― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

<   2011年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

近江八幡水郷めぐり

a0216818_18355625.jpg

職場の仲間と義理の姉と女ばかり5人で、「ブルーベリー狩りと近江八幡水郷めぐり」
という、日帰りバスツアーに行って来ました。

クイックで説明すると、8時15分に集合場所でバスに乗り込んで、
まず、ブルーベリー狩りで食べ放題でした。
だけど、木からもいで食べるブルーベリーは、目には良いけど、
さほど甘くもないし、美味しくない。
やっぱし、ブルーベリーはジャムが一番ですね。

a0216818_11133419.jpg

a0216818_10473654.jpg

その後、バスで移動
「もりやま芦刈園」という
ところで、あじさいを見ました。

「世界のあじさいの殿堂」として、
日本のあじさい50品種5000株
西洋のあじさい50品種5000株

a0216818_10553360.jpg

日本と西洋のあじさいが10000本で
見渡す限りの、あじさい園でした。

だけど……
もう旬が過ぎていて、やや萎れてました。

昼食に「近江牛陶板焼きと名物ざる豆腐」
というのを食べました。
a0216818_10401251.jpg

いよいよ「近江八幡水郷めぐり」
に向かいます。

バスツアーなので、
手漕いの渋い小舟ではなく……
モーター付きのボートでシャーと水郷を
駆けめぐりました。


思ったほど、情緒がなかったのは残念、ひたすら、琵琶湖名物の葦の穂が見えるだけ。

a0216818_11141072.jpg


 ↓ 一応、動画も撮ったので、ご覧くださいね。  


   ブログ
by utakatarennka | 2011-06-27 11:20 | 旅・紀行文
a0216818_18255512.jpg


 ↓「死ぬときに後悔すること25」という本の紹介文です。

      「死ぬときに後悔すること」ベスト10

 余命、数週間。不自由な体、満足に歩くこともできない。日中も寝ている時間が多くなり、頭もうまくはたらかない ──そんな人生の最終章の人に向かって、こう問いかける。   

     いま、後悔していることは、何ですか? 

「死ぬときに後悔すること25」の著者は、終末期における緩和医療に携わる医師。現場で見聞した、「余命いくばくもない状態で、後悔すること」をまとめたのが本書なのだ。得られた答えは、多様でいて一様だし、複雑なようで単純だったりする。

 もうすぐ自分が死ぬと分かっている人が、何を悔いているのか。これを知ることで、わたしの人生で同じ後悔をせずにすむのだろうか。考え考え読んで、いくつかの「先立つ後悔」を得ることができた。後悔は後からしかできないものだが、これはわたしにとって「先悔」となるものを、ランキング形式でご紹介。本書では25章に分かれているが、わたし流にベスト10に絞ってみた。


   第10位 健康を大切にしなかったこと

 著者によると、「健康を大切にする」とは、宣伝を信じてサプリを摂ることではなく、定期的に検査をし、医師のアドバイスに従うことだという。もっと具体的に言うと、四十超えたら、毎年人間ドックで検査してもらえという。

   「先生、もう少し早く検査をしておけばよかった…」

 終末医療の現場にて、このセリフをよく聞くそうな。もちろん、検査をしておけば100%発見できるとは限らないが、検査をしておけば発見できた可能性もあるわけだ。それゆえ、検査しなかったことに煩悶する人が後を絶たないという。

 著者に言わせると、最初に金を使うか、そうでないかだけの違いだという。金銭を惜しまず人間ドックを定期的に受診するのは、いわゆる富裕層で、テレビの怪しげな情報を鵜呑み、予防に金をかけるのを厭うのが一般層だという。結果、早期発見で縮小手術で根治する金持ちと、進行がんになってから見つかり、金のかかる抗がん剤の副作用に苦しみながら死んでいく庶民の構図が見える。予防の1オンスは治療の1ポンドに勝るというやつか。


   第9位 感情に振り回された一生を過ごしたこと

 おそらくこれは、わたしも同じ後悔に陥るかも。誰かを恨んだりうらやんだり、怒ったり泣いたりして、あれこれと心を惑わせていくだろう。そして、自分の死に際になってはじめて、そんなことは「自分の死」からすれば、微々たるものだということに気づくだろう。最期になって振り返ってみると、「何であんなに泣いたり、怒ったりしたのか分かりません」という気持ちになるに違いない。

