― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

カテゴリ:神社参拝( 35 )

談山神社 35

a0216818_6475085.png


談山神社


a0216818_15580853.jpg


談山神社(たんざんじんじゃ)は、奈良県桜井市の多武峰(とうのみね)にある神社。
大和七福八宝めぐり(三輪明神、長谷寺、信貴山朝護孫子寺、當麻寺中之坊、安倍文殊院、おふさ観音、談山神社、久米寺)の一つに数えられる。



a0216818_16002343.jpg
桜と紅葉の名所です


a0216818_16182344.jpg
神仏分離以前は寺院だったらしい


a0216818_15590762.jpg
長い石段が続いています


a0216818_16000915.jpg
これが御手洗です


a0216818_16004981.jpg
今年の絵馬でした


a0216818_16003982.jpg


 祭神

中臣鎌足(談山大明神・談山権現)。

 由来

鎌倉時代に成立した寺伝によると、藤原氏の祖である中臣鎌足の死後の天武天皇7年(678年)、長男で僧の定恵が唐からの帰国後に、父の墓を摂津安威の地(参照:阿武山古墳)から大和のこの地に移し、十三重塔を造立したのが発祥である。


談山神社の御朱印


a0216818_16154607.jpg


 アクセス

 鉄道
近鉄大阪線・JR桜井線にて桜井駅下車
桜井駅南口より談山神社行(または多武峰行)バス

a0216818_16205153.jpg




ブログ
by utakatarennka | 2018-04-13 15:54 | 神社参拝

日吉大社 34

a0216818_6475085.png


日吉大社


a0216818_17004582.jpg


日吉大社(ひよしたいしゃ)は、滋賀県大津市坂本にある神社。
式内社(名神大社)、二十二社(下八社)の一社。
旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。
境内大宮橋は日本百名橋に選定されている。
全国に約2,000社ある日吉・日枝・山王神社の総本社である。



a0216818_17011263.jpg
とても立派な鳥居でした


a0216818_17025511.jpg
これが御手洗です


a0216818_17022915.jpg


 主祭神

西本宮:大己貴神(大国主神に同じ)
東本宮:大山咋神

 5摂社
牛尾宮:大山咋神荒魂 - 大山咋神の荒魂
樹下宮:鴨玉依姫命
三宮宮:鴨玉依姫命荒魂 - 鴨玉依姫命の荒魂
宇佐宮:田心姫神
白山宮:菊理姫命

 歴史

平安京遷都により、当社が京の鬼門に当たることから、鬼門除け・災難除けの社として崇敬されるようになった。
神階としては、元慶4年(880年)に西本宮の祭神が、寿永2年(1183年)に東本宮の祭神が、それぞれ正一位に叙せられた。
『延喜式神名帳』では名神大社に列格し、さらに長暦3年(1040年)、二十二社の一社ともなった。
2006年(平成18年)6月7日、歴史的風土特別保存地区に指定された。


日吉大社の御朱印


a0216818_17031699.jpg


 アクセス

 鉄道
比叡山鉄道(坂本ケーブル)ケーブル坂本駅から北へ5分
京阪石山坂本線 坂本比叡山口駅から西へ8分
JR西日本湖西線 比叡山坂本駅から西へ15分

 自動車
湖西道路坂本北ICから南西へ1.8km
国道161号から西へ1.6km

a0216818_17015629.jpg




ブログ
by utakatarennka | 2018-03-17 16:45 | 神社参拝

近江神宮 33

a0216818_6475085.png


近江神宮


a0216818_15554191.jpg


近江神宮(おうみじんぐう)は、滋賀県大津市に鎮座する神社。
皇紀2600年を記念して同年に相当する1940年(昭和15年)に創祀された。



a0216818_15560836.jpg
競技かるたで有名な神社です


a0216818_15571757.jpg
映画やアニメ「ちはやふる」の舞台になってます


a0216818_15581425.jpg
これが御手洗です


a0216818_16110135.jpg
中華風の狛犬にみえます


a0216818_15565126.jpg


 主祭神

天智天皇(又の御名:天命開別大神(あめみことひらかすわけのおおかみ))
神徳: 時の祖神 開運・導きの大神、文化・学芸・産業の守護神

 由来

天智天皇6年(667年)に同天皇が当地に近江大津宮を営み、飛鳥から遷都した由緒に因み、紀元2600年の佳節にあたる1940年(昭和15年)の11月7日、同天皇を祭神として創祀された。
天智天皇の百人一首の歌の歌碑も設置され、柿本人麻呂・高市黒人の万葉歌碑、弘文天皇(大友皇子)の御製漢詩碑、芭蕉句碑、保田與重郎の歌碑など多くの歌碑・句碑が作られている。


