― Metamorphose ―

rennka55.exblog.jp

泡沫恋歌のブログと作品倉庫     

ブログトップ

<   2012年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

A HAPPY NEW YEAR

         
          
glitter-graphics.com


  昨年はお世話になりました。 
 本年もよろしく!



   @(o・ェ・o)@ノ▽▼▽謹賀新年▼▽▼ヽ@(o・ェ・o)@


   ブログ
by utakatarennka | 2012-12-31 20:42 | ブログ
この記事はブログのファンのみ閲覧できます

by utakatarennka | 2012-12-30 06:48 | 時空モノガタリ
a0216818_7223155.jpg

             甘いモノの誘惑に勝つ8つの方法

甘いモノが食べたい欲求を上手く回避する8つの方法を
米国の健康ニュースサイト『My Health News Daily』が、
甘いモノの誘惑を上手にかわす方法を紹介していました。

甘いモノが好きな自分自身のためにも、NAVERまとめで読んだ記事を
(http://matome.naver.jp/odai/2133291429989905701)
スイーツの写真と共にブログに貼り付けて置きますね(笑)

アメリカの健康サイトで話題になっているそうです。

 【1】 カフェインを減らす

カナダ・グェルフ大学の研究で、カフェインを摂ると血糖値を24%上昇させることがわかりました。
血糖値が急激に上昇すると、その後急下降してしまいます。
血糖値が下がると身体は甘いモノを欲しがります。
カフェインをあまり摂らないようにすることで、甘いモノを食べたい欲求が和らぎます。

 【2】 水をたくさん摂る

身体が乾いていると甘いモノが食べたくなった経験はありませんか?
甘いモノが食べたい時はまず水をたっぷり摂りましょう。
一定の血圧で血液を循環させるために身体は水を欲しがります。
そのため、水を飲むと砂糖を欲しがるのが止まるだけでなく、
身体機能が正常に働くことを助けてくれます。

 【3】 軽い運動をする

運動によって身体のすみずみに酸素を送り込むことが出来ます。
また運動によって幸せを感じる脳内伝達物質のエンドルフィンが増加します。
そのため気分が落ち込んだときについ甘いモノを食べてしまう、という事を防げるのです。
散歩や買い物などでも効果がありますよ。

 【4】 しっかりと快眠する

イギリスのレスター国民健康保険基金大学病院の2008年の研究によると、
快眠することでエネルギーを増大し、甘いモノへの欲求を癒すことが判明しました。
夜更かししているときや徹夜明けなど、つい甘いモノが欲しくなってしまいますよね。
しっかりと睡眠をとることで防げるようです。

a0216818_7295527.jpg

 【5】 脂肪分ゼロ・脂肪ひかえめ食品を減らす

脂肪分ゼロ・脂肪ひかえめ食品は脂肪分を減らした代わりに風味や味を補わなくてはいけないため、
実は糖分が多くなっています。
脂肪分ゼロや脂肪ひかえめの食品を買う前に原材料やカロリーを見てみましょう。
“脂肪分が普通”の商品と比べてみるとより違いがわかります。

 【6】 フルーツや甘い野菜を食べる

どうしても砂糖の誘惑に負けてしまいそうな時には悩むのをやめて
甘いものを食べてしまいましょう。
スナック菓子や油脂の多い焼菓子ではなく、フルーツや甘い野菜を食べるのがベストです。
旬の果物はビタミンなどの栄養素も豊富です。

 【7】 自然の甘味料を使う

それでも甘いものがどうしても欲しい場合は、自然の甘味料に助けてもらいましょう。
ブラウン・ライス・シロップ(玄米の水あめ)、ヤシ砂糖、ステビアなどがそうです。
これらの甘みのおかげでさほどカロリーを摂らずに甘いものへの欲求を満たしてくれます。