 こうしたことを、もっと前に知っていれば、もっと穏やかに生きられたのに。自分の感情に左右されずに、冷静な判断ができたはずなのに───ちょうどいい訓練として、「自分の死に際を徹底的に想像しつくすこと」がある。ひとは生きてきたように死ぬ。自分が「正しい」と思う死に方を目指すことは、そのまま、自分が「正しい」と思う生き方に直結している。これは、隆慶一郎「死ぬことと見つけたり」で学んだ。


   第8位 仕事ばかりだったこと

 これは耳に痛い。社畜に甘んじていても、銭のためと割り切っていても、どこまで行っても仕事から離れられないのは悲しい。島耕作のようにセルフ洗脳する人生もアリなのだが、本書では六十代で末期がんの女性が出てくる。家族を犠牲にしてまで、仕事に励んできたそうな。仕事だけが、寄りかかれる柱だった人生。だから彼女は、体力が落ち、歩くのが難しくなり、呼吸困難になっても、仕事に行くことを望んだのだ。

 仕事人間から仕事を取り上げると、老いるのも死ぬのも早い。そんな人生を望んだのなら、それでもいいのだが… 仕事以外で生きがいを見つけたとき、「もっと早くに知っておけばよかった」と後悔するのかもしれない。


   第7位 子どもを育てなかったこと

 ありがたいことに、わたしには子どもがいる。子どものおかげで生きてこれたようなものだ。いっぽう、さまざまな理由で、子どもがいないまま人生を終える人がいる。著者の経験によると、「子どもなんていなければよかった」という人は一人もいないそうな。反面、「子どもがいればよかった」という人は少なくないという。事情は人それぞれかもしれないが、心に留めておきたい。


   第6位 タバコを止めなかったこと

 かつてのわたしも含め、タバコを日常的に吸っている人は、「喫煙は自己責任」だと自覚している(はずだ)。他人にメーワクをかけないように吸えば、誰に文句を言われる筋合いもなし、と思っている。「タバコで病気になっても、自分で決めたことだから」とか、「太く短く生きるのだ」と広言する人もいる。

   「肺気腫でこんなに苦しい思いをするなら、タバコを止めればよかった」

 まさに、あとの祭り、そのもの。死ぬ前に後悔することとして、「健康を大切にしなかったこと」があるが、それとは別個にタバコについて章が立てられているほど、この後悔は深いようだ。最初の頃、「リスクは承知の上」だと強弁していても、死が避けられないものとして近づくにつれ、おしなべてタバコの恐怖に押しつぶされる。


   第5位 行きたい場所に行かなかったこと

 これは二通りあるそうな。旅行という意味と、会いたい人という意味に分かれている。体力が落ちると移動すらままならなくなる。特に、会いたいという人がいるならば、思ったその場で会いに行けという。相手がこの世を去ってしまうこともあるのだから。そんな人の後悔を見越して「一期一会」という言葉はあるのだが、実践はなかなか難しい。

 旅行はできるうちに。会いたい人は、会えるうちに。


   第4位 自分のやりたいことをやらなかったこと

 耐えて忍んでガマンして、いまわの際になって初めて、自分に嘘をついて生きてきたことに気づく。本当にしたかったことを後回しにしてきた結果、もう回すべき「後」がないことが分かる。

   「先生、ひたすら耐えるだけの私の人生は、何だったんでしょう?」

 空気読みすぎた人生。仕事、家庭、血縁、夢や望みを犠牲にした(と本人は思っている)人生。「忍従」は美徳の一つと言われているが、人生のラストでこんな思いに囚われるなんて… かわいそうとしか思えない。あるいは、ひょっとすると、実現する「いつか」を糧にして生きてきたのだろうか?


