― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

時代屋シリーズ 【 竜田姫と楓の木 】

a0216818_1259810.jpg
表紙はフリー素材 [ 四季の素材 十五夜 ] 様よりお借りしました。
http://ju-goya.com/



詩小説 時代屋シリーズ 其の弐

【 竜田姫と楓の木 】

日本には四季を司る四柱の女神がいます
春を司る佐保姫(さほひめ)
夏を司る宇津田姫(うつたひめ)
冬を司るのは筒姫(つつひめ)
錦秋の紅葉の華やかさは竜田姫(たつたひめ)
風神でもある、秋を司る女神です

ある日、竜田姫は白い牝鹿に変身して
竜田山の森林を散策しておりました
山では楓が真っ赤の染まり
柿や栗の木にはたわわに実って
古い木の株にはきのこも生えています
今年も豊穣の秋だと満足に微笑む竜田姫でした

その時、一本の矢が飛んできて、
牝鹿の脚に突き刺さりました
痛みに嘶く、白い鹿の姿の竜田姫に、
弓矢を持った若武者が走り寄ってきました
「ああ、なんてことをしてしまったんだ」
薬草を牝鹿の脚に塗ってくれたのです

「白鹿は竜田山の精霊に違いない」
どうかお許しくださいと、額ずいて
若武者は何度も謝りました
鹿に変身した竜田姫は元の姿に戻り
「そこな、若武者よ。吾は竜田姫じゃあ」
美しい女神の出現に若武者は驚き目を見張った

燃えるような楓の木の下で
竜田姫と若武者は惹かれあったのです
この場所でふたりは会うようになりました
永遠に時が止まったように
ふたりは手を握り見つめ合っています
不老不死の女神と人間との儚い恋

若武者の国に隣国から兵が攻めてきました
「竜田姫、私は戦(いくさ)に行かねばなりませぬ」
「どうか、ご無事に! 武運長命じゃあ!」
そう唱えると、真っ赤な楓で鎧甲冑を紅く染めた
「吾はこの楓の木に宿って、そなたの帰りを待っています」
紅い鎧甲冑で馬に跨り、若武者は出陣していきました

それから、ずっと楓の木の下で
来る日も、来る日も、来る日も……
ひたすら若武者の帰りを待ち焦がれる
不思議なことに、楓の木は一年中紅葉していた
まるで燃える竜田姫の恋心のように
美しい唐衣裳(からぎぬも)を広げたように

そんな或る日、紅い鎧甲冑姿が通りかかる
だが、その者は待ち望んでいた若武者ではなかった
「紅い鎧甲冑では目立つ、戦では数多の矢が放たれる」
これを身につけていた者は矢に当って死んだという
ああ、なんてこと! 吾が紅く染めた鎧甲冑のせいで
あの若武者が矢に討たれたというのか!?

嘆き、悲しみにくれる竜田姫
宿っていた楓の木が一気に落葉してしまった
葉っぱが風に舞い 秋の空を真っ赤に染め上げて
女神の流した涙で「竜田川」が生まれた
秋風に吹かれると、なぜか切ない気持ちになるのは……
竜田姫の悲恋のせいかも知れません


          
― 終り ―



泡沫恋歌(うたかた れんか)は、ここでも活動しています。
詩誌AVENUE【アヴェニュー】~大通りを歩こう



   創作小説・詩
by utakatarennka | 2015-11-10 13:04 | 詩誌AVENUE