 【8】 生活にうるおいを与える

日常が楽しく充実している時には甘いものへの欲求がおさまる傾向が見られます。
日々の生活にうるおいを与えることを積極的に行っておきましょう。
うるおいが満たされているとそれ以上何も加えなくてもいいのかもしれません。

a0216818_733255.jpg
  ■ リンク ■
8 Tips for Fighting Sugar Cravings | MyHealthNewsDaily.com
http://www.myhealthnewsdaily.com/1964-fighting-sugar-cravings-diet-tips.html
(写真は[甘い気分になれる!スイーツ・sweets壁紙画像集♪] 様よりお借りしました。http://matome.naver.jp/odai/2127546242997367301)


   ブログ
by utakatarennka | 2012-12-29 07:56 | 健康
a0216818_8203635.jpg


前向きな生き方を支える心の仕組みは4つある。


 (1) 人間の基本的な資質は、努力で大きく改善できるという「しなやかなマインドセット」をもっている

 (2) 財産や地位など世俗的な基準で、自分も他人も評価しない

 (3) 誰に対しても親切に誠実に接する

 (4) 出会った人からよいところを学び取ろうとする


上記、4つとも実に立派なことばかりであり、成功のためのハウツー本にも、
多少の言葉の違いがあっても、こういう記述は掲載されている。

にもかかわらず、完全に我がものにしている人はほとんどいない。


a0216818_8242286.jpg
   (写真は[☆可愛いくてオシャレな壁紙 Wallpaper☆] 様よりお借りしました。http://matome.naver.jp/odai/2127191486252829601)

   ブログ
by utakatarennka | 2012-12-27 08:29 | ブログ
a0216818_7234926.jpg


詩人、wakoさんのドキリとするような言葉と
優しいピアノの音­色で奏でる
まさに至上のコラボレーション。

醸し出される芳醇なコトバのエッセンスで
癒されてください。


             wako ・詩 『花びら』



ひとひらの花びらになって旅にでましょう。


 詩     wakoさん
 制作   鮎風遊さん

a0216818_727221.jpg

       (写真は無料フリー写真素材[ 足成 ] 様よりお借りしました。http://www.ashinari.com/)

   ブログ
  
by utakatarennka | 2012-12-26 07:34 | Youtube (ニコニコ動画)

炭火焼 三太夫 料理編

 テーブルに案内されて、いよいよ料理が運ばれてきますよ。
このお店は炭火で焼いた伊賀牛のステーキがメインです。

 後、季節の料理がいろいろ運ばれて来ます。

a0216818_774944.jpg

   テーブルはこんな感じで、障子の間から外の風景が見れます


a0216818_710985.jpg

   ビールと付きだしが運ばれて、テーブルのセッティング(炭火入れる)


a0216818_792281.jpg

   まず、付きだしの三種です


a0216818_7132262.jpg

   かつをのたたき(ちょっぴり)


a0216818_7154969.jpg

   天婦羅がでました


a0216818_7162874.jpg

   海老とさつま芋と茄子


a0216818_718285.jpg

   炭が入ったので、まずは鳥のほうば焼きと豆腐を焼く


a0216818_7194487.jpg

   これが炭火焼きの材料(二人前)


a0216818_72144100.jpg

   茶碗蒸しは海老ときのこでした


a0216818_723068.jpg

   どんどん並べて焼いていく、霜降りの伊賀牛が柔らかくてめっちゃくちゃ美味しい!