   第3位 自分の生きた証を残さなかったこと

 
 若くして幼い子どもを残して逝くような場合、この後悔が多いという。子どもは親の死を理解できないため、何らかのメッセージを残していくという。つまり、お父さんあるいはお母さんはこういう人間で、こういう風に生きたんだよ、と将来子どもが読むための手紙やビデオレターを残すんだ。

 たとえば、映画「マイ・ライフ」がまさにそうだったね。予告編だけで号泣した映画も珍しい。あるいは、映画「死ぬまでにしたい10のこと」は、ボイスレターだった。「娘が○歳になったら聞かせること」というメモをつけて、その年頃の娘へのアドバイスや注意を吹き込む。これらの映画は、ハンカチじゃなくてタオルが必要だ。人生は有限だが、ときどきそのことを忘れてしまう。自分の死を思い起こす仕組みをつくり、定期的にくりかえすことが肝要かと。映画や本は、そのための良いツールだね。


   第2位 美味しいものを食べておかなかったこと

 病であれ、老いであれ、死期が迫ると、味覚が変わることが多いようだ。さらに、食欲そのものが落ちてくる。食べようとしても、「その気にならない」ようになり、たとえ無理に口にしても、「砂をかむような気分」になるという。

 こんな状態になって、食べられなかったことや、もっと食べておけばよかったと後悔する人が出てくる。舌がんの摘出手術をする人の、最後の晩餐につきあったことがある。舌の大半を取ってしまうので、食事は流動食になる。懐具合より、居酒屋の刺身盛りが精一杯の贅沢だったが、それでも彼は美味しそうに、本当においしそうに、味わっていた。食べることは生きること、生きることとは食べることを、彼から教わった。


   第1位 愛する人に「ありがとう」と伝えなかったこと

 「ありがとう」、「すばらしい」、「素敵です」、「好きです」、「愛しています」… 人との交わりの嬉しいことやポジティブな面に目を向けて、そいつを言葉で示す。これらはタイミングもあるが、人に対する「姿勢」のようなものではないかと考えている。だから、こうした言葉はチャンスを捕まえて積極的に使っていきたい。「ありがとう」が言い足りなかった人生は、後悔の連続だろう。ありがとうは最強の言葉。言われた人も、言う人も幸せにする魔法の言葉なのだから。

ベスト10はこれにておしまい。本書には他にもさまざまな後悔が出てくる。「遺産をどうするか決めなかったこと」、「治療の意味を見失ってしまったこと」、面白いといったら不謹慎だが、「子どもを結婚させなかったこと」なども。わたしなら、「読みたい本を読めなかったこと」が入ってくるかも。そうならないためにも、世の時評に振り回されない選書眼を養わないと。

 他人(ひと)の死にざまから、己の生きざまを学ぶ、格好の事例集として読みたい。

 ↑ 参考になりましたか? 死んだらお終い! 生きてる内に楽しみましょうね(○>ω・)ь⌒☆


ネットの友人Mockin87さんのYoutubeの動画です。
美しい音楽と可愛らしい名画のコラボで心が癒されますよ。




   ブログ
by utakatarennka | 2011-06-20 08:21 | ブログ

五行歌 恋歌

   「五行歌」とは、  

 ① 俳句のように「季語」は要りません。
 ② 短歌の「57577」のリズムも要りません。
 ③ 唯、単に「五行」に作るだけです。
 ④ 1行の文字数も自由です。
 ⑤ 古文の素養は必要ありません。  


a0216818_21451219.jpg



触れ合うだけで
愛を信じられるなら
こんなに何度も
『 愛してる 』と
繰り返したりしない



いま確かなもの
貴方の掌の温もり
キスより確かなもの 
私を抱きしめる
貴方の鼓動



生まれ変われるなら
鳥がいい?
花がいい?
いいえ、もう一度
女になって貴方の傍に



可愛いね
貴方の一言が
私の肌に浸み込んでいく
どんな美容クリームより
その効果 てきめん!