近江神宮の御朱印


a0216818_15593439.jpg


 アクセス

 鉄道
京阪石山坂本線 近江神宮前駅から北西へ0.6km。
JR西日本湖西線 大津京駅から北西へ1.1km。

 自動車
西大津バイパス 南志賀ランプから南へ0.4km。
国道161号から西へ1.1km。

a0216818_16411798.jpg




ブログ
by utakatarennka | 2018-03-16 15:52 | 神社参拝

蹉跎神社 32

a0216818_6475085.png


蹉跎神社


a0216818_12403872.jpg


蹉跎神社(さだじんじゃ)は、大阪府枚方市にある神社(天満宮)である。
蹉跎天満宮、蹉跎山天満宮とも呼ばれる。(「跎」は{足它})

菅原道真(天神様)を祭神とする。神体は菅原道真の像で、道真が自ら作らせたものと伝えられる。



a0216818_130492.jpg
右の狛犬


a0216818_131352.jpg
左の狛犬


a0216818_1322869.jpg
蹉跎神社は氏神さまなのでお正月の二日に初詣にいきました


a0216818_1334721.jpg


 主祭神

菅原道真公

 摂社

皇太神宮
金比羅神社(事代主神)
春彦神社(市寸島毘売尊)
稲荷神社

 歴史

延喜元年(901年)、菅原道真が大宰府へ左遷される途中、山の上で休憩し、都の方を望んで名残を措しんだ。
その場所を「菅相塚」という(現寝屋川市菅相塚町)。
その後を娘の苅屋姫が追いかけたが、あと少しの所で間に合わず、足摺り(=蹉跎)して嘆いたという。
ここから、その山を「蹉跎山」と呼ぶようになった。
大宰府でその話を聴いた道真は、三尺二寸の自身の木像を作って娘に送ったという。
天暦5年(951年)、蹉跎山に社殿を造営して木像を祀り、近隣25箇村の産土神としたのが
当社の始まりと社伝に伝える。

a0216818_1393275.jpg
日ごろは森閑とした場所だが、お正月は初詣で賑わっていた


a0216818_13193897.jpg
お正月に引いたおみくじは「吉」でした


a0216818_13202944.jpg
毎年、蹉跎神社でかっている破魔矢です


a0216818_13213995.jpg


蹉跎神社の御朱印


a0216818_1323756.jpg


 アクセス

京阪電車本線の光善寺駅で下車し、線路沿いに八尾枚方線を南に600m歩くと
神社参道入口の「郷社蹉跎神社」の石標があり、そこから真っ直ぐの緩やかな坂道の蹉跎参道があります。

a0216818_16104673.jpg




   ブログ
by utakatarennka | 2017-01-12 13:27 | 神社参拝

貴船神社 31

a0216818_6475085.png


貴船神社


a0216818_1435277.jpg


貴船神社(きふねじんじゃ)は、京都府京都市左京区にある神社。
式内社(名神大社)、二十二社(下八社)の一社。
旧社格は官幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。

全国に約450社ある貴船神社の総本社である。
地域名の貴船「きぶね」とは違い、水の神様であることから濁らず「きふね」という。



a0216818_1474770.jpg
神馬の像があった


a0216818_1411219.jpg
御手洗は水神なので龍でした


a0216818_141226.jpg


 主祭神

高龗神 (たかおかみのかみ)

 歴史

創建の年代は不詳であるが、社伝では反正天皇の時代の創建としている。
社伝によれば、神武天皇の母である玉依姫命が、黄色い船に乗って淀川・鴨川・貴船川を遡って当地に上陸し、
水神を祭ったのに始まると伝えている。
社名の由来は「黄船」によるものとし、奥宮境内にある「御船型石」が、玉依姫命が乗ってきた船が
小石に覆われたものと伝える。
「気の産まれる根源」が転じて「気生根」になったともいう。

a0216818_14161962.jpg
FacebookやTwitterなどネット社会にも対応している


a0216818_14182618.jpg
せり出した舞台がある


a0216818_1420469.jpg


貴船神社の御朱印


a0216818_14222497.jpg


 アクセス

叡山電鉄鞍馬線 貴船口駅から
バス:京都バス(33系統)「貴船」バス停下車 (下車後徒歩約5分)

