
3匹の天使の仔猫たちを見つけたようです。

『メッチャかわいいなぁ~♪』

そう言うと、
仔猫たちを次々と掴んで、カゴに放り込みました。

いち早く、気が付いた蘭子が、

「あんた、なにすんのよ!」

と、その少年に飛びつきました。

「チビたちを放せ!」

続いて、にゃん太も飛びつきました。

けれど、2匹とも少年にはらわれて
壁に投げつけられてしまったのです。

仲間たちが危ない!
 
いつも紳士なスコティッシュの
バロンまでフゥーと威嚇のポーズをします。

ミーコはダッシュッで3階に居る
オーナーの美弥さんを呼びに行きました。

仔猫たちをカゴに入れて、
少年は連れ去ろうとしています。

「猫泥棒よ―――!!」

みんなで仲間を守るために
必死で叫びました。

カゴの中で仔猫たちも
「ミューミュー」
鳴いて、助けを求めています。

その時です!

少年の頭をめがけて、棚の上から
サイトーが飛びついてきました。


a0216818_14433380.jpg


その重さにバランスを
崩して少年は前のめりになって
スッテンコロリと転んだ。

ひっくり返ったカゴから
飛び出した仔猫たちを
ハルカとマリリンが
小さな隙間に隠しました。

床に倒れている少年の顔に
サイトーはおうふく猫パンチを
お見舞いします。

「アタタタタッ―――!!」

サイトーの猫パンチは
まさに『北斗の拳』並みの破壊力だ!

「son of a bitch!」

おっと!
これはとっても汚い言葉です。

ギャング猫語で
男に対して、『ばかやろう!』とか
『クソ野郎!』とか『クズ男!』
って言う時に使います。(良い子はマネをしないでね)

もちろん、『にゃんこの館』のスタッフたちは
良い子なので、こんな言葉は知りません。

3階から美弥さんが
駆け付けた時には少年は
ほっぺたを真っ赤に腫らして
ワーワー泣いていました。

その側で
鼻息も荒くサイトーが
ふんずり反って座っていたのです。

こんな事件があってから、
美弥さんは、にゃんこの館を開ける時には
代わりのアルバイトを雇うことにしました。
近所に住むいとこで
高校生の沙菜(さな)ちゃんです。

明るく元気な沙菜(さな)ちゃんは大の動物好き!
将来は獣医さんを目指して勉強も頑張っています。
そして猫カフェ『にゃんこの館』の
猫スタッフたちの評判も上々です。


a0216818_14472595.jpg


さて、この事件で、
猫カフェ『にゃんこの館』の仲間たちの
“ 絆” が強くなりましたが、
それよりも嬉しいことは……。

サイトーが『にゃんこの館』の
みんなに受け入れられて仲間になったことです。
特に仔猫たちはすっかりサイトーが気に入って
側から離れません。

「サイトーおじちゃーん」

仔猫たちからすり寄ってきて
サイトーの背中に乗ったり、
じゃれたりして、遊んでいます。

いかついサイトーですが、
実は可愛いものが大好きで
仔猫たちのことが気になって
いつも見ていたのです。
仔猫たちと仲良しになれて
サイトーはとても幸せそうです。

そして、
猫カフェ『にゃんこの館』に
最強のボディーガードができました。
ギャング猫サイトーさえいれば
にゃんこたちのセキュリティーは万全ですね。

安全で楽しい
猫カフェ『にゃんこの館』へ

どうぞ遊びにきてください。

(ω゚∀^ω)ニャンニャーン♪




a0216818_15103938.jpg



猫カフェのイラストは友人のpokaさんに描いていただきました。
猫の加工写真もpokaさんです(*´∀人)ァリガト♪

他、にゃんこの写真は友人と知人と、このサイトからお借りしています。
 HD Wallpapers (High Definition) | 100% Quality HD Desktop Wallpapers http://www.hdwallpapers.in/#.US_aGEwvXcc.twitter …

無料壁紙の総合サイト 壁紙Link http://www.wallpaperlink.com/

かわいい猫の壁紙画像 http://matome.naver.jp/odai/2127198911354142701

猫カフェ「あまえんぼう」で撮影した写真を使っています(了承済み)
http://nekonoheya-amaenbou.com/



創作小説・詩

# by utakatarennka | 2017-12-03 14:07 | メルヘン
a0216818_07362710.jpg


【 ギャングにゃんこ 1 】

とっても平和な、
猫カフェ『にゃんこの館』に
ある日、ちょっとオッカナーイ!
ゲスト猫さんが、いらっしゃいました!