『 君に会いたい 』
貴方の声が耳に残り
会いたい理由
会えない理由
左の薬指見つめ考えてる



やわ肌に
貴方が付けた
紫の痣
女の喜びは
背徳の緋文字



寄り添いて
眠るふたり
肩に掛かる頭(こうべ)は
愛ゆえに
背負う罪の重さ



『 恋 』という花の
一番美しい時を
摘み取って
押し花にしたい
永遠に色褪せないように



遠き日々
紫煙燻らす思い草
肌に沁みついた 
別れた男の
煙草の匂い



忘れた振りで
消せない記憶
寂しいと口にすれば
あなた……
振り返ってくれますか



雨音が
心を掻き毟る
繋がらない
携帯握りしめ
貴方を恨む、夜



月に恋して
その掌を伸ばす
艶やかな花弁で
一夜の恋に堕ちる
儚き華 月下美人



恋愛の花は
二度香る
開く時の芳しさ
散る時の切なさ
想いを封じ土に還る



求めた愛の深さ
重ねた罪の重さ
傍らで眠る人よ
その寝顔に
捨てた良心がある




   創作小説・詩
by utakatarennka | 2011-06-17 14:37 | 五行歌 徒然・恋歌

五行歌 徒然

  「五行歌」とは、  

 ① 俳句のように「季語」は要りません。
 ② 短歌の「57577」のリズムも要りません。
 ③ 唯、単に「五行」に作るだけです。
 ④ 1行の文字数も自由です。
 ⑤ 古文の素養は必要ありません。


a0216818_21475469.jpg



雪景色
空中を舞う一羽の鴉
白と黒のコントラスト
混ざり合えない
孤独な心



ふと立ち止まり
懐かしき人を想う
夕暮れの街
金木犀の風
甘き香に酔う



荒海渡る 冬燕
吹雪に押し戻され
なおも南を目指す
豊穣の大地
春の輝き



黄金色の絨毯
刈り取れば 古畳の色
よく実ったね 稲穂たち
美味しく炊いて
私が食べてあげよう



世界一周 豪邸
外車とブランド品
あぁ 私の夢たち
破り捨てた
サマージャンボ宝くじ



頑張らない
怒らない
そう決めたのに
頑張れない自分を
今日も叱る



小さなプライド守るため
他人と争う
勝っても
負けても
揺らいだのは自信



負け犬だと
嘆く人がいる
あなたの人生は
あなたのオリジナル
さぁ 胸張って!