a0216818_7245626.jpg

   ご飯と香の物、お吸い物です


a0216818_727473.jpg

   ひじきご飯は薄味でした


a0216818_7275225.jpg
 
   デザートは小豆のカステラとりんごです


a0216818_7292964.jpg
 
   食事が終わって、外に出たら、こんなに晴れてました♪


  名張の『炭焼き 三太夫』はちょっと高級なお店なんで・・・
そうそう行けませんが、クリスマスイヴなのでちょっと贅沢しました(○^o^○)ニコッ♪

 ――けど、旦那の奢り(*`ノω´)コッソリ

炭火焼三太夫
炭火焼三太夫
【業態】日本料理(炭火焼)
ぐるなびぐるなびこのエリア周辺のグルメ情報のお店情報もチェック!
※2013年10月12日現在の情報です

周辺のお店のお得なプランで予約する
アサヒビアケラー 四日市のお得なプラン予約
竜馬 のお得なプラン予約





   ブログ
by utakatarennka | 2012-12-25 07:34 | 食べ歩き・グルメ

炭火焼 三太夫 建屋編

 昨日は三重県の伊賀、名張方面にドライブに行きました。
かなり冷え込んでましたが、お天気は上々でした。

 このドライブの目的は名張市にある、『炭火焼 三太夫』というお店で食事をすること。
伊賀流忍法の祖、百地三太夫にちなんで付けられた『三太夫』は、忍者屋敷を再現した佇い、
霜ふりの伊賀肉の炭火焼をメインに美味しい季節のお料理を頂きました。

a0216818_6355466.jpg

   とにかく広い敷地に建ってます。これがお店の正門でしょうか。


a0216818_6385433.jpg

   情緒があって素敵!


a0216818_638791.jpg

   門から入ると、中は美しい日本庭園


a0216818_6392398.jpg

   庭園には滝もあります


a0216818_6403556.jpg

   鯉たちも寒いのか塊になっていました(笑)


a0216818_6421299.jpg

   霰が降って来ました、三太夫の母屋の建物


a0216818_6514111.jpg

   ここが、入り口になります


a0216818_6533378.jpg

 
   伊賀焼きや組紐、固焼せんべいなどが売られている  


a0216818_6431958.jpg

   囲炉裏の傍でお店の人の案内を待つ


a0216818_6461227.jpg

   離れの座敷に案内されました


a0216818_6494297.jpg

   玄関、あちらこちらに生花が飾られています


a0216818_6554343.jpg

   テーブルが並んでいて、この様に仕切られていました

   
                                        
   ブログ
by utakatarennka | 2012-12-25 06:47 | 旅・紀行文
a0216818_6371750.jpg
          (表紙はフリー画像素材 Free Images 2.0 jinterwas 様よりお借りしました。http://free-photo.gatag.net/)

 とりかえっこ [後編]

 有馬家に着いて僕が駐車場にBMWを停めていると、先に降りていた兄が五百坪はある屋敷の敷地をぐるりと眺めて「これは全部、おまえ一人で相続したのか?」と訊いて来た。「そうだ」と答えると、「おまえは運がいいよなあー」と恨みがましい言い方をされた。
 二十年前、あの時〔とりかえっこ〕を止めよう言った僕に「これは遊びじゃない」と突っぱねたのは兄の方だったくせに、そのことを忘れて自分だけ貧乏くじを引いたみたいな顔をされたら堪ったもんじゃない。――内心、僕はムッとしていた。
 屋敷の玄関を開けて中に入る。
「なあ、和久。住む所に困っているんだ。こんな広い屋敷だし俺もここで暮らしてもいいか?」
「兄さん、僕は明日から旅行だから無理だよ。通いの家政婦さんとお手伝いさんにも暇を出したくらいだから……」
「――そうか、長い旅行なのか?」
「たぶん、三ヶ月くらいかなあ……」
 屋敷の中の長い廊下を通って、兄を部屋に案内した。
広々としたリビングには黒い革張りの応接セットとホームバーのカウンターがある。生前、お酒が好きだった父親が世界中から集めた銘酒の瓶が棚に飾られている。
「おおー、すげえ! 高そうな酒ばっかり置いてる」
「僕はあまり飲まないから好きな酒を飲んでもいいよ」
「そうか、それは有難い」
 物欲しそうな顔で兄は棚の酒類を見ていたが、
「あっ! あれは?」
 ひとつの瓶を指差した。
「ドン・ペリニヨンだよ。特別の日に飲むシャンパンで、ヴィンテージもの」
「飲んでみたい!」
「これはドンペリの中でも最高級品エノテーク・プラチナだよ」
「飲みたい、飲みたい!」
 子どもみたいにはしゃぐ兄だった。
「――じゃあ、二十年振りの兄弟再会を祝してドンペリを開けるとしようか」
 ポンッと威勢のよい音を立ててコルクが天上に飛んだ。
 バカラのシャンパングラスにドンペリを注いで「乾杯」とグラスをカチッと当ててから僕らは一気にグラスを煽った。

