― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

五行歌 恋歌

   「五行歌」とは、  

 ① 俳句のように「季語」は要りません。
 ② 短歌の「57577」のリズムも要りません。
 ③ 唯、単に「五行」に作るだけです。
 ④ 1行の文字数も自由です。
 ⑤ 古文の素養は必要ありません。  


a0216818_21451219.jpg



触れ合うだけで
愛を信じられるなら
こんなに何度も
『 愛してる 』と
繰り返したりしない



いま確かなもの
貴方の掌の温もり
キスより確かなもの 
私を抱きしめる
貴方の鼓動



生まれ変われるなら
鳥がいい?
花がいい?
いいえ、もう一度
女になって貴方の傍に



可愛いね
貴方の一言が
私の肌に浸み込んでいく
どんな美容クリームより
その効果 てきめん!



『 君に会いたい 』
貴方の声が耳に残り
会いたい理由
会えない理由
左の薬指見つめ考えてる



やわ肌に
貴方が付けた
紫の痣
女の喜びは
背徳の緋文字



寄り添いて
眠るふたり
肩に掛かる頭(こうべ)は
愛ゆえに
背負う罪の重さ



『 恋 』という花の
一番美しい時を
摘み取って
押し花にしたい
永遠に色褪せないように



遠き日々
紫煙燻らす思い草
肌に沁みついた 
別れた男の
煙草の匂い



忘れた振りで
消せない記憶
寂しいと口にすれば
あなた……
振り返ってくれますか



雨音が
心を掻き毟る
繋がらない
携帯握りしめ
貴方を恨む、夜



月に恋して
その掌を伸ばす
艶やかな花弁で
一夜の恋に堕ちる
儚き華 月下美人



恋愛の花は
二度香る
開く時の芳しさ
散る時の切なさ
想いを封じ土に還る



求めた愛の深さ
重ねた罪の重さ
傍らで眠る人よ
その寝顔に
捨てた良心がある




   創作小説・詩
by utakatarennka | 2011-06-17 14:37 | 五行歌 徒然・恋歌