心の中に
ナイフを隠し持ってる
いつかこれで……
そう誓って
今日の自分を黙らせる



屋根裏で見つけて
読み返す古い手紙
夢を熱く語る友よ
あの青春の日々に
タイムスリップ



ベランダに蝉の亡骸
使命終え
短い夏が終わる
紙で拾いて
そっと、土に還す



空にたなびく洗濯もの
日向の匂い吸い込んで
カラリと乾いた
たたむ手で家族を想う
主婦の幸せ



孤独は影のように
背中に張り付いている
生きている限り
それを背負って
歩かなければならない




   創作小説・詩
by utakatarennka | 2011-06-17 14:30 | 五行歌 徒然・恋歌

四季の彩り 冬の句

a0216818_743326.jpg


白き道 粉雪舞えば 傘ひとつ


冬枯れて 山庭箒 風抜ける


憂鬱な 霙混じりか 今朝の雨


a0216818_756638.jpg


鬼追いて 豆蒔く道を 雀舞う


荒れ田んぼ 藁を啄ばむ 雀の子


波高く 飛沫舞い散る 冬の海


a0216818_814293.jpg


チカチカと 街が華やぐ クリスマス 


悴む手 遅れた君の 照れ笑い


白鷺の 羽を休める 天守閣




a0216818_8211541.jpg


   創作小説・詩
by utakatarennka | 2011-06-17 08:23 | 俳句 四季の彩り

四季の彩り 秋の句

a0216818_793049.jpg


コンビニで おにぎりひとつ 今朝の秋


秋晴れの 五重塔 天を突く


笛吹けば 遷都の守り 鹿集う


a0216818_7363175.jpg



風さやか セミの鳴き声 遠のいて


艶やかな 菊のべべ着た お人形


寂寥と 荒野で揺れる すすきの穂


a0216818_7374319.jpg



二階から 皇帝ダリア 花を褒め


青き空 白いタイルの うろこ雲


爪の先 蜜柑の香り 夜長し




a0216818_7261121.jpg


   創作小説・詩
by utakatarennka | 2011-06-17 07:40 | 俳句 四季の彩り

四季の彩り 夏の句

a0216818_8124973.jpg


朝風に 泰山木が ふわり揺れ


清涼 流しそうめん 箸で梳く


汗滲む 白いシャツが 反射して


夕立が 黒髪濡らし 街洗う


待ち合わせ 宵の夕立 独り待つ

a0216818_9135531.jpg


紫陽花は 哀しみあつめ 涙色


太陽と 遊べくろんぼ 夏休み


ゆらゆらと 水面に映る 蓮の華


a0216818_823109.jpg


涼やかに 風鈴に乗せ 揺れる時刻


夕涼み 浴衣の裾 めくる風


空蝉の 儚き命 燃ゆる恋





a0216818_8262915.jpg


   創作小説・詩
 
by utakatarennka | 2011-06-16 08:51 | 俳句 四季の彩り

四季の彩り 春の句

a0216818_7575390.jpg


葉っぱから 季節の香り 桜餅


盃に 花びら浮かべ 桜酔い


a0216818_11432892.jpg


菜種梅雨 目覚めの季節 実る土


鶯が 枝を渡って 春の歌


若葉色 空に映えて 眼に沁みる


a0216818_7591317.jpg


天気予報 君の街吹く 春一番


庭先で 笑顔あふれる クレマチス


咲き乱れ 彩かに競う 薔薇の苑




a0216818_815978.jpg


   創作小説・詩
by utakatarennka | 2011-06-16 08:10 | 俳句 四季の彩り
a0216818_1901340.jpg


泡沫恋歌の主宰する「創作工房 群青」が、夕刊フジ(全国紙)から、取材を受けました。
趣味人倶楽部内のコミュニティ紹介みたいな記事なんですが、メンバーさんたちの活躍を
認められて、運営事務局を通じて、夕刊フジから話を聞かせて欲しいと恋歌に取材の要請の
メールが届きましたので、快く取材を承諾させて頂きました。

H23年4月1日に電話取材ですが、夕刊フジのライターさんと1時間くらい喋ったかな?
ライターさんはまだ若い女性でした。(声の感じ)

取材内容はどういう活動をしているか、どんなメンバーがいるか、どういう時間に創作をして
いますか、創作をするメリットは?、今後なにをやって行きたいか?
そのような内容を雑談を交えながら、質問されました。

「群青」オフ会の様子など、写真を5~6枚送ったのですが、どれをライターさんが選んで
使うのか、恋歌は知りません、お任せしましたから。
取材記事は、4月14日(木)に夕刊フジのデジタル面に掲載されました。
夕刊フジのサイト「ZAKZAK」にも載ります。

a0216818_13294280.jpg

 「定年後の孤独」を防ぐ 趣味事始め

http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110415/enn1104151120002-n1.htm

 ツイトピに載せた新聞の記事 

http://twitpic.com/4kzxl2

 詳しくは、こちらをご覧ください(*っ´゚∀)っドゾォ-♪



↓ 大好きなスピッツの貼り付けました。宣伝タグは右端のチョボみたいなの押すと消えます。


   ブログ
by utakatarennka | 2011-06-14 06:28 | ブログ
雨の日に女をひとり拾った。
若くもない、取り立てて美人ではないが
心映えの美しい、そんな女だった。



a0216818_2092848.jpg


  第九章 時の揺り籠

――あれから、三ヶ月が経った。
彼女から連絡がない。あの日、海に結婚指輪を放り投げて、どこへ行ったのか分からない。タイミングよく来たバスに乗って、あのまま帰ってしまったんだろうか?
住所も携帯番号も名前すら知らない彼女を探す術(すべ)が僕にはなかった。
いつか、彼女が夫と買い物に来ていたショッピングモール内のスーパーに行ったり、偶然、会った『 猫公園 』に行ってみたりして、彼女と出会えそうな場所を探してみたが……見つからない。

毎日、僕は彼女のことを考えていた。
どうしてあの時、苦しんでいる彼女に手を差し伸べてやらなかったんだろう。『 寂しい 』と呟いた彼女の心の叫びを黙殺してしまった――。
「僕がいるじゃないか」そう言ってあげたら、彼女は消えなかったのかな?
きっと、彼女は空白の自分を埋めるために苦しみながら彷徨っているんだ。僕の優しさで少しでも彼女の孤独を癒してあげれば良かった。――柄にもなく僕はそんな風に考えたりして、もう取り返しが利かないかも知れないが、深く後悔していた。