「プハーッ、うまい!」
 高級なシャンパンも品のない兄が飲むとチューハイにしか見えない。
 しかも、いつの間にか兄は僕の手からドンペリの瓶を奪い口に咥えてラッパ飲みをしていた。こんな下劣な人間が飲むには勿体なさ過ぎるお酒だが、――そんなことは構わない。
「なあ、和久。俺とおまえは双子なのに、おまえだけ贅沢な生活をして不公平じゃあないか。同じ父親なのにおまえはセレブで俺はどん底の生活なんて……」
 酔いが回ってきたせいか、兄がぐちぐちと文句を言い出した。
「俺はガキの頃、お袋の男に殴れたり蹴られたりして散々な目に合ってきたんだぜぇー」
「……兄さん、百万円取ってくるからここで待っててよ」
 そんなことは僕の知ったことじゃない。リビングに兄を一人残して僕は部屋から出て行った。
 二十年振りに邂逅した兄は零落した敗北者だった。もしかして〔とりかえっこ〕をしなかったら、今の兄の姿が自分だったかも知れない――。同じ双子でも育った環境によって大きく変わるものだと、兄を見ていて僕はそう確信した。
                                  *

「兄さん……」
 部屋に戻ると、あっちこっちの引出しを開けて物色中だった。僕が声をかけると背中をビクッとさせて、決まり悪そうな顔で振り向いた。
「そんなところに金目のものは置いてないよ」
「いやー、ちょっと、親父の写真が見たいなあ……と思ってさ」
 苦しい言い訳でしかない。
 持ってきた百万円の札束を見ると、僕から引っ手繰るようにして、お札を数えはじめた。そんな兄を見ていると――まるで、ビデオテープで再生されている自分自身を観ているようで、言いようのない嫌悪感だった。
「これっぽっちじゃあ、足りない。もっと金はないのか」
 百万円をジャンバーのポケットに捻じ込みながら兄がいう。
「いいや、兄さん。今日はこれだけにしてくれよ」
「この家なら、かなりの現金があるだろう?」
「――もう帰ってくれないか」
「うるせい! 早く金をよこせっ!」
「断わる!」
「なんだと、この野郎! ぶっ殺すぞっ!」
 いきなり兄が殴りかかってきた。ミゾオチに膝蹴りを入れられて、うっと呻きながら僕は前屈みに倒れて気を失った。

「起きろよ! 和久」
 汚いブーツが僕の頭を蹴った。
 気が付いたら、ベルトで後ろ手に縛られて床に転がされていた。
「金庫の場所と鍵と番号を教えろ!」
 とうとう兄の本性が出たようだ。
「兄さん、何をする気だ?」
「和久、よく聴け! 今日から俺が有馬和紀になって、この家の財産は全部いただくぜ。おまえは俺の代わりに土の中にでも埋まってろ! あははっ」
「なに言ってるんだ!? 正気なの兄さん……」
「ああ、正気だぜ。こんな貧乏くじみたいな人生とはおさらばだ。ガキの頃、おまえと名前を〔とりかえっこ〕しただろう? もう一回〔とりかえっこ〕して俺の和紀を還して貰うだけだ。すぐには殺さない、おまえにはいろいろ教えて貰うことがあるからさ」
「兄さんがこんな恐ろしい人間だと知っていたら家になんか入れなかったのに……」
「おまえは昔から甘ちゃんだったからなあ。高二の時にお袋を殺したのは俺だ。酔っ払って夜中に帰ってきて絡みやがったから、アパートの階段から蹴り落としてやったんだ!」
 この凶暴な人間が僕の片割れともいうべき双子の兄弟なのだ。――なんと、おぞましいことだ!
「おいっ! 早く金庫の在り処を教えろ。鍵は、鍵はどこだ?」
 ポケットからサバイバルナイフを取り出して、僕の喉元に押しつけた。こんな物騒なものを持ち歩いている兄は完全に犯罪者だ――。
「ポケットにある。上着の右側のポケットに入れてあるんだ。奥の方まで手を突っ込んでみて……」
「ああ、こっちのポケットだな。――よおし!」

