人気ブログランキング |

― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

鳰の海 其の伍

a0216818_08274376.jpg
イラストはフリー素材 [ 四季の素材 十五夜 ] 様よりお借りしました。http://ju-goya.com/


   第五巻 尼になる決意

 その頃、京の都の右大臣家、藤原兼通の屋敷では、信じられない事件が露呈していた。
 兼通は御所の蹴鞠(けまり)の競技で脚を挫いて、しばらく床に臥せっていたのだ。そのことを知らせた文を瀬田の瑠璃姫の元へ寄越したのだが、なんら見舞いの文も来なかった。ずいぶん薄情だと思ったが……兼通は病床の中で、毎日々、姫君に文を書き送っていた。だが、まったく返事がこない。使いの者に様子を見に行かせたが「息災(そくさい)に暮らしています」と伝えられたが、肝心の姫君からの文がない。
 怪我で逢いに行けないので、ご機嫌ななめなのかと京の珍しい品々を瀬田に送り届けたが、姫君からは礼の一文もない。さすがの兼通も「いくら、田舎暮らしとはゆえ、あまりに礼儀がなっていない」と立腹した。
 先日、亡くなった北の方の乳母、笹塚(ささづか)に瀬田の姫君を北の方に迎えたいと相談したばかりだったのに……まさか、瑠璃姫がこんな情愛の薄い女人とは思わなかったと、兼通はすっかり幻滅してしまった。

 それでも、夜になると姫君の褥での愛らしい肢体が忘れられず、悶々としていた。もしかしたら、新しい男が通って来ているのかも知れないと……妄想で嫉妬して眠れなかった。何故、こんな邪険な態度を取るのか、理解に苦しんだ。ふたりは契りあって二世を誓っていたはずなのに……人知れず累々と涙を流した。
 怪我が癒えた頃、兼通は「姫に逢いたい」と、居ても立ってもいられないほど、恋しさが募っていた。自分でも信じられないほど、瑠璃姫に執着していたのだ。瀬田の地へ行って、たとえ姫君が逢ってくれなくとも、遠くからひと目だけでも見たい……そして、愛しい姫君の面影を抱いて、鳰の海に、この身沈めてもよいとさえ思っていたのだ。
 兼通は、家人を呼びつけると、今から瀬田に参るので、牛車の支度をするように言いつけた。その言葉をきいて、いきなり家人のひとりが平伏して泣きながら、兼通に許しを乞うた。その男は笹塚の乳母子(めのとご)であった。

 いきなりの来訪に驚いた侍女たちだったが、無礼を止めるのも聞かず、憤怒した兼通はどかどかと乳母、笹塚の部屋へ入っていった。いつも穏やかな主人はなりを潜め、怒りで顔を紅潮させて、
「乳母殿、隠している物を見せて貰おうぞっ」
 きつい口調で云い放った。その剣幕に怖れをなした笹塚は、隠していた葛篭(つづら)を見せた。葛篭の中には、兼通と瑠璃姫の手紙がいっぱい詰まっている。几帳の奥には瀬田に送ったはずの品々が隠されていた。
「笹塚、これはどういうことだ」
 送ったと思っていた文も、あちらから届いていた文も、全て笹塚が隠していたのだ。まさか、こんなことをすると……怒りを通り越えて呆れてしまった。
「どうか、お許しください。亡き北の方を忘れて、新しい北の方に迎えるのが、どうにも悔しくて……文を隠したり、使いの者に金品を与えて、瀬田には行かず、行ったと嘘をつかせて、ふたりの仲を裂こうとしました。兼通殿が瀬田の姫に愛想を尽かして、諦めてしまえばよいと思ったのでございます」
 乳母は自分の罪を告白すると、泣きながら、
「罪深いことをいたしました。この笹塚、尼になって、亡き北の方の御霊を弔いますゆえ……。どうか、お許しくださいまし……」
 床にぬかづいて詫びられた。笹塚の乳母子はその片棒を担いでいたのだ。兼通に瀬田に行かれれば、すべてが暴かれてしまうので、先に謝ったのだ。

 ――やっと、仔細が分かった。
 兼通は自分に送ってきた、瑠璃姫の文を一通一通丹念に読んだ。急に連絡もなく、通わなくなった自分のことを驚き、嘆き、悲しんでいた――。
 ああ、姫君も自分と同じ気持ちだったのだと分かって嬉しかった。
 次々と文を読み続けていくと……新しい文には姫君が病気になられましたと、乳母の湖都夜から恨みのこもった文面だった。そして、一番新しい文には姫君が尼になられると書いてあった。
「なにっ、尼だと……」
 兼通は驚いた。姫君が尼になってしまったら、何もかも取り返しがつかなくなる。もう、二度と逢えなくなってしまう。――明日が得度式ではないか、何としても止めなくては、もう時間がない、瀬田まで間に合うか。
「馬だ。誰か、馬を持てい」


       **************************************************

 ■蹴鞠《けまり》⇒ 平安時代に流行した競技のひとつ。鹿皮製の鞠を一定の高 さで蹴り続け、その回数を競う競技である。

 ■乳母子《めのとご》⇒ 乳母は、実母に 代わって母乳を与え、育てる女性ですが、乳母子とは、その乳母の実子のことです。




a0216818_14141519.jpg



創作小説・詩

by utakatarennka | 2017-11-05 13:59 | 時代小説