結局、僕は臆病で狡猾な人間にほかならない。


  【 闇の音 】

硝子窓の向こう側
暗闇の中で
蜉蝣の透明な翅が
月の雫のように光っている

―― ヤミガコワイ……

呟き声がした
わずかな物音まで
深い闇に吸い込まれていく

一枚の硝子に仕切られた
闇と光 陰と陽 死と生
見えない掌が掴もうとしている

禍々しい魔物
闇があなたを連れて行かないように
わたしは窓辺に立って
拒絶の背中で楯をつくり
闇からあなたを守っている
a0216818_2017872.jpg

硝子窓の向こう側
大きな蛾が
幾度も硝子に打つかって
白い燐粉を撒き散らす

―― コドクガツライ……

あなたの溜息に
痺れるように瞼を閉じれば
未完成な魂が震えだす

一枚の硝子に仕切られた
喜と悲 幸と不幸 希望と絶望
連なり合った対極

深い闇の中で
あなたの指がそっと頬に触れた
覚悟を決めた人生があるのです
ふたり抱き合って
闇の音を聴いている


もう二度と彼女と逢えないかも知れない……。
そう考えることが怖いんだ。今までの僕は傷つくのが怖くて、恋愛に深入りするのをいつもセーブしていた。なるべく執着しないようにしていたんだ。
だから……彼女が僕に愛を求めてもわざと素知らぬ振りをしていた。そんな態度に彼女は絶望したのかも知れない。僕に愛されていないと思って……自分から遠ざかってしまった。

違う! 違う! 違うんだ!
僕は最初に逢ったあの日から――彼女が好きだった。決して美人ではないが嫌いなタイプだったら「部屋に来ないか」なんて、不躾なことを言ったりしない――。
あの時、降り止まない雨を見上げる彼女の孤独な瞳に魅せられていた。

あぁー、僕という人間のコアな部分が壊れていくようで……。


  【 私ノ中の、不協和音。 】

ギィー、ギィーー。
ヘンな音ガするよ!
“頭の中” デ鳴ってヰル
壊れたヴァイオリンみたい。

可哀想な私
弦ノ切れたヴァイオリン
ヲ、捨てらレなくテ……
今日モ、かき鳴らス。

彼女を見失ったせいで、自分自身を見失いそうになっている。
どうしたんだ? こんな人間じゃなかったはずなのに……。『 本気で愛せない 』僕がこんなにひとりの女に執着しているなんて!


  【 時の揺り籠 】

きのうは頭痛だった 
今朝は起きてから 
何も手につかない

携帯が鳴るたびに 
あなたかと思って 
胸がドキドキして 
メール開いて落胆する

あぁ辛い 
こんな苦しいのはもうイヤだ
薬が切れた 
ドラック患者みたい……

どうして『 嫌いになった 』って 
言ってくれなかったの?
『 君の幸せ祈っている 』なんて 
別れ言葉に言われたら……

いつまでたっても 
未練が絶てないじゃないの
最後まで優しいあなたは 
最後まで罪な人よ

憎むことも出来ない 
諦めることも出来ない
宙ぶらりんの心のままで 
どうすれば忘れられるの?

時が鍵だと言うのなら 
時が流れゆくままに
揺り籠のように 
優しく眠らせてくれればいい

悲しみに胸が震える 
寂しさに骨が軋む 
そんな自分を抱きしめて 
時の揺り籠で眠ろう


そんな、ある日ポストに一枚の絵はがきが投げ込まれていた。
――それは知らない街に住む彼女からだった。


  最終章 たったひとつの言葉

パソコンのプリンターで印刷された絵はがきには白い仔猫を抱いて、にっこり笑う彼女が居た。はがきの下の方に『 あいたい 』と黒いマジックで書いてあった。さらに携帯の電話番号も記されていた。
猫を抱いている彼女はきっと自由を手に入れたんだ! 誇らしげに笑う彼女の写真に見惚れて、僕は嬉しかった。