「うぎゃあ!」
 僕のポケットを探っていた兄が悲鳴と共に手を引っ込めた。その手には何本かの注射針が刺さっている。
「イテテッ! 何をしやがる!?」
「その注射針には毒が塗ってある。ヒオスチンというアルカロイド系の毒薬だよ。麻酔にも使われていて、ゆっくりと眠るように死ねるんだ」
「和久、お、おまえ……。嘘だろう!?」
「嘘なもんか。もうすぐ眠くなってくるよ。そして二度と目覚めない」
「な、なんでこんなもんを……最初から俺を殺す気だったのか?」
 手に突き刺さった注射針を抜きながら、兄は狼狽していた。
「――そうでもない。兄さんがこんなことさえしなければ、三ヶ月後には遺産として有馬家の全財産を相続できたんだ。遺言状を作成して弁護士にそうするように頼んで置いたのに……残念なことだよ」
「この家の遺産をこの俺が……?」
「僕は余命三ヶ月と医者に宣告されている。脳の奥に悪質な腫瘍があって手術もできないんだ。おまけに進行も早くて……。実は明日からホスピス・緩和ケア病棟に入院して抗がん治療は受けないで、ゆっくりと死を待つ運命だったんだ。だが、兄さんと会って考えが変った。――僕は死ぬ前に〔とりかえっこ〕した、本当の名前に戻りたいと思った」
「今日、おまえと会ったことは偶然じゃないのか?」
「そうさ。兄さんのことはね、興信所に頼んで調査済み。恐喝と詐欺で二回服役しているね。結婚歴は三回いずれも離婚、子どもはいない。サラ金やヤミ金から約二千万円の借金を抱えている。ね、そうでしょう?」
 さっきまでの悪ぶった兄は鳴りを潜め、今は恐怖で顔が引きつっている。
「あの喫茶店に現れることは知っていた。――だから、僕は賭けたんだ。もしも、ホスピスに入院する前に兄さんと出会えたら〔とりかえっこ〕した、僕の本当の名前を還して貰おうと……。兄さんにはお金を渡して外国にでも行って貰い、その間、僕は和久に戻って生きてみたかった、死ぬ前に……。最初から殺す気なんてなかったさ。――だけど酷い人間なんで双子の僕としては、兄さんを残して逝けないと判断したからだ」
「お、おい、げ、解毒剤をくれ……」
「――ないよ。それは病気が酷くなった時に僕が自殺するためのものだから」
「ゲ、ゲームオーバーだ。こんな遊びは止めよう」
「兄さん、これは遊びじゃないんだ」

                               *

 意識が朦朧としてきたのか、やたらと首を振って睡魔と闘っている。兄さん、そんなことをしても無駄さ。致死量のヒオスチンが体内に摂取されているんだから……。やがて、崩れるように倒れて永遠の眠りに着いた。
 死体の手から落ちたサバイバルナイフを拾って、後ろ手の縛めを外した。ああ、心も身体も自由になった。どうせ、死ぬのなら最後に曽我和久(そが かずひさ)に戻って、残された生命を燃やし尽くしてから死んでやる。ホスピス・緩和ケア病棟に行くのはもう止めた――。
「兄さん、僕らの遊び〔とりかえっこ〕やっと終わったよ」