貴船口駅からのバスは、春分の日から11月末日頃の日曜日および年始(初詣時期)に運行
徒歩:片道約25分(2.1Km)

a0216818_14244966.jpg


by utakatarennka | 2016-12-24 13:57 | 神社参拝

由岐神社 30

a0216818_6475085.png


由岐神社


a0216818_13313847.jpg


由岐神社(ゆきじんじゃ)は、京都市左京区鞍馬本町にある神社である。
鞍馬寺の鎮守社である。通称靫明神(ゆきみょうじん)。




a0216818_13334891.jpg
鞍馬山にあります


a0216818_1336495.jpg


 主祭神

大己貴命と少彦名命を主祭神として「由岐大明神」と総称し、八所大明神を相殿に祀る。

 歴史

祭神は元は宮中に祀られていたが、都で大地震・天慶の乱が起き、当時の天皇である朱雀天皇の勅により、
天慶3年(940年)、鞍馬の地に遷宮をし、北方鎮護を仰せつかった。
例祭の鞍馬の火祭は、そのときに里人がかがり火を持って神霊を迎えたことによるものである。

「靫明神」という社名は、天皇の病や国難時に神前に靫(ゆき)を献じて平穏を祈ったことによる。
洛中の五条天神社は、国難時にその責任を取って「流罪に処す」として国の役人が神社の扉に靫を架けて
閉じるということが行われていたが、『徒然草』によれば由岐神社でも同様のことが行われていたという。
由岐神社と五條天神社は祭神が同じである。

a0216818_1340945.jpg
大杉社の神木は、京都市指定天然記念物


a0216818_13422952.jpg


由岐神宮の御朱印


a0216818_13455435.jpg


 アクセス

京都市左京区鞍馬本町1073番地

a0216818_1350820.jpg




   ブログ
by utakatarennka | 2016-12-23 13:55 | 神社参拝

吉野神宮 29

a0216818_6475085.png


吉野神宮


a0216818_21331552.jpg


吉野神宮(よしのじんぐう)は、奈良県吉野郡吉野町に鎮座する後醍醐天皇を祭神とする神社。




a0216818_21352321.jpg
一の鳥居です


a0216818_21362717.jpg
左側の狛犬さん


a0216818_21371933.jpg
右側の狛犬さん


a0216818_21382993.jpg
御手洗所


a0216818_21391161.jpg


 主祭神

後醍醐天皇

 歴史

南朝の後村上天皇は、父の後醍醐天皇が延元4年(1339年)に崩御した後、
その像を吉水院に安置した。
以降、仏教式の供養が行われていたが、明治時代に入って神仏分離により
明治6年(1873年)に吉水院を後醍醐天皇社という神社に改めた。

2年後に吉水神社と改称して後醍醐天皇を祭神とする神社となった。


a0216818_214265.jpg
結構、山奥の神社でした


a0216818_2144184.jpg


吉野神宮の御朱印


a0216818_21451497.jpg


 アクセス

鉄道:近畿日本鉄道吉野線吉野神宮駅より約1km。
道路:国道169号

a0216818_21471772.jpg





   ブログ
by utakatarennka | 2016-07-14 21:31 | 神社参拝

橿原神宮 28

a0216818_6475085.png


橿原神宮


a0216818_16502391.jpg


橿原神宮(かしはらじんぐう)は、奈良県橿原市の畝傍山の東麓、久米町に所在する神社である。




a0216818_165366.jpg
奈良の神社は京都のように派手さはないけど落ち着きます


a0216818_1658755.jpg
鳥居も木造りで趣のある神社です


a0216818_20545810.jpg
手水の作法が書かれています


a0216818_2053138.jpg
立派な御手洗所です


a0216818_2057738.jpg
日本の皇室は世界一長い歴史があります。エンペラーと呼ばれるの天皇陛下だけです。


a0216818_20522540.jpg


 主祭神

神武天皇

 歴史

記紀において初代天皇とされている神武天皇を祀るため、
神武天皇の宮(畝傍橿原宮)があったとされるこの地に、
橿原神宮創建の民間有志の請願に感銘を受けた明治天皇により、
1890年(明治23年)4月2日に官幣大社として創建された。