ここ猫カフェ『にゃんこの館』では、
スタッフ以外にゲスト猫として、
時々、お客さまからお預かりしたにゃんこが
一緒に暮らすことがあります。



「みんなー、ちょっと集まって!」

猫カフェ『にゃんこの館』のフロアーマネジャー、
ミーコの声に、スタッフのにゃんこたちが
ぞろぞろ集まってきました。
その数、総勢12匹のスタッフ猫たちです。

「どした、どした?」
「ミーコさん、なぁに?」
「おやつタイムかなぁ~♪」

みんな好き勝手なことをしゃべっています。

「はーい、お静かに!
今日はにゃんこの館にゲストにいらっしゃった
お友だちを紹介しまーす」

「おぉー!」

新しいゲスト猫にスタッフたちも興味深々です。

「こちらがゲストのサイトーです」


a0216818_13262289.jpg


ミーコの紹介に一匹の♂にゃんこが
のっそりと現れました。

「サイトーはアメリカから来ました。
飼い主さんの都合でしばらく、
このにゃんこの館で暮らすことになりました。
みんな仲よくしてあげてくださいね」

デカイ図体のサイトーが、
にゃんこの館のスタッフたちに
ガンを飛ばしています。

その眼力の鋭さに、
スタッフ猫たちはタジタジです。

「じゃあ、サイトー。みんなに挨拶してね」

ミーコの声にうながされて、サイトーが
みんなの前で渋々挨拶をします。

「Hello! I am Saito.」

猫スタッフたちは一瞬、
その言葉に唖然としました。

ここ猫カフェ『にゃんこの館』にいる洋種の猫たちは
日本生まれなので日本猫語しか話せません。
イングリッシュ猫語はぜんぜん解らない。

言葉が通じない!
どうしたものかと……。

スタッフ猫たちはざわつきました。

「おや? サイトー。
さっき、飼い主の日本人の奥さんと
日本猫語で話してなかったかしら? 
サイトーはバイリンガルだから
日本猫語も解るんでしょう?」

ミーコさんが皮肉を込めて訊きました。

その言葉にフン! 不貞腐れた態度で
尻尾を床にバンバン打ちながら、

「おう! 俺はサイトーだ。よろしくなっ」

日本猫語で挨拶をしました。
そのドスの利いた声に、スタッフたちはビビリました。

猫カフェ『にゃんこの館』では、
仔猫の頃は野良だったキジ猫の蘭子以外は、
全員がほぼ生まれた時から飼い猫たちです。
こういうオッカナーイ、893(やくざ)猫とは
今まで交流がありません。

これから始まるサイトーとの共同生活に
みんなは不安を感じていました。

――物騒だと思っていたサイトーですが、
案外と大人しい様子だった。
いつも天井近くの棚に陣取りグーグー寝ています。

そして、いつも餌の時間には
上からドスンと音を立て降りてきて、
ドスドスと割り込んできて、
たっぷりとツナを食べていきます。

ある時、
イタズラ者のイワンが仔猫たちの餌を
横取りしようとしました。


a0216818_13371407.jpg


それを見ていたサイトーは、
いきなり強烈な猫パンチでイワンをぶっ飛ばし、
フゥーと全身の毛を逆立て威嚇すると、
あまりの怖ろしさにイワンは失禁してしまい。

側で見ていたチキンな黒猫クーまで
恐怖で固まってしまいました。

にゃんこの館で、一番気の強い蘭子も
さすがにサイトーだけは手出しできません。

サイトーに関するいろんな噂が
にゃんこスタッフの間では飛び交いました。

サイトーの毛を剃ったら全身100以上の
ケンカ傷があるとか、
肉球にドクロのタツーが彫ってあるとか、

アメリカでは猫ギャング団のリーダーで
FBIに追われて海外に逃亡中だとか……。
――そう、最後のギャングの話は
少しだけ当たっています。

実はサイトーは、
サンフランシスコのギャングの飼い猫でした。
ドラッグディラーと呼ばれるギャングで
麻薬や覚せい剤の密売をやっていました。


a0216818_13435082.jpg


ある時、ギャングの家に
サンフランシスコ市警のガサ入れがあり、
慌てたギャングが飼い猫を置き去りにして
逃げ出してしまった。

飼い主に置き去りにされた猫を
可哀相だと思った、ひとりのポリスが
自宅に引き取って飼ってくれたのです。

――その猫が、サイトーでした。

この『サイトー』という、
苗字の『斉藤』さんみたいな名前は、
奥さんが日本人なので、ポリスが日本趣味で
サイトーと猫に名付けました。

注・ガサ入れとは、家宅捜索のこと。


サイトーの元々の名前を誰も知りません。
おそらく、サイトー自身も忘れてしまっているかも……ね。

そんな数奇な運命で海を渡って、
今は日本に里帰りしている奥さんと
サイトーは日本にいます。

日本とサンフランシスコを行き来している
奥さんの都合で、猫カフェ『にゃんこの館』に
一時的にサイトーは預けられたのです。




a0216818_13514185.jpg



猫カフェのイラストは友人のpokaさんに描いていただきました。
猫の加工写真もpokaさんです(*´∀人)ァリガト♪

他、にゃんこの写真は友人と知人と、このサイトからお借りしています。
 HD Wallpapers (High Definition) | 100% Quality HD Desktop Wallpapers http://www.hdwallpapers.in/#.US_aGEwvXcc.twitter …

無料壁紙の総合サイト 壁紙Link http://www.wallpaperlink.com/

かわいい猫の壁紙画像 http://matome.naver.jp/odai/2127198911354142701

猫カフェ「あまえんぼう」で撮影した写真を使っています(了承済み)
http://nekonoheya-amaenbou.com/



創作小説・詩

# by utakatarennka | 2017-12-02 13:17 | メルヘン