 不様な姿で床に転がっている、もう一人の自分。――さよなら、和紀。僕の双子の兄さん。

 
― おわり ―

                                      


a0216818_6442998.jpg
       (画像は注射のイラスト素材画像集【注射器】 様からお借りしました。ttp://matome.naver.jp/odai/2128331082985293901)

   創作小説・詩   
by utakatarennka | 2012-12-24 06:49 | ミステリー小説

とりかえっこ [前編]

a0216818_5561615.jpg
          (表紙はフリー画像素材 Free Images 2.0 jinterwas 様よりお借りしました。http://free-photo.gatag.net/)

 とりかえっこ [前編]

『二十年前、僕らは大事なものを〔とりかえっこ〕したんだ』                  

 意味もなく本のページを捲っていく、文字の上を目がスクロールするだけで内容は全然頭に入ってこない。何も持たないで喫茶店に長く居るのは気が引けるので、そのために電子ブックリーダーを持ってきているのだが……。
 体調を崩した僕は仕事を辞めて一ヶ月、毎日ぶらぶらしながら過ごしていた。亡くなった両親の遺産があったので経済的には困っていない。――ただ、途轍もなく時間を持て余していた。
 毎日、電子ブックリーダーを持って喫茶店で読書をするのが僕の日課だった。その日も、いつものように喫茶店で読んでいると、後ろの席に座った男女が激しい喧嘩を始めた。
「アンタなんか最低の男よ!」
 女の金切り声の後、バシャッと水が飛んできて、僕の電子ブックリーダーにかかった。乱暴に席を立つ音がして女は走り去っていく。どうやら、男はコップの水を顔にかけられたようである。
 水に濡れた液晶画面を慌ててナプキンで拭いていると、
「水かかりましたか? スミマセンねぇー」
後ろの席の男が謝った。
 振り向いてそいつの顔を見た瞬間、僕は心臓が止まりそうなくらい驚いた。――何故なら、僕と全く同じ顔をしていたからだ。
「――もしかして? 和紀か?」
「おまえは和久?」
 そいつは間違いない! 曽我和紀(そが かずのり)二十年前に別れた双子の兄だった。

                         *

 兄の名前は和紀(かずのり)、弟の僕は和久(かずひさ)という。
 僕らは見分けが付かないくらい、そっくりな一卵性双生児だった。それで九歳の時、僕は兄と大事なものを〔とりかえっこ〕したんだ。
 ある日、兄の和紀がこう言った。
「なあ、和久。俺の名前と〔とりかえっこ〕しないか?」
「――え、なんで?」
「俺、この名前キライなんだ」
 見た目は同じに見える双子だが、小学校では僕は優等生で、兄は勉強嫌いで成績も悪かった。おまけにイタズラ好きの兄は担任の女教師にイタズラをして、もの凄く怒られたことがある。それ以来、事あるごとに教室でよく叱られるようになったそうだ。
 身から出たサビとはいえ、それが嫌なので自分とクラスを変わってくれと言い出したのだ。嫌だと僕は即座に断ったけれど――我がままな兄にしつこく泣きつかれて、遊びだから、一週間だけ名前を〔とりかえっこ〕しようと利かない。しぶしぶ僕は和紀になって兄と入れ替わることになった。
 兄のクラスで授業を受けていたが、案の定、兄と入れ替わったせいで女教師に逐一注意をされたり、立たされたりと散々な目に合っていた。しかし、一週間近くなると僕が大人しいので反省して良い子になったと勘違いされて、逆に可愛がられるようになってきた。
 兄の方は弟の和久に成りかわり、やりたい放題イタズラして叱られていたようだった。

