― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

RESET vol. 11

a0216818_6584189.jpg


 第十一章 知らなかった宏明の秘密

「啓子ちゃんってなんか変わってるよね」
「はい、よくズレてるって言われます」
 いつも愛美に《お母さんは世間知らずで、感覚がズレてるのよ!》って言われている。  
 実体験として、社会との関わりが少ないせいだと思う。何しろ専業主婦三十数年だから。
「あんな意地悪したのにあたしのこと怒ってないの?」
「お皿いっぱい割れたけど、私、大したケガじゃないし……大騒ぎするほどのことではないと思うから」
「ふーん……なんか、ズレてるよね」
 そう言って、奈緒美が笑った。
「……そういう所が可愛いのかなぁー。石浜さんは、啓子ちゃんの方が好きみたいだし……あたしは敵わない」
 ガックリと頭(こうべ)を垂れた。
「私、石浜さんと付き合う気ないです!」
 啓子はキッパリと言い切った。その言葉に奈緒美はギョッと驚いたようだ。
「本当に? あたし、てっきり石浜さんと交際します! って、宣言しに来たのかと思ってたよ」
「違います。私、お店も辞めるし、石浜さんともお付き合いしません」
「その言葉を信じてもいいの?」
「はい、奈緒美さんが石浜さんにアタックしてください」
「ありがとう!」
 さっきまで、萎れていた奈緒美が急に元気になった。《若い子はいいなぁー》と、見た目は二十歳で中身五十五歳の啓子は思っていた。

 ――そんなことより、さっきから聞きたくてウズウズしていることがある。
 奈緒美のアパートの真下の部屋に住む。宏明と車椅子の女のことだ。たぶん奈緒美なら何か知っているだろう。さっきも親しい気に一緒に買い物から帰って来てたし……。
「ところで……さっき、一緒に帰って来てた人たちと親しいの?」
「えっ、なんで?」
「あ、あのー、知り合いのお父さんに似てたから……」
「ヒロさんのこと? 下の幸恵さんの彼氏だよ」
「彼氏?」
 その言葉に思わず、ムッとして眉尻が上がった啓子だったが……なるべく顔に出ないように――。
「ヒロさんは幸恵さんの世話をよく看てるよ。すごく献身的でさぁ……あんな風に愛されたら女は幸せなんだろうねぇー」
 うっとりするような目で奈緒美が言ったが、啓子は怒りで身体が戦慄(わななて)いた。
「いつから、あのふたり一緒に?」
「うーんと……半年くらいかなぁー? 幸恵さんの病気が悪くなってからは、ずっと一緒に暮らしているよ」
「……そうなの」
 段々と険しい顔になっていくのが、自分でも分かる。
「どうしたの? 深刻な顔して……」
「ううん。別に……で、女の人の病気は悪い?」
「……よく知らないけど……末期みたい」
「癌?」
「…………」
 暗い顔で奈緒美は黙り込んでしまった。
 あの様子だと……かなり衰弱しているようだし、余命は短いのかも知れない。だけど……何で、夫が会社まで辞めて、あの女の世話を看る必要があるんだろう。お金を出して病院に入院させてあげる方が良いと思えるのに……どうも納得がいかない啓子だった。

 奈緒美が明日からお店に出勤するというで、安心した啓子はそろそろ帰ろうと椅子から立上がった時のこと。遠慮がちにトントンとドアをノックする音がした。
「誰だろう?」
 奈緒美はドアに向かって「はーい」と返事しながら開けた。
そこには宏明が立っていた。手に提げた白い紙袋を手渡しながら、
「これ、幸恵が奈緒美ちゃんに渡してくれって……」
「なんだろう?」
「見てごらん!」
 玄関まで一直線の1Kの部屋ではふたりの会話が手に取るように分かる。
「ウッソー!」
 素っ頓狂な奈緒美の声がした。
「あはははっ」
「よく同じ物が売っていたね? マジ嬉しいー」
「ショッピングモール街の靴屋で幸恵が見つけたんだよ」
「ヒロさん、幸恵さん、ありがとう!」
 奈緒美は赤いハイヒールを手に持って嬉しそうに興奮していた。
「もう、あんなに飲み過ぎたらダメだぞぉー。二階の奈緒美ちゃんの部屋まで連れて上がるのに、おじさん大変だったんだから……」
「迷惑かけちゃって、ゴメーン!」
 手を合わせて、奈緒美が宏明に謝ってる。
「お酒はほどほどになぁー」
「はーい。反省してまーす! 幸恵さんにありがとうって伝えてといて下さい」
「それじゃあー」
 宏明は啓子の方をチラッと見て軽く会釈をして、階段を下りて行った。家に居る時の気難しい夫とは違う。気さくなおじさん風の夫……啓子の知らない宏明の一面を見たような気がした――。

