― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

ケサラン・パサランってなんだろう?

a0216818_10441078.jpg


 昔から気になっていた、不思議な生命体、ケサラン・パサランについて調べてみました。
果たして、ケサラン・パサランはUMA(未確認動物)なのか、UMP(未確認植物)なのか?

 ケサラン・パサランとは?

 ケサランパサラン、ケセランパセランは江戸時代以降の民間伝承上の謎の生物とされる物体である。
外観は、タンポポの綿毛や兎の尻尾のようなフワフワした白い毛玉とされる。
西洋でゴッサマー(gossamer)やエンゼルヘアと呼ばれているものと同類のものと考えられている。

 白い毛玉のような物体で、空中をフラフラと飛んでいると言われる。
一つ一つが小さな妖力を持つ妖怪とも言われ、未確認生物として扱われることもある。

 名前の由来

スペイン語の「ケセラセラ」が語源だという説、
「袈裟羅・婆裟羅」(けさら・ばさら)という梵語が語源だという説、
羽毛のようにパサパサしているからという説、
「何がなんだかさっぱりわからん」を意味する東北地方の言葉との説、などがある。

 飼育方法

 穴の開いた桐の箱の中でおしろいを与えることで飼育でき、増殖したり、持ち主に幸せを呼んだりすると
言われている。
 だが、穴がないと窒息して死んでしまう、おしろいは香料や着色料の含まれていないものが望ましい、
1年に2回以上見るとその効果は消えてしまうなどと言われることもある。
 ケサランパサランを持っているということはあまり人に知らせないほうがいいと言われているため、
代々密かにケサランパサランを伝えている家もあるという伝説もある。

 1970年代後半に、ケサランパサランは全国的なブームとなった。
この時ケサランパサランとされた物の多くは、花の冠毛からできたものであった。




 正体は?

 正体は明らかではなく、以下のように“動物の毛玉”“植物の花の冠毛”などいくつかの説がある。
またはこれらすべてを総称してケサランパサランとして認識されている可能性もある。

 動物性 山形県鶴岡市の加茂水族館ではケサランパサランと思われる物体を展示しており、
ここでは「ワシなどの猛禽類がウサギなどの小動物を食べた際に排泄される毛玉(ペリット)である」と
説明されている。
 また、東北などの寒冷な地域において、小動物が捕食された際に食べ残された毛皮の皮膚の部分が
縮まり、毛を外側にして丸まったものとも言われている。この他、牛や馬などといった動物の胆石や
結石などだという説もある。

 植物性 アザミやオキナグサ、ブタナなどといった植物の花の冠毛が寄り集まって固まったもので
あるとされる。
 ガガイモの種の綿毛とも言われる。
綿状のカビだという説もあり、白粉を与えると増えるというのはこのためだとも言われる。
また、ビワの木でよく目撃されることから「ビワの木の精」とも呼ばれている。
 鉱物性など オーケン石(okenite)や、雪虫、アオバハゴロモの幼虫などが、その正体だとされることもある。

 Youtubeでこんな動画見つけました。
埋め込みコードが出来ないので、文字から飛んでください。



 まあ、真偽のほどは分かりませんが、ケセラン・パサラン何だか気になる存在ですね(○>ω・)ь⌒☆

 ニュースソース
ケサランパサランについて語るスレ:哲学ニュースnwk http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4128993.html …
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B1%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%B3


a0216818_1161861.jpg
                 姫路市立動物園でのケセラン・パサランを展示

 
   ブログ
by utakatarennka | 2013-07-24 11:24 | ブログ