 僕らの〔とりかえっこ〕も、明日には元に戻そうとしていた矢先に、とんでもない事件が起こった。
 実は僕らを生んだ母親は愛人だった。父親の有馬和臣(ありま かずおみ)はビル管理や不動産運営で収入を得ている資産家で、二十歳も年下の水商売の女に手をつけて僕らを生ませた。愛人の子の僕らは世間的には私生児なのだが、父親から毎月多額の養育費を貰っていたので暮らし振りは裕福だった。
 母親は子育てに興味がなく、酒と男とギャンブルが大好きで、僕らは幼い頃からベビーシッターや家政婦たちによって育てられてきた。――だから、僕らが入れ替わっても母親ですら、そのことに気づいていないのだ。
 ――まさか。
 それが運命の分かれ道になろうとは思ってもみなかった。
 本家(父親の家)には僕らの異母兄弟に当たる長男が一人いた。まだ結婚もしてなかったので後継ぎはいない。その長男が自動車事故で急死してしまったのだ。
 ショックも大きかっただろうが、息子が亡くなった父親は妻に僕らのことを打ち明けて、せめて双子の一人だけでも引き取って跡取りとして育てたいと言い出した。反対するかと思った、本家の妻はすんなりとその案を受け入れて、突然、僕らの片方が有馬家に行くことになった。
 その時、僕と兄は入れ替わったままで、僕が兄の和紀で、兄が弟の和久だった。
 通常として、同じ双子だから上の男の子を引き取りたいと本家から言ってきた。父親は僕らが生まれてからは母親に養育費を払うだけで、ほとんど通って来なかったので僕ら兄弟の見分けは父親にもつかない。
 たぶん、酒好きで男にだらしない僕らの母親に浮気心で手を付けたものの……父親は後悔していたのだろう。僕らをDNA鑑定して実子だということだけは認めていたようだ。
 そんな事情で僕ら兄弟は離ればなれになることなった。一人は父の有馬家へ、一人は母の元に残る……。当時、まだ九歳だった僕らは母親と暮らすことを希望した。いくらだらしない女でも虐待する訳でもないし、美人の母親は男の子にとって自慢でもある。絶対に本家には行きたくない! きっと継母に酷く虐められるんだ。
 ――そう思って、僕らの両方が本家に行くことを拒否していたが、間の悪いことに……その時、僕は上の男の子の和紀になっていたのだ。
 僕は必死で親たちに訴えた! 本当は僕が下に男の子の和久だと……だが、兄は自分こそ和久だと主張して無理から僕を本家に行かそうとする。泣きながら言った「兄さん、〔とりかえっこ〕を止めようよ!」
 兄は九歳の子どもと思えない冷ややかな口調でこう言った。
「これは遊びじゃないんだ」
 そのひと言で僕の運命は決まってしまった――。
 
 結局、僕は兄の代わりに和紀となって、本家の有馬家に引き取られて行った。
 有馬家は広い敷地に大きな屋敷が建てられていた。僕は使用人たちから「ぼっちゃん」と呼ばれてかしずかれた。心配していた継母は想像と反する善良な人で「子どもには罪はないのだから……」と愛人の子である僕のことを、亡くなった長男の代わりに可愛がってくれた。
 僕は兄と名前を〔とりかえっこ〕して良かったと思った。それ以降、元々想い出の薄い母親のこともやんちゃな兄のことも忘れて、有馬家の跡取り息子として満ち足りた生活を送ってきたのだ。