1940年(昭和15年)には昭和天皇が同神社に行幸し、
秋には日本各地で紀元2600年奉祝式典が挙行された。
この年の参拝者は約1000万人に達したという。
現在でも皇族の参拝がある。


a0216818_2102310.jpg
山に囲まれた静かな神宮でした


a0216818_2184419.jpg


橿原神宮の御朱印


a0216818_216481.jpg


 アクセス

橿原神宮前駅 - 近鉄南大阪線・橿原線・吉野線
畝傍御陵前駅 - 近鉄橿原線
橿原神宮西口駅 - 近鉄南大阪線

a0216818_21162726.jpg





   ブログ
by utakatarennka | 2016-07-13 16:45 | 神社参拝

白兎神社 27

a0216818_6475085.png


白兎神社


a0216818_2146597.jpg


白兎神社(はくとじんじゃ)は、鳥取県鳥取市に所在する神社。



a0216818_21502262.jpg
白兎神社は因幡の白兎から由来しています


a0216818_21522562.jpg
砂で造られた大国主と八上姫神と白兎


a0216818_21541563.jpg


  主祭神

白兔神(はくとしん) ― 因幡の白兎のこと

a0216818_2158530.jpg
古めかしい御手洗所


a0216818_2242147.jpg
神殿


 由来

白兔神は日本神話に登場する因幡の白兎のことであり、その説話の内容から皮膚病に霊験のある神として、
また、大国主と八上姫神との婚姻を取り持ったことから特定の人との縁結びの神としてかなわぬ恋をかなえ、
特定の人との親交をより深めると信仰される。

さらに、遠国の人もこの兎に願えば早く国に帰れるという。また医療の神でもある。

白兎神社の御朱印


a0216818_2230444.jpg


 アクセス

■ JR鳥取駅から路線バス約40分

■ 中国自動車道「佐用JCT」ー鳥取自動車道「鳥取IC」、鳥取ICから車で約20分、
  佐用JCTから車で約1時間30分。

a0216818_22163810.jpg





   ブログ
by utakatarennka | 2016-05-11 22:18 | 神社参拝
a0216818_6475085.png


下鴨神社


a0216818_119773.jpg


賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は、京都市左京区にある神社。
通称は下鴨神社(しもがもじんじゃ)。

ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されている。



a0216818_11141114.jpg
下鴨神社は世界遺産に登録されています


a0216818_1115477.jpg
お祭りに使うのでしょうか? 朱雀のハリボテ人形


a0216818_11121629.jpg
自分の干支を選んでお参りができます


a0216818_11105741.jpg


  主祭神

東殿:玉依姫命 (たまよりひめのみこと) - 賀茂別雷命(上賀茂神社の祭神)の母

西殿:賀茂建角身命 (かもたけつぬみのみこと) - 玉依姫命の父


a0216818_1129404.jpg
これが日本国歌にうたわれている「さざれ石」です


a0216818_1132365.jpg
この字は糺の森(ただすのもり)と読みます


a0216818_11345276.jpg


 歴史

京都の社寺では最も古い部類に入る。

社伝では、神武天皇の御代に御蔭山に祭神が降臨したという。
また、崇神天皇7年に神社の瑞垣の修造の記録があるため、この頃の創建とする説がある。

上賀茂神社とともに奈良時代以前から朝廷の崇敬を受けた。
平安遷都の後はより一層の崇敬を受けるようになり、大同2年(807年)には
最高位の正一位の神階を受け、賀茂祭は勅祭とされた。

『延喜式神名帳』では「山城国愛宕郡 賀茂御祖神社二座」として名神大社に列し、
名神・月次・相嘗・新嘗の各祭の幣帛に預ると記載される。

弘仁元年(810年)以降約400年にわたり、斎院が置かれ、皇女が斎王として賀茂社に奉仕した。


下鴨神社の御朱印


a0216818_1140933.jpg


 アクセス

■ 鉄道 最寄駅:京阪電鉄 出町柳駅 (徒歩約10分)

■バス 京都市営バス(1・4・205系統)で、「下鴨神社前」バス停下車 (下車後徒歩すぐ)
     なお、「下鴨神社前」バス停は本殿に最寄りであるが、西参道となる。

     糺の森を通る表参道からの参拝や、表参道入口近くの摂社・河合神社への参拝は、
     上記と同系統の「新葵橋」バス停が近い。

■ 車 駐車場:有り

a0216818_11425795.jpg


by utakatarennka | 2015-08-14 11:47 | 神社参拝