― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

ネットに棲むモンスター ⑦

a0216818_16412300.jpg
表紙はフリー画像素材 Free Images 3.0 OhLizz 様よりお借りしました。http://www.gatag.net/


   第十三章 モンランの世界へ

 まるでスケートをするように、平面の上を滑りながらナッティーと僕は『モンスターランド』に向かって移動していった。
『モンスターランド』の入口で、アバターの服を着替えることにした。ゲーム用の装備に変えたのだ。
 おしゃれなナッティーは女盗賊の衣装にチェンジした。頭に赤いバンダナを巻き、ティンカーベルのような緑のパンツルックに肩から小型のバズーカ砲を提げていた。僕の衣装はナッティーが与えてくれたもので、銀色に輝く甲冑のようなものを身に付け、背中には大きな剣を背負っている。どうやら僕は戦士のようだ。
『モンスターランド』では、自分のキャラを盗賊・魔術師・僧侶・戦士と四種類のキャラから選べる。

 僕らは秋生に成りすましたキャラがいると思われる。『モンスターランド』のステージ(stage)の奥へ進んでいった。
 ナッティーの話に寄ると、昨日見た時の、そのキャラはレベル90以上だったそうだ。このゲームの上限レベルは100だから――相手はかなり強い。
 ちなみに、ナッティーがレベル70で、僕はたった23しかない……これっぽっちのレべルで戦えるのか? こんな弱い僕のために、ナッティーが『不死身の甲冑』と『無敵の剣(つるぎ)』という強いアイテム(武器)を付けてくれた。
 ――とにかく、どんな敵か分からないが、秋生のキャラを使っていることは見過ごせないし、絶対に許せない!

  ステージも最終面に近い所まできた――。
 パソコンの画面で見るゲームの世界と違って、二次元に入り込んで見た『モンスターランド』は3Dのため、音や振動、熱まで感じて、真に迫るど迫力だった。
 リアル世界で僕は剣道部員だが、ゲームの世界で、果たして、その技が使えるかどうかは分からない。秋生の偽者キャラとも戦わなければいけないが、ここには凶暴なモンスターたちがウジャウジャいるのだ。
 時々、モンスターの咆哮が轟いて僕はびっくりして首をすくめる。

「ナッティー、モンスターの声が聴こえるね」
「ここは『ソドムの魔境』っていうステージで、強いモンスターたちが棲んでいるのよ。前に秋生くんとクエストできたけど、モンスターがめっちゃ強くて……もう歯が立たなかったわ」
「大丈夫かなぁ……敵に会う前にモンスターに殺(や)られそうだ」
「今はツバサくんも幽霊の仲間だけど、外部に肉体があるから殺られたら、ちょっとマズイかも知れないなぁ……」
 ナッティーの言葉で余計に不安が募ってきた。
「――もし本物の幽霊になったら、ナッティーに弟子入りするさ……あははっ」
「幽霊道をバッチリ仕込んであげるからね。うふふっ」
 など、と力なく笑っていたら、いきなり真っ赤な炎の球が飛んできて、目の前で爆発した。
 間一髪、避けられたが肝を冷やした。

 で、出たっー! 巨大なモンスターがこっちに向かって全力で走ってくるではないか!? ナッティーと僕は戦闘態勢に身構えた――。

    ※ クエストとは、ロールプレイングゲームにおいて、
     ゲームマスターから提示されたミッションをこう呼ぶ事がある。

a0216818_17022267.jpg


   第十四章 二次元の戦い

 そのモンスターは、恐竜のステゴサウルスとティラノサウルスを合体させたような奴だった。剣竜と呼ばれるステゴサウルスは背中に剣のような骨質の板がある。しかも、そいつはティラノサウルスのように二足歩行で、もの凄いスピードで迫ってくるのだ。
 大きな頭には耳まで裂けた口があり、鋭く尖った牙が異様の大きく、あれで噛み付かれたら一溜まりもない。
 そいつを見た瞬間、恐怖で僕の身体は硬直してしまった――。