躊躇するまでもなく、僕は彼女の携帯番号を押した。
しばらく呼び出し音が鳴り、「もしもし……」と彼女の声が聴こえた。
「僕だよ。はがき届いた」
「猫可愛いでしょう?」
相変わらず、どうでもいいようなことから言う女だなぁー。
「うん。元気にしてる?」
「友達が経営しているペンションで働いてるの。イタリア料理と地中海ワインが売りのレストラン兼ペンションなんだ。そこで住み込みで働いている」
「そうか、頑張ってたんだね」
「――やっと、生活に慣れてきたら……逢いたくなった」
「僕も逢いたかった」
「ほんと?」
「ずっと、君を探していたんだ」
「……そうなの?」
「君を失ったと思って……すごく悲しかった」
「…………」
「聴いてくれ、君の『 存在の意味 』は僕にあるんだ。君が必要だ、君なしでは生きられない。――僕らはふたりでひとりの人間なんだ!」
もう恥も外聞もプライドもかなぐり捨てて、僕は激白した。
携帯の向こう側で彼女は泣いていた。押し殺したような嗚咽が聴こえて来た。
「泣かないで……、聴いてくれ」
「……うん」
「君に逢いたい。今すぐ!」


  【 your Voice 】
a0216818_20225061.jpg
ねぇ あなたは……
いっぱいの人に愛されるのと 
ひとりの人に深く愛されるのと
どっちが幸せですか?

もし あなたが
わたしだけを愛してくれるなら
目なんか見えなくもていい 
口なんか喋れなくてもいい 
願うのは ひとつだけ

わたしは耳だけあればいい
耳を澄ませて声を聴いている
愛するあなたの声だけ聴いている
永遠が終わる時まで……


彼女とあの指輪を投げた海で逢うことにした。
あの日、離婚を決心した彼女は家には帰らず、そのまま友人夫婦が経営するペンションに行ったらしい。そこで働くことを決めて、一度だけ荷物を取りに帰って、離婚届を家に置いてそのまま出てきた。まだ直接話し合っていないが彼女の決意は固い。

翌日、逸る(はやる)気持ちで海に向かう切符を買った。
今度は絶対に彼女を離さない! もう彼女を失うくらいなら死んだ方がマシだとさえ思っていた。

あなたを愛したことが
間違いだというのなら

そのナイフを
わたしの胸に突き刺して

流れる血よりも紅い
この胸を見せてあげる


バス停で降りて、真っすぐに海に向かって歩いて行く。
三ヶ月前に彼女と別れたあの海へ。冬の海は荘厳だ。岩場に打ち寄せる波は荒く飛沫は白く飛び散る。海面の色は暗く寂しい、そして海を渡る風は頬を切るように冷たい。
鉛色の空は重く雲の切れ間から一条の光が地上に差し込む、それはまさに神の光のようだ。僕らの再会に相応しい厳かな情景だった。

彼女は海からの風を受けて砂浜に立っていた。小さく彼女の姿を見つけると僕は急いで砂浜の方へ走っていった。
「おーい」
僕の声にゆっくりと彼女が振り返った。そして照れ臭そうに僕を見て笑った。
「久しぶりね」
「ずっと探していたんだ」
「あなたのこと……わたしもずっと想っていたよ」
「もう、どこにも行かないでくれ!」
「わたし、あなたに必要とされてないと思って寂しかった。けど逢えない時はもっともっと寂しかったの」
「素直じゃなかったんだ、僕は……」
「だって……いつも気持ちを逸らそうとするから……」
「君を愛してる」
「あなたは……」
これ以上しゃべらさない。彼女の口を僕の唇で塞いで包み込むようにキスをする。僕の腕の中で君の存在を抱きしめる。その温もりを封じ籠めた。

そして、僕は彼女の中に『 存在の意味 』を見いだした。
永遠に彼女に囚われてしまった――。


  【 たったひとつの言葉 】

たくさんの言葉の海から
たったひとつの言葉を
わたしは探していた

小さな心の灯(ともしび)で
暗い波間を照らしながら
ゆらゆら漂う言葉たちを掴もうと
目いっぱい掌を伸ばす
a0216818_20324976.jpg
それはあなたの心に響く
言葉であって欲しい
孤独を癒すような温かな
言葉であって欲しい

たくさんの言葉の海から
ひとつひとつ吟味しながら選びだす

それは声にならない言葉
心と心で交わすテレパシー
あなたの瞳に射抜かれて
発する わたしの音!

無邪気なピンクの
リボンで結んで届けましょうか

たったひとつの言葉
あなたが受けとめれば
溢れる想いが津波となって
幸せに きっとのみ込まれる


― FIN ―


                     

   創作小説・詩
by utakatarennka | 2011-06-12 22:25 | 恋愛小説