                         *

「和久、いい暮らししてそうだな」
 兄が僕をしげしげと見てそう言った。和久、今は自分の名前になっているくせに、二十年振りに二人きりで話す時には本当の名前で呼ぶのが可笑しい。自分の席から飲みかけのコーヒーを持って、僕の席に移ってきた兄は、フェイクな皮ジャンに擦り切れたジーズを穿いていた。――そんな兄は薄汚れた胡散臭い感じだった。
「ああ、お金には困ってないよ」
「そうか、いいなあ。俺は借金まみれで……さっきも付き合っていた女に金の無心をして断わられて、水までぶっかけられたぜ」
 フフンと兄は自虐的に笑った。
 その後、金を貸してくれとせがんできたので、札入れから現金で十万円ほど渡したら目を丸くしていたが。  ――これっぽっちじゃあ足りないから、もっと貸して欲しいと厚かましいことを言い出した。
 確か、僕が有馬家に引き取られる時に、愛人の母親とはきれいに縁を切って別れた。その時に多額の手切れ金と残った子どもの養育費として、五階建てのマンションを譲渡された筈である。きちんとお金の管理さえしていれば、僕の目の前に、こんな惨めな兄はいないだろうに……。
「お母さんはどうしてる?」
 僕が訊ねると、
「お袋か? ああ、とっくに死んださ。俺が高二の時だった。酔っ払って階段から落っこちて死にやがった。あいつには酷い目に合わされたからなあー」
 酒と男とギャンブル好きの母親は僕らと別れてから、貰った手切れ金で派手に遊び回ったり、男に騙されたりして、五年もたない内に全財産を使い果たしてしまった。その後、水商売に戻ったが客もつかず落ち目になるばかりだった。
 有馬家に何度かお金の無心に泣きついたようだが『今後一切関わりを持たない』と別れる時に、自分で書いた念書を楯に援助を断れていた。――まあ、そんな母親だから、兄もずいぶん苦労をさせられて高校の時にはグレて家を出ていたようだ。
「なあ、和久……俺は明日までにヤミ金に百万円払わないと殺されるかも知れないんだ。頼む! 今すぐ百万円貸してくれよう」
 兄は泣きそうな顔で僕に縋ってきた。本当に今すぐ百万円いるかどうか疑わしいが、どん底の兄に比べて僕はお金の苦労なんか今までしなかった。あの日、名前を〔とりかえっこ〕したお陰で自分は裕福な人生を歩めたのだから、百万円くらいは兄にくれてやってもいいとさえ思った。
「兄さん、今はそんな現金ないから家まで取りに帰るよ」
「ホントか!? 貸してくれるんだなあ。俺もおまえの家まで付いて行くさ」
 嬉しそうな兄の顔が詐欺師臭かったが、まあ、そんなことはどうだっていい――。

 その後、喫茶店の駐車場に停めてあった、僕のBMWで二人して有馬家まで行くことになった。車に乗ると兄は「おまえ、すげえ高級車に乗ってるんだなあー」と、羨ましそうにシートを汚い手で撫で回していた。
「ところで、俺らの親父は元気か?」
 今度は兄が質問した。
「いや、三年前に病気で亡くなったよ。育ててくれた義母さんも去年他界した」
「和久、おまえ結婚は?」
「してない。今は僕一人暮らしなんだ」
「――そうか」
 少し間をあけてからポツリと兄が応えた。その後、考え込むように黙り込んだ。――そんな兄を横目で僕は観察していた。

                                              

a0216818_6281496.jpg
             (画像はBMWのサイトからお借りしました。http://autos.yahoo.com/)

   創作小説・詩
by utakatarennka | 2012-12-24 06:04 | ミステリー小説

お茶碗届きました♪

微女会のメンバーで旅行した多治見の陶芸教室で作った
お茶碗とマグカップが届きました。
結構、立派でちょっと歪なところも手作りならではでしょう。

自分で作ったマグカップでコーヒーが飲めるなんて嬉しいですヾ(〃^∇^)ノわぁい♪

a0216818_21294880.jpg

   上から写したら、こんな感じです


a0216818_21303775.jpg

   お茶碗のアップですが、男の人向きの大きさかあ?


a0216818_21313892.jpg

   ちょっと取っ手が大きい過ぎる気がしますが、これもアートか!?


a0216818_21323329.jpg

   裏に恋歌の「恋」の字が薄っすら写っています


a0216818_2134252.jpg

   マブカップの中の模様です♪


 陶芸教室楽しかった! また行きたいでーす♪o(〃^▽^〃)o


   ブログ
by utakatarennka | 2012-12-22 21:23 | ブログ