「ツバサくん! なにボーとしているの!」
 ナッティーの叫び声で、ハッと我に返った。いきなり戦局は大いに不利だった。目前にモンスターが迫ってきている。
「戦うのよー!」
「おうっ!」
「うりゃああああぁ―――!!」
 奇声を発しながら、ナッティーはモンスターに向けてバズーカ砲を乱射している。それに対して炎の球を口から飛ばしてモンスターが応戦してくる。バズーカ砲と炎の球がさく裂して、あたり一面は炎と白煙、そして爆風が吹き荒れた。
 ヤバイ! 僕も背負った『無敵の剣』を抜くと、モンスターの頭部に一撃を与えたが敵はビクともしなかった。今度は目を狙って斬り込んだが、口から吐く炎の球に阻まれて近づくこともできない。ナッティーは手榴弾のようなものをモンスターに投げつけて応戦していたが、まったく歯が立たない。
 ――な、なんて、強いモンスターなんだ!

 モンスターの巨大な尻尾にはらわれて、僕らは跳ね飛ばされ、地面に叩きつけられた。hpがどんどん下がっていく……このままでは回復できないまま死んでしまう。ナッティーも僕も満身創痍でほうぼうの体だった。地べたにうっぷし、這いずり回って逃げる。
……そんな僕らに笑い声が聴こえてきた。

「あははっ、なんだ、だらしがないなあー、おまえらの戦力はその程度か?」
 見上げると真っ黒な魔術師の衣装を付けたアバターが立っていた。そいつはまさしく秋生が使っていたキャラだった。
「おいっ、虫けら立ち上がって俺と戦え!」
 そういった瞬間、僕の身体はふわりと起き上がった。
「お、おまえは誰だ!? なぜ秋生のキャラを使っているんだ?」
「ふん! 屑どもめ、俺が叩き潰してやる!」
 そいつのレベルを見て驚いた、280もある。このゲームのレベル上限は100のはずなのにどういうことだ? ゲームの仕様を変えるほど強烈なパワーをこいつは持っているというのか!?

「今から仲間のいる所へ送ってやるぜ! おまえの行き場所はHell(地獄)だ!」
 そいつは魔法の杖を天にかざして呪文を唱え出した。
 僕の身体は金縛りにあったように動けない、魔術師の身体から真っ黒なオーラがうねる蛇のように発散されている。たぶん、そのオーラに包まれたら、間違いなく僕は死んでしまう――。
「ああ、もうダメだ……」
 観念して目を瞑った瞬間、もの凄い力が僕を弾き飛ばした。
「ツバサくん、逃げてぇ―――!!」
 必死の形相でナッティーが僕を二次元の壁に放り投げていた。ナッティーのさく裂ボンバーに魔術師も一瞬ひるんだようだ。
「自分のパソコンへ帰るのよ! 早くー!!」
 僕のhpは低過ぎて、これ以上は戦えない――。

 あたふたと二次元の壁を這い上がって、スルリとパソコンの画面を抜けると、僕はリアルの世界へ戻ってきた。
『モンスターランド』では、たった一人でナッティーがモンスターと戦っている。
「スマナイ……ナッティー……」
 自分の無力さに僕は涙が込み上げてきた。

 その時だ、ゲーム画面のナッティーがモンスターに掴まれた! 
 そして頭から噛み付かれて、鋭い牙にナッティーは挟まれていた。モンスターに咥えられた無残なナッティーを映したまま、急にパソコンの画面がフリーズして動かなくなってしまった。
 もう一度『モンスターランド』に戻ってナッティーを助けたいが――それもできない。
「ナッティー! ナッティ――――!!」
 僕はパソコンの画面に向かって、叫ぶことしかできなかった。



a0216818_16274368.png



創作小説・詩

by utakatarennka | 2018-03-20 16:58 | ミステリー小説