「その赤い靴どうしたの?」
「えへへ……」
 テレたように奈緒美が舌を出して笑っている。
「あのねぇー、こないだ啓子ちゃんのことで石浜さんに叱られて……」
「うん……」
「あたしムシャクシャして、その日は友達と飲みに行ったのよ。そんでさぁー、ベロンベロンに酔っ払っちゃって、アパートの階段の下で寝ちゃってたのを……ヒロさんが部屋まで連れて上がってくれたのよ」
「あははっ」
 奈緒美は酒癖が悪い。これさえ治れば……石浜も好きになってくれるかも知れないのに――と啓子は思った。
「朝起きたら、赤いハイヒールの片っぽがなくなってて大騒ぎよ……どこで失くしたか見つからないし、もう諦めていたんだ。――そしたら、幸恵さんが同じものを見つけて買って来てくれたの」
「良い人だね」
「うん! 幸恵さんってマジ良い人だよ。子どもがいないんであたしのことも可愛がってくれるんだ」
「そうなの。あの人ひとり暮らしだったの?」
「幸恵さん、このアパートに越して一年くらいだけど。どっか地方から出てきたみたい。
今は病気で痩せているけど……前は小奇麗な人だったよ。赤ちょうちんのお店やってたって聞いたけどね。身寄りがいないみたい」
「そう……」
「啓子ちゃん……ヒロさんたちのことがそんなに気になるの?」
 余りに深刻な顔で聞く啓子を、奈緒美は不審そうに見ていた。
 宏明は、ここ数年は本社勤務でたまに出張があるくらいだ。――ただ、愛美がまだ二歳くらいの時に、十ヶ月ほど単身赴任で地方に出向して居た時期があった。あの頃、たまに帰って来る夫の様子が何だか変だと啓子は感じていた。
 ――何か、あったとしたら……あの時かも知れない。『妻の感』で啓子はそう思った。

「奈緒美ちゃん、喜んでいた?」
 ベッドに横たわり顔だけこちらを向いて幸恵が、部屋に戻って来た宏明にさっそく聞いた。
「あぁー、すごく喜んでくれてたよ」
「そう、良かった……」
 弱々しく幸恵が笑った。《ずいぶん痩せたなぁー》と宏明は思った。いつまでこの女と暮らせて行けるんだろう? そう考えただけで目頭が熱くなる。
 幸恵は三年前に乳癌が見つかり手術をしたが、その後の検診で他にも癌が転移していることが発見されたが……治療を止めて。雪国からこの街に引っ越してきた。「ヒロさんの住む。この街でひっそりと死にたかった……」
 そう言って幸恵は宏明を泣かせた。
 二十年以上も前に別れた女なのに……ずっと心残りだった。
 あの日、この街で再会するまでは俺は幸恵のことを忘れようとしていた――。

 妻の啓子から、ワイン買って来て下さいと宏明の携帯にメールが送られて来た。仕方なく会社帰りに、この街の大型ショッピングモール内のスーパーに宏明は立ち寄った。
 《啓子の奴、俺が居ないと酒ばかり飲んでやがる!》少し苦々しい気持ちで宏明は妻のワインを買っていた。

 ここんところ仕事が忙しい上、休日も接待ゴルフで家に居ないし、啓子を放ったらかしている自分は、あまり強いことも言えないから、黙っているが……。
 他におつまみを見つくろって買い物が終わり帰ろうとしたが、尿意をもよおした宏明は男性トイレに入って用をたして……洗面所で手を洗っていると、中年の女がひとり入って来た。手にモップとバケツを持っているので〔掃除のおばさん〕だと思った。
「お客さん、すいません。お掃除しますね」
「あぁー」
 気のない返事で、ふと洗面所の鏡に映った
〔掃除のおばさん〕を見ると……その女は確かに、見覚えのある人だった。

 ――幸恵。二十年前、宏明が北陸にある支社に十ヶ月ほど出向させられた時に付き合っていた女だった。
 当時、宏明は会社に対する不満と単身赴任の淋しさから、水商売だった幸恵を抱いた。もちろん浮気のつもりだった。
 ふたりの関係は、ほぼ半年ほど続いた。急に幸恵が姿を消すまでは……。
 まさか、こんなところで会うなんて! 驚いて振り向くと、幸恵の方もこっちを見て驚愕の表情である。
「さちえ……さんか?」
「ヒロさんなの?」
 ふたりは驚いて、しばらく見つめ合っていた。次の客がトイレに入って来るまでフリーズした状態だった。
 それが半年前のことだったが――そこから宏明の人生は大きく180度変わった。

  



a0216818_9425265.jpg



   創作小説・詩
by utakatarennka | 2011-11-17 14:52 | 現代小説