人気ブログランキング |

― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

2019年 06月 15日 ( 1 )

柚月祐子「慈雨」

a0216818_15545249.jpg
画像はTwitterから流れてきたものをお借りしました。


かつて読書家だった私ですが、
最近は創作することばかりに腐心して
本も読まず、読書の楽しさを忘れてしまっていた。

面白い物語を書くためには、
私自身が読者の視点に戻るべきだと考え
『読書日誌』を付けようと思い立った次第であります。

最近では紙の本だけではなく、
楽天Koboにて、電子書籍での読書もしています。




 ■ 著書名 ■

『慈雨』

 ■ 著者 ■

柚月祐子

 ■ 出版社 ■

集英社文庫

 ■ ジャンル ■

小説

 ■ あらすじ ■

警察官を定年退職し、妻と共に四国遍路の旅に出た神場。
旅先で知った少女誘拐事件は、16年前に自らが捜査にあたった事件に酷似していた。
手掛かりのない捜査状況に悩む後輩に協力しながら、神場の胸には過去の事件への悔恨があった。場所を隔て、時を経て、時代をまたぎ、織り成される物語。
事件の真相、そして明らかになる事実とは、安易なジャンル分けを許さない、芳醇たる味わいのミステリー。

 ■ 感想 ■

正直な感想としては、この程度のトリックにこんな長い頁が必要なのかと感じた。
旅行ガイドとして四国遍路について詳細に描かれているが、読者としてはもっと話の先の展開が早い方が嬉しい。
読んでいてモヤモヤしてくるし、まあ、だいたい予想通りのオチだったけどね。

 ■ 評価 ■

★★★

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

慈雨 (集英社文庫(日本)) [ 柚月 裕子 ]
価格:820円(税込、送料無料) (2019/6/12時点)



ブログ
by utakatarennka | 2019-06-15 15:16 | 読書日誌