― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

愚詩 = 愚痴 ②

a0216818_11344442.png


 【標語】

カレンダーを捲ると標語が書いてある
『向上する意思があれば道は拓ける』
自信たっぷりのその言葉に釈然としない

テキトーに世間ではそう言うけど
さも正しい事みたいに言い切れる
その根拠は いったい何処にある?

スミマセン! 捻くれ者です
物事ナナメにしか見れません!

だいいち努力なんかしたって
ほとんどの場合が報われないまま
無駄に終って後悔するだけ……

スミマセン! 挫折者です
希望なんか持てません!

くだらない事にムキになって
自分を主張しないと気が済まない
それは器の小さい人間のやる事でしょう?

ハイ! ただの馬鹿です
放って置いてください!



 【 凸凹 】

ちょっとしたことで
ああ、自分はダメな人間だなぁー
と 凹(へこ)んでしまうことがある

次々によぎっていく
失敗 恥 屈辱 凹(負)の記憶たち
どこかに 凹(あな)があったら入りたい!

おまけにトラウマスイッチが入って
心が 凹(へしゃげ)て絶望モードになる
部屋の隅っこで 頭を掻き毟りもがく

あああああぁ―――!!

なんとか立ち直ろうと
好きな音楽を聴く お菓子を摘まむ
少しはテンションが凸(あが)りそう

さらに、好きな人のことを想ったり 
趣味のことなんか考えたりしていたら
凸凸(うきうき)した気分になってきた

なんて単純な人間なんだろう

わたしの心は振り子みたい
ゆらゆらと いつも揺れている

凹(下降) ⇔ 凸 (上昇)行ったり来たりして

心の振り子は揺れるよ 揺れる

凹(へこ)んだり 凸(ふく)らんだり
凸(躁)なったり 凹(欝)なったり

なんて単純な人間なんだろう

今日もわたしは 
居心地の好い心の在り処を探して
心の振り子を揺らし たゆたう

凹(マイナス)から 凸(プラス)思考に
凹(ネガティブ)から 凸(ポジティブ)へ

よ――しっ
チューニングは出来た! 


                      

 【 カマキリの災難 】

昼下がりの公園
子どもたちが四、五人集まって
わいわいやっている
何だろうかと覗きこんだら
身体が一番でかい男の子が
カマキリを手に持っている
青い立派なカマキリだ

「今から、このカマキリ空を飛ぶでぇー」

大きくかぶり振って
男の子は空高くカマキリを放り投げた
放物線状にクルクル回転しながら
フェンス越しの駐車場へ
落下していくカマキリ
そして見事な着地だ

「ウルトラC!」

何もなかったように
駐車場のアスファルトの上を
ヨチヨチと歩き出した
あんな目に合わされたのに
カマキリは平然としている
昆虫って感情とかなさそうだ

だけどカマキリの仲間に会ったら

「おれなあ、今日、大空飛んだんやでぇ」
「マジか? 俺らの仲間ではお前が初めてや」
「そや、凄いやろ」

カマを構えて自慢しているに違いない

     *

華麗に飛べない昆虫カマキリが
初めて蝶々やとんぼのように空を舞った
これは進化の記録として録って置くべき事実だ
たぶん 今日からカマキリは
空を飛ぶための進化のスイッチが入った筈だから

300万年後の地球の空を
カマキリが優雅に舞っていることだろう

その頃 カラスは飛べなくなって
鶏みたいに地べたを這っている
そして 王蟲(オーム)のように
巨大化したダンゴ虫に踏み潰されるのだ

ざまあみろ!

無邪気な午後のひと時と
アホな妄想でした


   ※ カラスに関する記述は「カラスの勝手じゃない」を参照してください。
     筆者のカラスへの恨みが込められています(笑)

     ちなみにカマキリは飛ぶんだという意見を多く頂きましたが、
     私は飛んでるカマキリを見たことないです。


a0216818_11575151.jpg


 【 基準 三詩 】 

『物差し』

幸せとか、不幸とか
いったい誰の
基準で決めるのですか

その基準となる物差しを
いったい誰が
持っているのでしょうか

あなたですか
神さまですか?


『平行線』

君が唱える正しさと
私が考える正しさは

どこまでいっても平行線
交わらない思考と思想

たぶん 正解は
ひとつではないのだろう


『美人』

女は美人に生まれたら
貴族の称号を
与えられたと同じ
まさに特権階級なのだ

賛美の言葉や
貢物の数々で
男たちを下僕にして
我が世の春を謳歌する

同性に嫉妬されても
不敵な笑みを浮かべて
世の中 美人=正義
この図式がまかり通っている

だが私の知る限り(あくまで)
美人はあんがい
幸せになっていない
どこで人生間違えたのか

汚いボロアパートが
昔は美人だった女たちの
墓場になっているから
不思議だったりする


 追記

ただ、
庭の花がきれいに咲いてる家は
それだけで
幸福そうにみえるね



 【 蝉 三詩 】

『蝉大合唱』

夏空に響き渡る
蝉の大合唱
耳が汗かき
体感温度3 ℃上がる


『蝉爆弾』

マンションの外階段に
蝉が落ちていた
そっと跨いで通ろうとしたら
突然!
蝉爆弾がさく裂した

ジジジジジ――――!!

そのけたたましさといったら
耳をつんざく
むかっ腹が立つ
階段から蹴り落としてやった
私はテロには屈しない!


『蝉大往生』

腹返し大往生の
蝉の亡骸に
雌伏六年の大望を果たしたか
訊いてみたい

あー、それから……
うちのベランダで
勝手に死ぬのは
どうかやめてください

a0216818_12044092.jpg

創作小説・詩


by utakatarennka | 2017-07-11 11:50 | 愚詩 = 愚痴